都合のいいキミ

都合のいいキミ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
3
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403660573

あらすじ

度重なる浮気や愛のない言動にキレて殴り倒したら、不実で俺サマな恋人・友貴が、記憶喪失になってしまった!! しかも不安に怯える友貴は、優しく真面目で、まるで別人のよう。勝造は友貴ではない彼に〈捨男〉と名づけ、彼とイチから恋をやり直そうとするが……!?

表題作都合のいいキミ

友喜 (ホスト)
勝造 (浪人生・アルバイト生活)

その他の収録作品

  • もう大丈夫

評価・レビューする

レビュー投稿数2

作家さんが好きなんです…

先生が好きだったので、COO様のレビューを見ながらも購入してしまいました(。-人-。)だって好きなんですものww
あまりに腹が立ったからと彼を鈍器で殴るあたりから狂気を感じます。軽くない…、全然。。。
最終話目前で記憶を取り戻した攻め様は「パンチ並」と表現してましたが、パンチじゃないよね…と読み返してしまいました。。。まぁ、後ろから殴られたので分からないか(-"-)
記憶を失くした彼にに過去を捨てた男だからと「捨男」ってネーミングは正直どうなのかと思いました。まぁ、受け様の必死さとか攻め様の豹変ぶりとか見る分には客観的に読めましたが。共依存じゃなかろうか…とか思い、ちょっとBLとして楽しむ要素を薄めてしまったので、中立とさせていただきました。先生のイラストは大好物です。

0

精神的にSとM

度重なる浮気にキレて、殴り倒したら、不実な恋人・友喜は
記憶喪失になってしまった…!!
勝造は、彼に“捨男”と名づけ、イチから恋愛をやりなおそうとするが―。

恋愛感情って理屈じゃないんだよねーというのを、
しみじみと感じた1冊でした。
勝造は、ナンデこんなに友喜ラブなんだろう…?と、とっても不思議。

記憶喪失になってしまった捨男は、友喜であって彼でない。
性格も別人になった優しい彼とやり直したいのにうまくいかない。
勝造の葛藤が、なんだか痛々しかったー。

物語の後半で、友喜は彼なりに、勝造を想っていたんだよって部分が
明らかになりますが、このあたりのエピソードも若干弱かったかなーと思います。
不誠実な男の誠実な部分とか彼なりの愛情、というのは伝わってきたのですが
前半の勝造の回想シーンで見た行動とか発言とか…、
どうにもこいつって酷いヤツ!というイメージが強すぎて、
個人的には微妙な結末だと感じました。
友喜は、浮気とか繰り返しそうなタイプの気がするんですけどねー。

でも、この二人って、精神的にSとMで相性いいのかも…?
と無理やり納得続きすることにしました(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ