同居生活、6年目。大人気シリーズ待望のよみきり作品集!

おはようとおやすみとそのあとに p.s.

ohayou to oyasumi to sonoato ni p.s.

おはようとおやすみとそのあとに p.s.
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
96
評価数
21件
平均
4.6 / 5
神率
71.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
フルールコミックス(コミック・KADOKAWA/メディアファクトリー)
発売日
価格
ISBN
9784040684116

あらすじ

同居生活、6年目。

<<オカン系シェフ×新米クリエーター>>
心あたたまる同居生活シリーズ、待望のよみきり作品集が登場☆

世話焼きなシェフ・開人と
駆け出しのアートディレクター・伊介が
同居を始めてから早6年。
朝がしんどいのも、開人のHがしつこいのも
相変わらずだけど、毎日少しずつ変化はあって――…?

オーナーとアイドル・瞬のスピンオフ
「ハワイとキスとそのあとに」に加え、
描きおろしを大ボリューム52P収録!

表題作おはようとおやすみとそのあとに p.s.

立花 開人,レストランシェフ
片岡 伊介 ,イベント会社勤務

同時収録作品ハワイとキスとそのあとに

瞬,人気若手俳優
薫,レストランシェフ,オーナー

その他の収録作品

  • プロローグ
  • あらしのよるに
  • 開人のメリークリスマス
  • エピローグ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

そして、そのあとに……

『おはようとおやすみとそのあとに』の、その後。
相変わらずほのぼのとした日常の断片が描かれている。

何か大きな変化や事件があるわけではないが、
二人の、そして周りの人々のその後が見られるのはかなり嬉しい。

プロローグとエピローグは、近所の(結局彼らの飼い猫になるが)ネコ視点。
カワウソの時にも思ったけれど、動物ネタ可愛いね。

本編より少し時間が経って、ちょっと大人になった二人の話や
(二人とも収入も増えただろうに、引っ越しなよ!狭いでしょ!w)
本編のちょっとあとのエピソードなど。

開人の母のお墓参りに行って雨に降られ、ラブホに泊まる話、
志帆さんの結婚式の話、オーナーの我が儘で餃子を食べに車を飛ばす話、
どうも、冬休みに開人の両親のいるオランダに向かう話、
ハワイでの瞬とオーナーとその後の二人の話など。
オーナー達は気になっていたので、読めて嬉しかった。
主人公達とはテイストの違う味わいが素敵。


笑いあい、時にケンカして、でもキスをして。
一緒にご飯を食べて、一緒に眠り、一緒に目覚めて、
それぞれ自分の夢に向かって一生懸命働く続き

そんな彼らの幸せを祈りながら、また会える日まで〜。

1

おかえりなさい☆

大好きなおはおやが帰ってきて嬉しい!
番外編の詰まった1冊です。
どの話も読み切り形式で、ひとつひとつにエピがあって楽しめました♪

少し時が経っても2人の日常の変わらない様子が微笑ましい( ¨̮ )♪
そして伊介の体つきがたくましくなって成長を感じました(笑)
伊介も伊介なりに頑張ってるだろうなーと中身の成長も感じましたよ!
開人も相変わらず伊介のことが大好きで、優しい包み込む視線と頼れる感じが良かったです。

他のみんなもちょこちょこ出てきて見れたのも良かった。
特にオーナーと瞬くん♡
瞬くんの年下感が可愛くて、オーナーの大人の魅力も良かったです。
この2人も見れて楽しめました。

新しく黒猫のひじきも加わって、
これからも働いて、ご飯食べて、喧嘩して、いちゃいちゃして、過ごしてくー
そんな2人の日々がほのぼの続いてくんだろうなーと
こっちまでほっこりしてしまいます♡

大好きな2人だったので、おしまいなのは寂しいですが、きっとちょこちょこ読み返すので、寂しくありません!

新作を読み始めた時は、開人と伊介のイメージがなかなか抜けなくて困っ続きたけど…、最近やっと踊場さん&弥生にも脳内が切り替わってきて「恋かもしれない」も楽しんでます( ¨̮ )♪

1

また「そのあと」が見られたらうれしい

 『おはおや』番外編、楽しみにしていました。1~4巻までもレビュー済みなのですが、最初は「萌」ではじまり4巻で「神」を付けていました。それからも何度も読み返しているのですが、何度読んでも「ああ、いいなぁ」と楽しめるお話に、今では全巻に神を付けたい気分です。

 こちらの番外編はプロローグとエピローグの間に6つのストーリーが収録されていました。

・『あらしのよるに』
 開人の母のお墓参りに行った二人。突然の雨に近くにあった古びたラブホで雨宿りすることに…。慣れた様子の伊介に「なんでそんなにラブホ慣れしてらっしゃるの?」と慌てる開人に「はじめてじゃないもん」とあっさり答える伊介。その言葉に魂が抜けるほどショックを受ける開人が可笑しいです!
 けんかになってしまう二人ですが、スケスケなお風呂で仲直りしてHです!これがエロいのー!!そして1巻と比べるとよくわかるのですが、伊介の顔も体もとても男らしくなっています!

・『ウェディングベルのそのあとに』
 志帆の幸せそうな姿に自分の妹も将来…と複雑な気持ちの開人ですが「自分の幸せを自由に選べる事がなによりも幸せだよな」と伊介に続き語りかけます。そして「責任も必要だけどな」と、どこまでも覚悟を決めている開人は相変わらずカッコいいな。
 帰り道に通った神社で飼い主を亡くした黒猫を拾います。ここでも開人がすごくカッコよくって、素直に感謝の気持ちを伝える伊介が可愛いです。ちゃんと言葉にするって大切ですね。

・『開人のメリークリスマス』
 幼い頃の可愛くて切ない夢を見て目覚めた開人が、隣ですやすや眠る伊介をぎゅっと抱きしめるところがとても好きです。そしてこの日、二人は開人の父親が住んでいるオランダに向かうのです!カミングアウトかな!?続きが読みたいって思ってしまうけど、この余韻が「おはおや」なんだろうな。いいわぁ~。

・『ハワイとキスとそのあとに』
 オーナーの薫と瞬のスピンオフです!おじさま受けきたー!オーナーの色気がやばいですっ!裸で一緒のベッドにいるのに、脚にあんな風にさわって、そのひざにふれるかふれないかギリギリのキスをする…あのキスはずるいよ~(*´д`*)ハァハァ
 ふたまわりも違うと本当に大人と子供って感じで、Hでもオーナーのペースに飲まれっぱなしの瞬ですが、二人の続きが読みたいな~。大人のオーナーが余裕を無くす姿が見たいです。もうメロメロに!続編希望!

 プロローグとエピローグは、神社で拾った黒猫「ひじき」視点のお話です。
 おはおやは永遠に終わらなくてもいいような気がします。いつかまた年月が経って、ふたりの「そのあと」を見せてくれたらうれしいな。

5

p.s.…追伸・あとがき

(お気に入りシリーズなのに1度も神をつけていなかったので
5冊まとめての評価をここで付けさせてもらいます。)

おはおや5冊目の本。
【5巻】ではなく【p.s.】なのがポイント?なのかな。
読み切り作品集でメインの2人やオーナーと瞬くんのスピンが収録されています。

単行本での書き下ろしタイトルは以下。
・プロローグ
・あらしのよるに
・開人のメリークリスマス
・エピローグ
フルール読者でも本を開く楽しみがたっぷりです(^^)

同居生活も早6年目。
1巻の頃に比べ伊介はずいぶん大人なりましたね。
顔つきもだけど、話し方や言葉がシッカリしてきたなーと。
開人は大人の穏やかな優しさで伊介を見つめてて。
何年経っても変わることなく
お互いを大切にしあって支え合って日々を過ごす後日談でした。

プロローグとエピローグは猫目線で。
表紙でもわかりますが猫を飼い始めた模様。
猫目線でイチャついてる2人を見るとニヤニヤ( ´艸`)
猫が見てるのに意外と大胆な2人ですw

『そのあとのはなし』
2人が出会った頃を振り返ってます。
最初の頃はケン続きケンしてましたねぇ。
懐かしい。
始まりがあって、日々を重ねて、優しい人との出会いがあって。
1〜4巻をギュッと濃縮したようなお話でした(^^)

『あらしのよるに』
チラ見せにあったラブホテルにはいるお話です♪
魂抜けちゃう開人には笑ったけど、伊介にすれば笑い話にはならず。
珍しく喧嘩(?)してるのが逆に新鮮。
仲直りの仕方がいいなぁ。
喧嘩腰ではなく、飾らない言葉で思ってることをシンプルに伝えるのが良い。
そんで仲直りエッチがメッチャエロかった(゚∀゚)‼︎
ラブホでトロトロの伊介の乱れ姿よ…。

『ウェディングベルのそのあとに』
志帆さんおめでとう!
ドレス姿綺麗だー!!
んで、ビシッとした姿で髪をセットした2人がカッコイイ。
式の後、着崩した2人もカッコイイ。
で、新しく加わった同居人のお話へと繋がります。
見た目は開人似・仕草は伊介似といった感じで和む( ´͈ ᐜ `͈ )

『開人のメリークリスマス』
開人が小さかった頃、お母さんとお父さんと3人で過ごした記憶。
そして伊介との平和な朝のやりとり。
伊介との未来に新たな1歩を踏むのかな?を匂わせる書き下ろしでした。
きっと2人なら大丈夫と思える安心感に癒されます。

『オーナーとギョウザとそのあとに』
餃子という色気のない言葉が混ざってるw
ですがオーナーの計らいが素敵なお話です。
束の間の恋人タイムのキスがとっても甘くて萌えました(∩´///`∩)

『ハワイとキスとそのあとに』
キキキター!!!瞬くん×オーナーのスピン♪
4巻の時からメッチャ期待して待ってました\(^o^)/
オーナーは罪作りな男ですねー。
まだまだお子ちゃま瞬くんには刺激的な色気の見せつけ方が反則だわ///
必死になる瞬くんに対して、オーナーは子供にほだされてるだけという気持ちの差がチョイ切ない。
(年の差・経験の差ゆえなんだろうけど…。)
でも幸せの余韻には浸れるお話でした。
エピローグでは上手くいってる姿がチラリとあって何より(﹡´◡`﹡ )

タイトルに【p.s.】とついていて、今度こそこれが最終巻になるのかな?
これ以上続きはなさそうな雰囲気に少し淋しい気持ちです。
2人も周りもみんな幸せになっていく姿に最後まで温かい気持ちで読める作品でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ