コーヒーとクグロフと成り上がりと殿下

coffee to kouglof tonariagari to denka

コーヒーとクグロフと成り上がりと殿下
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784774729824

あらすじ

第二皇子のため、兄の皇太子とのちのち争わないよう賢さを求められず蝶よ花よと優雅に育てられたアレクシス。毎日のほほんとお菓子を食べながら暮らしていたが、そんな太平な宮廷にも隣国の脅威が迫ってくる。成り上がりの暴虐な男エドモンが皇帝の座につき、アレクシスの国にも攻めてきたのだ。窮地に陥った時、エドモンは和平の条件にアレクシスとの婚姻を求めてきて…!?

表題作コーヒーとクグロフと成り上がりと殿下

エドモン,セルネ王国の成り上がり皇帝
アレクシス,神聖ヴァールブルク帝国の第二皇子

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

受けの皇子様の煩わしさ。。

樹生先生は予想外のお話を書かれることがあるので今回も期待していましたが、今回は残念ながらハマらずでした。
確かにオリジナリティはあるのですが。。
受けの第二皇子が本当に馬鹿過ぎて、終始イライラしてしまいました。
みんな僕に優しくしろー!と喚く携帯小説によく出てくる王道くんのような空気の読めない馬鹿発言や態度にゲンナリ。。
攻めは本当にこんなお馬鹿皇子を好意的に感じてるのか??普通に煙たく思ってるのでは??と攻めの真意も全く謎でした。
世間知らずだけど純粋で心優しい、とかだったらまだ納得できますが、お菓子や愛してると言えーとそればっかり。。
いくら絶世の美男でも、こんなのが隣にいたら本当に煩わしいだろうなと同情しました。。

0

クグロフは好きですが…

あらすじ:
兄の皇子と争わぬよう、賢さを求められず蝶よ花よと育てられた第二皇子・アレクシス(受け)。
隣国の新皇帝・エドモン(攻め)は和平条約を結ぶ条件として、アレクシスとの婚姻を求めてきて…

アレクシスは音楽とお菓子に囲まれ毎日のほほんと暮らしていた皇子。
世間知らずで天然ボケですが、小さい頃から知性を身に着けぬよう教育されてきたことを思えば仕方ないことと感じます。
天然ボケな性格と身分の高さ故に、誰に対しても物怖じせず常に自信満々なところはなかなか面白いキャラ。
エドモンの不躾な態度を改めさせようとしたり、自分の他の愛人と手を切るよう指示したりと、やたら態度がでかく口やかましいところが(ウザ)可愛いです。

そんなアレクシスの美貌を気に入り嫁にしたエドモンですが、アレクシスへの態度はかなりぶっきらぼう。
キャンキャン吠えるアレクシスを適当にいなしていますが、実はアレクシスにベタ惚れでただのツンデレ…というキャラ設定かと思います。

全体としてかなりライトかつコミカルな展開。
アレクシスを花嫁にと求められた側近たちの反応も、
他国に嫁がされることになった続きアレクシスのリアクションも、
エドモンとアレクシスの初夜も、
全てが軽いです(数回ある絡みはほぼ全て朝チュンレベルの描写)。

エドモンとアレクシスの関係についても、お互い何か強い決め手があって強烈に惹かれ合うわけではなく、ナァナァでいつの間にかいい感じに。
エドモンは終始ツン気味なので、展開として甘さやメリハリに欠ける嫌いがあるかもしれません。

タイトルに出てくる"クグロフ"(スイス、ドイツ、オーストリア、フランスのアルザス地方の焼き菓子)については、作中でそれほど詳しい薀蓄や重要なエピソードがあるわけでもなく、ちょっと物足りなさが。
語感の良さだけでタイトルにした?と少し穿った見方をしてみたくなってしまいます。

この先、続編等あれば面白くなるかもしれませんが、本書単独では物足りなさの残る読後感でした。
すみませんが、中立評価とさせて頂きます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ