これが恋なワケがない

kore ga koi na wake ga nai

これが恋なワケがない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×212
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
93
評価数
23件
平均
4.1 / 5
神率
30.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784832289987

あらすじ

低血圧クールで勤勉な飯田 薫は、
後輩にフられて深く傷ついていたら、見た目はよろしい運動部の
長身ノンケ・柳 弓弦に突然、
「一目惚れしました! 俺をゴミのように扱って❤❤」
なんてドМ宣言とともに熱烈告白された。正直迷惑だけど、
男子ですから毎日性欲処理をし合うちに…!!?
キモかっこいい★学園どぎまぎLOVE❤
描き下ろし入り。

表題作これが恋なワケがない

柳弓弦,高校3年生
飯田薫,クラスの違う同級生

その他の収録作品

  • 番外編(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき・漫画(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

さほど変態ではない健気な攻めのお話

スピンオフ作品とのことですが、前作を読んでいない私でも楽しめました。
ただ前作CPの絡みが4ページ近くにわたってあるので、ちょっとそこが余計に感じたのも事実です。

手酷く振られて失恋のショックから抜け出せない受けの飯田。
ある日、無理やり参加させられた合コンで別のクラスの同級生・攻めの柳に出会います。
一人抜け出して帰宅しようとしたところ、追いかけてきた柳にいきなり告白されます。

「ああ 俺 この人のゴミになりたい!!(正しくはゴミのように扱われたい)」
「ゴミを前提に俺とお付き合いしてください!!」

ああなんて素敵な告白の仕方(笑)
この告白を見て、この本の購入を決めた私です。
どんな変態&どMくんなんだろう・・・と期待が高まります。

まぁ当然ですが受けの飯田は ただの変態じゃねーか!とドン引き。

なんでも半年前に廊下ですれ違ってぶつかってしまった際、
舌打ちしながら・・・クソが と睨まれたとき 一目惚れしちゃったんだそうで。

その日を境にやたらと受けに構うようになった攻め。
付き合いきれない受けは相手にしませんが、
冷たくあしら続きっても攻めはどMなのでかえって喜んでしまって対応に苦慮します。

どんな変態くんでどんなどMなんだろう・・・とウキウキわくわくしていたのですが、読む限りでは、健気なワンコ系の若干Mくらいにしか感じませんでした。
これは私の変態&Mに関する感受性ハードルが低すぎるんだろうか・・・。

攻めがこんな変態なことをして、こんなどMで、それを受けがこうかわしたよ、とかそういう細かい描写は余りありません。

側にいさせてくれるなら制欲処理機でも全然構わないと 攻めは途中申しておりましたが、性癖ゆえのビッチ発言ではなく、健気な故だと思います。

途中、攻めの元カノがちょこちょこ出てきて凄く嫌なことも言うので、蹴っ飛ばしたくなりました。
いい子系じゃなくて本当に嫌な女。こんな女と何故つきあっていたんだろう?と思った程で、攻めの見る目のなさに少しがっかり。

ノンケで元カノがいて女も抱けるのに男にも言い寄る奴(攻めのような)が一番嫌いだと思っていた受けには、そうなってしまった過去の悲しい理由があるんです・・・・。

でも本当に攻めが一途で、受けのことを大好きで大好きで仕方ないんだなぁって判るので、受けが一番苦手なはずだったタイプの攻めのことを受け入れるのも無理なく理解できました。

番外編が本当に良かったです。
「俺の全部でちゃんと大事にする」に嘘偽りなかったなぁと感動しました。

1

シチュ萌えで切なキュン(∩;///;∩)

「これは恋に含まれますか」スピンオフ作品。

知らずにこちらを先に読んでちょっぴり後悔しました。
前作未読でも大丈夫だけど、個人的には順に読んでもらいたい。
その方がシチュ萌えが増すと思います╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


【一途でMっ気ありのノンケ攻め×低血圧系クール受け】

失恋傷心中の受け。無理矢理参加させられた合コンで、なぜかノンケの男(攻め)から激しくアピールされ、しまいには「ゴミなりたい!」と言われてドン引き。どれだけ冷たくあしらっても攻めはめげないwそんなある日、受けは失恋相手の情事を聞いてしまいーーー。


この作品で1番グッときたのはシチュ萌え!!(∩´///`∩)
『扉の向こうで大好きだった相手がセックスしてる声を聞いてしまい、
胸が痛くて涙が溢れる反面、最中の声で反応しちゃって自慰をする』
ってシチュが切なキュンで萌えたーー!!!

失恋相手のセックスに遭遇って拷問だよねぇ。
受けのショックをうける顔が可哀想なんだけど…、可哀想なんだけど!
傷つき萌え属性があるから最高の萌えシチュ(∩;///;∩)
あああ堪らん。続き泣いてる受けにキュンキュンする。

と、心がバッキバキに折れて絶賛傷心中の受けだけど、
攻めがコミカルで明るく(時にはストーカーチックに怖くw)話を進めてくれるので
ちょっぴり救われる部分も。
基本M気質全開の攻めはあまり好みじゃないけど、
この作品の攻めは可愛らしさがあって良かったです♪

そんな明るくて前向きでおバカな攻めですが、後半にはガツンと傷つく場面も…。
表情は見えないけど、背中だけで痛苦しさが伝わってくる(;ω;)
このシーンは表情が見えないからこそ胸がキューっときます。
こういった表現好きだなぁ…。

全体的にコミカル印象なのに、切ないシーンがうまく入ってて、緩急にヤラレました。
帯の雰囲気で想像してたより切なキュンが味わえてすごく良かったです(﹡´◡`﹡ )

攻め/受け・ノンケ/ゲイのあべこべ感は笑えますw

ノンケ→嬉々とお口ご奉仕
ゲイ→「喋んなよ、萎える」

事後は
攻め→気持ち良さに震えてる
受け→スッパーと一服w

普通 逆じゃないのか??というのが頭をよぎりつつ
このカップルはこの形が一番お似合いで妙にしっくりきました。

1

ドM変態攻め×毒舌ツンデレ受け

『これは恋に含まれますか』という作品のスピンオフです。
前作にて受けに振られた飯田先輩が今回の受けになります。前作未読でも問題なく読めます。
前作と表紙のデザインが統一されていて可愛い。

後輩男にこっぴどく振られたショックで鬱々としていた飯田(受け)。そんな時、友達に無理やり連れていかれた合コンで、別のクラスの同級生・柳(攻め)にいきなりロックオンされた。「あなたのゴミになりたい」という変態に追い回されるうち、性欲解消する関係になってしまうが…。


前作では前作受けを襲おうとした飯田先輩が、ドMな変態に追い回され口説き倒されるという、意外性のかたまりのようなコミカルなお話です。
攻めは、以前受けと廊下でぶつかってしまったときに舌打ちされ、「クソが」と蔑む目で見られて一目惚れしたそうで、「ゴミのように扱われたい」「ゴミを前提にお付き合いしてください」と告白。
ゲイだけど性癖はごく普通な受けはドン引き。迫られ追い回され、冷たくあしらっても喜ばせるだけで、ほとほと困り切っていました。
でもそんな時、振られた相手(前作受け)が彼氏(前作攻め)とセックスしている場面を見て続きしまい、精神的に大ダメージでトイレで抜きつつ泣いてしまいます。そこを攻めに見つかっちゃって…という展開。

シリアスで切ない場面も多いのですが、とにかく一途で変態な攻めがおかしくて、すごく楽しかったです。変態な攻めを見る受けの揺るぎなく蔑んだ目つきも最高!
前作も読んでいて、前作カプも好きだったのですが、今作の受け攻めのほうが断然好きでした。むしろ前作カプのことをウザく思ってしまい、ちょっとショックだったりしました。スピンオフは楽しいけれど、前作キャラを邪魔っけに感じてしまうのはあまり嬉しくないなぁ…。

前作カプがウザかったり、ノンケな攻めの元カノが出張ってきたり、萌えないエピソードもちょっとあって、面白かったけど萌×2かなぁ…と思いながらラスト近くまできて、ラストシーンと、巻末の番外編の素晴らしさに神評価に変更。その後の2人の出来事なのですが、自分の幸せを諦めていたような受けが幸せでいる姿にジワリとしました。

4

飯田先輩にも幸あれ!

前作の「これは恋に含まれますか」の飯田先輩が主人公ってきいて、やっぱり切ない話なのかなって思ってたのに…っ!!幸せなギャグ風味の話が大好きなので、私は凄く好きです!
ドMで素直ちょっぴり天然な柳弓弦×失恋傷心中のクールでどこか冷めた飯田薫
主導権は受けにあるっていうのも良いです!
朝比奈くん幸せそうでやっぱり彼の騎士は柊くんだなって読んでる側も再確認したけど、飯田先輩が思ってた以上に朝比奈くんのことを引きずっていて少し意外でした。というのも、無理矢理犯そうとしたりしてたので(前作参照)心のどこかでもっと軽い人なのかなって思っていました(笑)
しかし、飯田先輩を幸せにするのは柳くんで間違いないと思います!
飯田先輩の中で止まってしまった時を、凍えてしまった心を、動かして、溶かして、少し歪な歯車が徐々に綺麗な輪となって回り出す。幸せも愛情も1つしかないなんてことはなくて、今この瞬間手元にある愛を誰に届けたいのか。
飯田薫・柳弓弦だけじゃなく、前作の二人やその他作中に出てくる他の人にだって届けたい人がいるはずです。そんなところも楽しめる作品です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ