みだれたカリキュラム

みだれたカリキュラム
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784062555777

あらすじ

学校行事のマラソン大会で、大嫌いな犬に追いかけられた桜庭湊は、隣のクラスの高遠惣一に助けられる。
ところが、その惣一が突然襲ってきて……気がつけば、湊は一人寂しく土手に置き去りにされていた。
自分から「好き」だと告白しておいて、この仕打ちはなんなんだっ!!
おまけに惣一が、自分の従兄弟である直樹にも告白していたことを知った湊は――。

表題作みだれたカリキュラム

高遠惣一、高校1年生
桜庭湊、隣のクラスで同じバスケ部員

評価・レビューする

レビュー投稿数1

高校生同士のラブストーリーです

…と可愛い話を期待していたら、見事に裏切られました。

初っ端からの強姦にビックリしていたら、事後は強姦した相手を放って(おまけに外なのに)先に帰るという非道さに度肝を抜かれました。その後も、理由を作って呼び出しては凌辱を繰り返して…。
それが攻めになる、高校1年生の惣一です。湊を好き過ぎるからしてしまうらしいんだけど、最初の時なんて流血してて、思いっきり犯罪じゃない?と引いてしまいました。
一方の湊も、痛い目に合ってるのに何度も同じ手口(?)に引っ掛かってるし…。おまけに、イヤだイヤだと言いながら、惣一が他の男の子と仲良くしてるのを見て嫉妬して恋心に気付きましたという結末に、拍子抜けして。
好きだからこそ無理矢理じゃなくて、大切にしてあげてほしかったと思ってしまいました。
鬼畜で腹黒くて高校生らしいピュアさもなくて…と、苦手な攻めで、あまり楽しめない1冊でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ