不器用な唇

不器用な唇
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ハイランド
シリーズ
Laqia Novels ~ラキアノベルス~ (小説・ハイランド)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784894861794

あらすじ

小田切に身体を好きにされても抵抗できない裕紀。だが愛されていると錯覚するほどの愛撫に身体も心も溶かされてゆき……。 ☆シリーズ続刊 「不器用な唇2」 ☆雑誌小説ラキア2002年夏号プチエピソード掲載 著者:高岡ミズミイラストレーター:石田育絵

表題作不器用な唇

小田切・2年ダブリの高校生
裕紀・高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

微妙~

帯『微かに触れ合う 蕩けるくちびる』

うーん、微妙でした……。
つまらなくはないんだけどちょこちょこ引っかかる部分があってそこがどうもねー、みたいな。

裕紀〔受〕のキャラ自体が先ずあんま好きじゃない、両親の離婚で名門私立高校に通っていたのに登校拒否、そして離婚後に父親と暮らしながら偏差値の低い高校へと転入。
確かに高校生にとって親の離婚はショックなのかもしれないけど、仕事人間の父親も決して悪い人じゃないんですよ。
ちゃんと彼なりに息子の事を思っている。
どうも裕紀が甘ったれに見えちゃうんですよねー、せめて中学生位だったらまだ許せるんですけど。

この裕紀が学校で輪姦されそうになった所を、居合わせていた小田切〔攻〕が助けてくれるんですが、その代わりに裕紀は小田切に抱かれる事となります。
裕紀は小田切と一緒にいる内に次第に彼の事を知る様になり、過去のバイク事故のせいで2年ダブっており、その時に死んだ友人の過去を多少引きずっている等々。
うーん、悪くはないんですが、やっぱ裕紀のキャラが気が強いんだか弱いんだか、覇気があるんだかないんだかよく分からなくてすっきりしな続きかったです。そのくせやたら男に襲われるしなー

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ