叫びたくなるくらいに、単純で簡単な選択肢の一つ。

おろかものが恋をしたら。

orokamono ga koi wo shitara

おろかものが恋をしたら。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
35
評価数
9件
平均
3.9 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784834262780

あらすじ

目が覚めると知らない部屋に寝かされていた結生は、痛む頭で記憶を辿り始める。
彼女にフラれた事。バーで飲んでいた事。
そして、バーで謎の美人さんに声をかけられた事を思い出した。

「年上の男を試してみる?」

甘い言葉に二つ返事で頷いた結生は、彼と一夜を共にする。
もう二度と会う事はない。
そう思っていたが、二人は予想もしなかった場所で再会し――…。

表題作おろかものが恋をしたら。

越智結生・フリーター・20歳
梶浦真優・攻めの甥っ子が通う保育園の先生・25歳

その他の収録作品

  • 描き下ろし「漫画・あとがき」
  • カバー下・漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ある意味シュガーレス

もしかしたら、評者はこのレーベル自体に対する評価の
第一歩を間違えていたのかも知れません。
全年齢向けを基本としつつロマンスの過程を描くのが
このレーベルのカラーだと思っておりましたが…、
今作の様な難しい球をしれっと投げられると、内包するものが
どれだけ奥深いのだろうと勘ぐってしましますね。

今作の道具立て自体は、BLとしては全て有り得るものだと
評者は捉えています。
違うのはその配列と解釈です。
それをやると受け止める側の温度差が発生するだろうと
予測されているだろうに敢えて選択された手法。
そこから改めてタイトルに対峙すると、問い掛けが一歩
深くなっている様な、そういう感覚に陥りそうになる、
やさしいけどやさしくないロマンスです。
カバー下がその回答であるかどうかは定かではないですが。

2

とてもピュア!

初読みの作家さんです!
絵がとってもキレイで、主役の2人はもちろん、当て馬から攻めのお姉さんや甥っ子、友達という脇役に至るまで全員魅力的。そして丸々一冊かけて、主役の二人の気持ちを丁寧に追ってあります。
あらすじを読むとアダルトな作品を想像しますが、実際にはピュアピュアです!!


元気でやや天然の入ったフリーター×しっとりした美人受けです。
彼女に振られてバーでヤケ酒を飲んでいると、心配そうにキレイな男性から話し掛けられます。グチを聞いてもらうと、「女の子が嫌になったなら、年上の男を試してみる?」と言われ、朝、目が覚めるとホテルのベッドの上…という始まりです。

攻めがややアホの子です。今までの彼女にはいいように貢がされたり、浮気されたりと騙されてばかり。そして酔っぱらって男と寝てしまう。しかし「俺って男もいけたんだなぁ…」と、あまり動じない大物っぷりを感じさせてくれます。

そして酔っぱらった攻めを食ってしまった受けは魔性系かと思いきや、かなり健気なタイプなんですね。そして臆病。ゲイである事で、相手に普通の幸せを与える事が出来ないと引け目を感じています。

続き一晩限りの事と両者共に思っていたのに、実は攻めの甥っ子が通う保育園の先生が受けだった…という展開です。
ちょっとアホで鈍い攻めは、何故こんなに受けの事が気になるのか分からないし、受けは臆病で、考えすぎて逃げ腰。この二人が、当て馬や友人の援護もあり、ジリジリと近付く様が非常に丁寧に描かれてます。まぁ、攻めが鈍いという事も大きいですが、なかなか同性に恋してるなんて気がつかないよね…と読んでいて納得するんです。そして、受けが好きだと自分の気持ちに気付いた攻めの、正面から気持ちを伝える所がとても男前! 告白シーンはジーンと来ます。

しかしですね、エロがないのです。あらすじから勝手にアダルト系を想像したので、正直物足りない…。最初のベッドで目が覚めて~というくだりも、朝チュンなんですね。この二人、特に美人受けの乱れる所が読みたかった…。なんだか、こんなキレイな話を読んで、エロを!!とかって書いてると、自分がどうしようもないダメ人間じゃん、と思いますが。こう、アダルトな雰囲気を匂わせてる作品なので、エロが欲しかったな~と思っちゃうんです。ダメ人間でスミマセン(>_<)ゞ

私のようにエロを期待しちゃうと肩すかしにあいますが、とてもピュアで素敵なお話です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ