ダメだと思えば思うほど、想いが溢れる――

ダブルセクション

double section

ダブルセクション
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
71
評価数
18件
平均
3.9 / 5
神率
38.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047343184

あらすじ

保険会社で調査員をしている半井は引っ越後の初出勤日、隣の部屋に住む高橋と会う。自分好みの高橋に癒しを感じる半井だったが、その日、調査対象者の家で見た資料には【担当営業・高橋】の文字が。まさかと思い会社で確認すると、やはり隣人の高橋と同一人物だった。
営業マンにとって調査員は敵のようなものだが、高橋のミスをカバーしたことで徐々に親しくなっていく。
プライベートでも仲よくしようとする高橋に、半井は調査員の仕事に支障が出るため、
営業マンとは必要以上に親しくなってはいけないと、拒絶するが……。

表題作ダブルセクション

高橋旭,保険会社の営業マン,受のお隣さん
半井侑真,攻と同じ保険会社の契約調査員

その他の収録作品

  • セカンドステップ(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

現実にいてほしいカップル

んーまずコートがいい。
スーツ萌えがあるならコート萌えありますよね?

内容ももちろん良いです。
お仕事マンガとして面白いな
でもいつBLが始まるのかなーと読み進めると
そんな過去が!そして突然のBL!
という展開なので、他のかたのレビューでは強引な展開という評価なのかなと思います。
ですが私はそこが上手いなという印象を持ちました。

片方が実はゲイなのにそれを途中まで描写しない、
けれども過去が徐々に明らかになる過程で説得力を持たせている感じがします。
読後感がとっても良くて
こういうカップルいたらいいなーと思ってしまいます。

3

保険会社のお仕事もの

毬田さんの本はすべて読んでいると思うのですが、ハズレはないのですが大当たりの時と普通の時がある印象です。
今回は普通のパターンでした。

偶然マンションで隣同士になった、保険会社の営業マン攻めと、その保険契約を調査する調査員受けのお話です。せっかく取った契約を調査で取り消しにすることがあるという、いわば業務上敵同士の関係。
仕事ものBLとして、仕事の描写はとてもよく出来ていたと思います。仕事では敵同士で、でも普段の付き合いでは仕事のことは喋らないでおこう、とか取り決めして罰金貯金とかしているのも可愛かった。

でも攻めがちょっと子供っぽすぎたり、偶然の要素が多すぎたり、恋愛の進展がちょっと無理やりだったり、他の点で引っかかるところが目立ちました。とくに恋愛の進展は、攻めがノンケなのにゲイ受けをあっさり受け入れすぎで、ええっと思ってしまいました。もうちょっと伏線とか、葛藤とかが欲しかったです。

あと、受けの元カレの登場も、すごく都合のいいタイミングすぎてびっくりです。何度か声をかけられていたとか、そういう伏線があればよかったな。

1

ちょっと強引

毬田さんは結構好きです。
ただ、他の作品もわりとそうなのですが、出会いから付き合い始めるまでが強引で駆け足な感じがします。

お仕事が絡んだからいつもよりはスローだったものの、やはり今回も後半部分は強引だったかな?
たまたまお隣に住んでる人が同じ会社の人で、ひょんなことから交流を持つ様になることから物語はスタートします。半井は元々ゲイだったから、いつも自分を気にかけてくれた高橋にうっかり惚れちゃったのは分かります。けど、元はノンケだった高橋が“憧れ”をすっとばして“俺も半井さんが好き”っていうのは急過ぎないですかね?何の迷いもなくフォーリンラブしちゃってるし。
お仕事に対する描写はとても良かったので、二人が結ばれるまでの経緯ももう少しじっくり見たかったです。

3

保険会社のリアルな仕事って感じでした

一冊丸ごと表題作と描き下ろしが収録されていました。
保険会社の調査員をしている半井は引っ越し先で隣に住む高橋と知り合いになりお互い好印象を感じたが彼は同会社の営業マンという事が発覚する。営業と調査員は天敵の様な間柄で‥
生命保険の営業マンと同会社の調査員のお話でした。
仕事の話は主に調査員の半井の方になるのですが、キチンと仕事をしていてお見事!と感じられました。私も保険の契約した際にコールセンターから確認の電話が来た事があったし、短期間だけど保険の仕事に携わってた事があるので、リアルだなあと思いながら読ませていただきました。
ただ、どちらかと言うと仕事中心のストーリーだった気がするので萌えは少ないかなぁ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ