ねぇ?-call my name-

nee call my name

ねぇ?-call my name-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

6

レビュー数
1
得点
30
評価数
6件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
squeeze<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
36ページ
版型
B5

あらすじ

「between the sheets」シリーズの一瀬×高史と
「きこえる?」のユノ×樹の番外編を収録。
両作品とも「恋人に名前を呼んで欲しい」がテーマ。

表題作ねぇ?-call my name-

一瀬雅峰,外資系ホテルグループ社長 
青葉高史,魔性のオーナーバーテンダー 

同時収録作品きこえる?

湯之口 新,ラジオDJ
桜橋 樹,制作会社勤務,24歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

エロいし、可愛い

橋本さんのJ庭新刊。コミコミスタジオさんで発売されていて、思わず速攻で購入しました。J庭には行けないので、こうして通販で購入できるのはありがたいです。

前半は『between the sheets』シリーズの一瀬さん×高史。
後半は『きこえる?』のユノ×樹。
の2CPのお話が収録されています。

同人誌って、商業誌と比べてちょっと割高感がありますが、その代わりに、というわけではないのだろうけれど表紙が素敵なものが多い気がしています。この作品も表紙がすごく可愛らしいです。

表紙は一瀬さん×高史、裏表紙はユノ×樹。
アダルティな一瀬さん×高史CPの絵柄は、背景もちょびっとお色気度が高く、しかも高史は裸ですのよ、皆さん!下半身を隠しているのは、あれは高史の仕事用のエプロンではなかろうか…。とちょっと興奮してしまった。
高史のちょっと誘うような表情もなんともエロティックです。

そして裏表紙のユノ×樹の二人は、可愛らしい二人のイメージ通りの、さわやかな色遣いに服装。

プラスティックの下敷きみたいな(という表現でお伝えできてるでしょうか)材質というかも、なんか可続き愛らしかった。こういうところに各作家さんのセンスがにじみ出ている気がします。

内容は、というと。



どちらのCPのお話も、タイトル通り、「名前を読んでほしいな」という攻めさんたちのリクエストのお話。

前半・一瀬さん×高史。
「一瀬さぁん」と一瀬さんを呼ぶ高史のセリフから始まります。
それに対する一瀬さんの返答が、
「なんだ高史 おねだりか?」というもの。
よくわかりましたね、と驚く高史に、一瀬さんは
「君がお願いごとをするときは『一瀬さぁん』と小さい『ぁ』が入る」。
なんだ、これ。すっごい萌えるんですけど。
長年連れ添った夫婦のような会話がなんとも言えず良い!

高史のお願い事を聞く代わりに、「名前を読んでほしい」「一日君を好きにしたい」と返す一瀬さん。

というわけで、ええ、エチ満載なお話でした☆
目隠しプレイあり、潮吹き(失禁かな?)ありの、エロが堪能できるお話でした。


後半・ユノ×樹。
この二人はあまりエロなイメージはなかったのですが、初っ端からイタしてます。
まっさらさんだった樹が、ユノに責められ翻弄される様がなんとも可愛らしく、ユノにGJをおくりたいwww

事の最中に「名前を読んで?」とお願いするユノですが、その理由というのが。

いつまでも「ユノさん」呼びだから、「湯之口新」よりもラジオパーソナリティの「ユノ」のほうが良いんだな、と思って。

というもの。

二人が出会った頃、自分に自信がなくおどおどしていた樹ですが、ユノと出会い前向きになった樹。このお話のなかでも、いい男に成長した樹が垣間見れてほっこりした気持ちになりました。

それぞれのその後のお話ですが、相変わらず仲睦まじい様子で、ニマニマしながら読んでしまいました。

全くタイプの違う2CPのお話が収録されているので、一粒で2度おいしい、というお得感満載の同人誌でした。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?