理解できない彼との事

rikaidekinai karetonokoto

理解できない彼との事
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神65
  • 萌×246
  • 萌16
  • 中立4
  • しゅみじゃない10

62

レビュー数
18
得点
561
評価数
141件
平均
4.1 / 5
神率
46.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784801957305

あらすじ

ダボついた服にゴテッとしたアクセサリーを身にまとい出社してきた中途採用の新人社員佐藤駒ヶ岳の指導を担当することになった葛本司郎。
備品はパクる、敬語は使えない、休業中にガムは噛むし机に足をのせるetc…
非常識の塊のような新人の指導…というよりこれは躾!?
頭の痛い毎日だが、なめた態度の割に素直に自分のいう事を聞く様子に気を許しかけていた矢先、偶然会ったコマの友人にサイフと言われショックを受ける。
次の日謝罪されたものの許す気になれずそっけない態度をとってしまうと、
いきなり手を取られ「センパイ覚えてないすか」と言われーーー!?

表題作理解できない彼との事

佐藤駒ヶ丈 新入社員 チャラ男
葛本司郎 サラリーマン 攻めの指導係

同時収録作品CuteでEroticなOssanとの事

伴彬光 スケボー店の店長
佐藤高央 46歳 CEO

同時収録作品鬼が見ている

柚木正人 高校生〜役場職員
木野下千雅 小学生〜高校生

その他の収録作品

  • デート
  • あとがき
  • カバー下マンガ

評価・レビューする

レビュー投稿数18

とにかく面白いww

嫌なことがあったり、ちょっと落ち込んだりした時こそ、この作品を読んでほしい。

発売当初ランキング上位でなんてったって真っ赤な本が気になって購入しました。イラストは凄い好みって訳ではありませんが、何度も読み返して一人笑っております。

お話はメインのお話とスピンオフに全く違う話と1巻に詰め込まれてますが、最高です♡
基本長いお話が好きな私ですがこれは本当にお勧めです。

全く価値観、生活すべてにおいて違う2人がたまたま乗ったエレベーターで知り合い、恋人同士になるまでが面白すぎます。
若干設定に無理があるとこもありますが、そんなの関係ないぐらいおかしい・・・

この2人は同じ会社に勤める事になるんですが(理由は作品読んでみてくださいww)先輩が面倒みてるうちに、後輩に引かれていくお話なんですが・・・途中出てくる後輩のお友達がいい味出してます。

先輩が病気で弱ってるのにも関わらず後輩が手を出すんですが、なかなか変態チックで面白い。

デートもお互を知ろうと努力する姿が可愛い♡
間接キッスぐらいでブチギレの後輩君、純粋なんだな~先輩が本当に嫌がることはしないし続き、言う事はきちんと聞くしね。

でもこの作品で一番は  「ケツでイかせてみせるんで」  この一言じゃないかな~

初エッチにしてはだいぶハードルの高い内容ですが、この後輩君だから仕方ないかな?って思わせるのが凄いww

スピンオフの後輩君のパパのお話も凄い良かったです♡ 「・・・うん 悪くない」
なかなか言えるセリフじゃないよ~さすがおとな。

最後の小学生と高校生のお話は年齢的なものは全く好みではないのですが、お互いに大きくなって初めて相手の気持ちがわかるところはとても良かったと思います。

皆さんも是非笑いたい時にこの作品はお勧めです。くれぐれも周りに誰もいない事確認してから読んで下さいね~笑ってしまうんでww

1

良い変態

表題作はラブコメ、エロコメ!万歳!
ラブエロ具合もコメ具合もキレッキレで良いです。そしてそこはかとなく変態。
全員愛情表現が歪で素晴らしきワールド。
すべての元凶はCEOですね。
回が進む度に二人のなれ初めエピソードが入るのですが、段々省略の仕方が研ぎ澄まされていくのが好きです。
どうでも良い事なんですが、BLでラブコメと言うと大体受けがツッコミの事が多いのが皮肉だなぁと。
ツッコマれてるのはおまえだろ、ってベタなツッコミを重ねてしまう。
同時収録作品はまったくテイストの違う、というかよく一緒にしたもんだなってくらい別ものです。
あ、でもこれも尿だ。え、そこ繋がりの一冊?
ともあれ一粒で二度おいしい(この例え方古い!)お得な本です。

0

S気のある変態B系男子!

この本は、ユルい間やインパクトある絵から笑いを誘うことが多いから、実際に読まないとおもしろさがわからないと思います。

「理解できない彼との事」
いたって普通なリーマン・葛本が押しつけられた新人は、社会常識ゼロのマイペースB系男子のコマ!
ガムはそのままゴミ箱に吐き捨てる、備品をパクる、CEOにタメ口、書類のサインはヤンキーの落書き書体、ピクルス嫌いだからって葛本の頬に貼り付ける…
こんな新人の面倒見るのは嫌だ!でも葛本が注意すると「うス」と言うことを聞くからかわいげがなくもない。
コマは葛本に一目惚れして、葛本のために入社して、落す手口は強引!
具合が悪い葛本の口に下着ごと突っ込み、出してベチャベチャなパンツを葛本に履かせる…
初めてのエッチは、飲み物取られただけなのに間接キスしたと怒って、下剤を入れられて耐える葛本を愛で、自分が先にイったら、ゴムの中におしっこ!それを入れたまま風船のように弄って「イケ」と迫る…S気のある変態、怖いよ!
面倒な新人の変態にいいようにされてるのに、なぜ葛本はコマを好きになれる?と不思議…葛本は普通でいるのは楽だけど、深層心理では破天荒続きなものに対する憧れがあったからかな?
ラブな部分は理解できないとこもありますが、家政婦のように覗き見するCEO、なんでもラップで表現するコマの友達・文治、どこで売ってるの?と聞きたくなる首飾り(ペンダントとは言いたくない)、もう視覚で思いっきり笑わせてもらいました!
描き下ろしやオマケのマンガも笑えます!文治は人選ミスだし、プレゼントも…勘違いする葛本はまだまだ甘い!

「CuteでEroticなOssanとの事」
コマの父親CEOがスケボー店の若者に落とされる話。
表題作で会社の中をスケボーで駆け抜けるポップなおっさんだったCEO、若者に迫られても大人の余裕で、熟れた色気を見せてます。
コマとの親子関係を語り、大人の悲哀を感じさせるところも良かったです。

「鬼が見ている」
田舎の秋祭りでは、町の男が災厄をもっていくための鬼になる。
小学生の千雅はお祭りで鬼に襲われおもらしをしてしまった。
17歳になった千雅は、鬼は怖いのに、鬼にされたことを想い出してはエッチな気分になってしまって…
でもそんな自分を大好きな幼馴染のお兄ちゃんには知られなくない…
田舎特有の風習という淫靡な世界観をベースに、恐怖と官能との葛藤が描かれていて惹きつけられました。
碗先生は既刊でも風習をテーマにした話をいくつか書いてますが、閉鎖的な田舎で起こる思いっきりダークな話を描いて欲しいな。

電子派ですが、最近のQpaは表紙デザインが目を引くし、装丁が凝っているので紙本で買うのも楽しいです。
今作は裏表紙にくる帯で、同時収録作の4コマを紹介してますが、それが読みたい!と思わせる絶妙なセレクトで、装丁も含め本作りに関わってる人達の意気込みを感じました。

4

アブノーマルの宝庫!

率直な感想はもうただただおもしろい!ですね。
表題作はギャグありエロ多めですごく好みでした(^^♪
攻めもイケメンで、受けもセーターかわいいな…と思ってみてました。
あとはこんな会社務めてえなとつくづく思いますね。
帯にも書いてある通り、アブノーマルなエロ多いです。変態くさいというか好きな人はすごい好きだと思います( 笑 )
最後まで攻めの服のセンスは理解できなかったですね。

二つ目のCEOのはなし!題名すごいいいと思います( 笑 )表題作の攻めの父親が受けの話ですね。一体この方何歳なんだ…って思うほど色気のあるおっさんですね…。大人の余裕さすがでした…。それを崩そうとする攻めも見てて可愛かったです^^
無表情で『あんた』呼びする年下攻めは性癖なのでとてもよかったです。

三つ目『鬼が見ている』は、おもしろい設定だと思いました!主人公そんなに悩むか…?って感じですがおもしろかったです!

2

全体的に良しっ!!

ちるちるさんのランキングで上位に入っていたので購入。
好みのエロエロでした(笑)

表題作の「理解できない彼との事」は、一番エロが激しかったかな??
攻めの受けに対する執着とか結構はまりました。
ただ、私も本作の受け同様、B系は本当に理解できないので、
攻めにあまり魅力を感じなかった…。それが神評価にならない理由です。

「CuteでEroticなOssanとの事」
表題作の攻めの父親メインの作品。
一番ぼやっとした話だった。お互いが惹かれる理由もきっかけもよくわからなかった。

「鬼が見ている」
この作品たちの中で一番好きなお話でした!!
おにショタの設定大好きなのでドストライクです。
特に今作のように年上の攻めがショタへの好意を表に出せない…でも行動に出てしまう。
っというのが好きです。そして罪悪感を感じているのに萌えます。
おにショタの攻めはちょっと変態くらいが似合ってますね。


全体的に好きな雰囲気でエロもよかったです。

1

作家買いです

表題作も大変面白かったのですが、収録作の『鬼が見ている』が更にツボでした。
こちらは兄ショタでシリアスで夏祭りを題材にした、ほんの少しホラーテイストなお話です。
この作家さんのこういう閉鎖的で色気のある雰囲気がすごく好みです。
また、優しいお兄ちゃん×一途な受けが大好きなのですが、後日談の「僕の初めては殆どゆぎ兄だ」のモノローグだけでもめちゃくちゃ萌えさせられました。
カバー下の変態チックな攻めも最高でした!

1

攻めがかっこよくないけど面白かった

文治がちょっとムカつくなぁ
サイフ呼ばわりしといて、ちょっと自分たちが馬鹿にされたと感じるや難癖つけてくる、しかもラップでw
って理解できるかい!
ゴム越しだけど、(碗さん作品おなじみの)尿を注がれるシーンがあるので注意

『鬼が見ている』
大きくなってからのおもらしって恥ずかしかっただろうな
どーでもいい余談ですが、子供の頃少年自然の家でボランティア大学生に
飯盒炊爨中「今仮装してるから入っちゃダメ~!」と外のトイレを占領され
中のトイレは施設職員のオッサンが外を使えと使わせてくれず殺意を覚えました
子供にはトイレ使わせてあげようねw はー、危なかったw
というわけで両片思いなイケメンお兄さんじゃなかったら許せなかったけど
「黒髪爽やかお兄さん」系は個人的に好みだし未来の恋人のプレイの一環ってことでOK!

もう一つの同時収録は攻めの父親受けスピンオフでした

0

なんといってもCEOでしょ

私にとっては地雷がいくつもあったのですが、キャラとそれまでの二人の信頼関係で爆発せずにすみました。不発弾ってこと、あるんですね。

とても評価が高かったので、皆さんのレビューや作家さんのインタビューまで珍しく読んでしまいました。島子さんの作品は『ちょこざいうつわ』しか読んだことがなかったので、こんなに変態を書く人だとは知りませんでした。それと、コメディのイメージもなかったので、驚きました。ほんと、面白い!!

読みながらお友だちに、ここで吹き出したとかそのシーンを写メってLINEしていましたが、後から見返したら全てCEOでした。しかも、その次のお話でそのCEOが掘られてるし!!

三つ目の鬼のお話は表題作と違ってシリアスな感じ。変態プレイは共通ですが色んなタイプのお話を書ける方なんだなぁと他の作品も読みたくなりました。

2

ぶっ飛び

表題作は冒頭10ページほどで早々に、萌えで目が潤み始めました。
チャラいB系部下×指導役の地味リーマンのコンビが可愛く、応援したくなります。
不条理ギャグのように見えて、テンポ良く軽いシュールなノリで面白いです。
シリアスな展開中に友人キャラが急にラップを刻み始めた時はいい意味で唖然としました。

エロはほどよく汁気があって好きです。ただ、あまり好みじゃないプレイもありました。
アナル洗浄や、放尿、尿道責めなど。
露骨な描写になると苦手ですが作風のおかげでさらっと読めました。
ちなみに紙コミックス版の修正は、竹書房特有の
ペンでギザギザに書き込んだようなタイプのものでした。
完全な白抜き修正が増えてきた昨今、そこそこのチラリズムが残っていてホッとしました。

同時収録は、攻めの父親が受けになるスピンオフと、完全なる別作品の2本。
こちらも良かった。誤解やすれ違いをさらっと描写しててうまいです。
読みながらちょっと疑問に感じた所をすぐ回収してくれるので読みやすい。

3箇所ほどセリフの誤字があって残念。頼むよ竹書房…と思いました。

3

やっと読めた!

私が使用している電子書籍からようやく配信になったので、ようやく読めました。ずっと今か今かと待ちわびておりました。はぁ〜長かった…。

試し読みした時にこのシュールなブッとんだ世界に魅せられて期待値が上昇しまくった状態で読んだのですが、期待を裏切らない面白さでした!!

コマは常識がなくて変な性癖だけど、一貫して先輩のことが大好きでちゃんと大事にしてる。そこがブレなかったからすごくすごくよかった。
そんな一途なコマだったから、アブノーマルなことをしでかしても、まぁいっかと受け入れられちゃいました。(普段はアブノーマルなセックス描写はむしろ否定的なのに。)
非常識極まりない言動しかしてないコマだけれども、先輩が逐一冷静に突っ込んでいて、それに対してすべて「うス」と従うそのやりとりが面白いのなんのって。
何度声出して笑ったかわかりません(笑)
表題作がインパクトありすぎて、他の二作が薄味に感じられてしまったのは残念だった…

よくよく考えるとコマが先輩に好きだと言った矢先に無理やり自分のモノを先輩の口に入れたりと、やっぱり鬼畜っぽいことはしてるんですが、愛があればいっかな続きと流せてしまえたので、私のようにコマの言動を許せる方なら心から楽しめる作品なのではないでしょうか。

先輩からチョコを口に入れられて、「セックスみてぇ」と思ったコマに乾杯。

4

電子情報(シーモア)

神がかったギャグセンスとテンポの良さは言わずもがな、
私的には電子書籍のサービスの良さに感動しました...

発売してすぐにRentaで登場するも、シーモア派な私は半月待ちに待ち、やっと購入できました。
大体「電子限定おまけ付き」なんてのがあっても、
1P分のおまけだったり、絵だけだったりするものですが
今回のおまけは4P分のスーツエッチ、、、
さらには、電子書籍派のいたいところである
カバー裏漫画まで巻末につけてくださっている!
諦めていたのでとても嬉しかった~。

修正に関しては白抜きのまあそうだよねという感じですが、紙媒体ではどうだったのだろう?

お話もめっちゃ面白かったし、期待を裏切ることのない満足感です!

ただひとつだけ言うとほか2つの短編がとくに好みではなかったかな〜。

でも今後この作者さんの作品はぜひ読みたいです!

1

ギャグとエロに特化している…

作家買いしました。攻めのコマのキャラが好きです。普段はストーリー性のあるBL漫画が好きなんですが、こちらの作家さんのギャグというか作風が好きでコミックス出ると買っちゃいます。
(内容がないよう〜というわけではなく、良い意味で不条理な世界観っていうか…)
おっさん受けは苦手ですが、攻めのお父さんも可愛くて好きになりました。

同時収録の、幼馴染のショタとお兄さんの話が気に入りました。

1

カッ飛んだギャグとエロ

とにかく変態系エロが満載の1冊でした、

表題作は、地味で普通な会社員の受けが、すさまじく常識のない新入社員攻めの指導係になり…というもの。

男性の若者ファッションにあまり詳しくないのですが、あらすじや帯には「B系男子」と書かれていました。
というわけで、B系男子の攻め。(Bは何のBなのかな) 友達がヒップホッパーだったり、渋谷が行きつけだったり、ダボついた服装とサングラス、ジャラジャラのアクセサリーなどを身に付けたキャラです。
一方受けは、芋スーツを身に付け、真面目に働いているウェブ制作会社勤務のサラリーマン。年齢や攻めとの年齢差などは書かれていませんでしたが、受けのほうが年上らしいです。

とんでもない服装で現れた攻めの世話係を任され、仕事以前の常識からビシビシ指導する受け。その指導が容赦なく、漫才のツッコミみたいで面白いです。そして素直に「うス」「うス」言いながらちゃんと言う事を聞く攻めが可愛い。
そのあたりはすごく楽しかったのですが、その後の展開が早すぎる印象でした。実は以前に会ったことがある2人で、攻めが受けに執着していたことが判明。そこからエロに突入続きするのも、受けがほだされるのもあまりに即行で、ちょっと唖然。
プレイは体内放○などを含めた変態度の高いもので、それ自体はいいんだけど、そんな変態度の高いプレイをあっさり受け入れすぎな受けにもびっくり。
まあでも、この衝撃的なプレイを描けるのはすごいです。個人的にはスカトロ系あまり…なので、萌えるとまではいきませんでしたが、体内放○や浣腸など、コアなプレイを求める方にはピッタリの作品かと。


受け攻めの勤める会社のCEOが主役のスピンオフも収録されていました。
46歳のCEOが受け、受けが怪我をした現場に居合わせ助けてくれたのが31歳の攻めという、年の差の年下攻めです。

表題作でも下手すりゃ主役を食っちゃうくらいインパクトのあったCEOでしたが、こちらでは天然物の魔性のオッサンという感じでした。食えない大人の受けで、かなり好きです。
この話だけプレイ的に普通でした。


もう一作、全然別の話が入っていました。8歳歳の離れた幼なじみのカプです。
小学生の受けが恐怖でおもらししたり、ショタ気味な描写に萌えました。最初はまともに見えた優等生っぽい攻めがかなり変態で、それも萌えました。
お初からホース浣腸で、表題作とそろって浣腸なのにはレアすぎて笑っちゃいました。洗浄お好きな方は必見です。

2

意味が分からなすぎて最高

序盤からなに一つ意味が分からなくて最高でした。
B系男子(というか素行の悪いDQN)が地味なサラリーマンに一目ぼれしたことから始まった話でしたが、本当にひどい。
ストリート系でよく見る重量だけは半端ないアクセサリーをつけた手でグータッチを求められて「凶器!!!」って言っちゃうサラリーマンの気持ちが痛いほど分かるし、いやほんと頭がおかしい。
碗島子先生の「なにかおかしなことしてますかね?」くらいのテンションで、スーパー意味の分からない言動をぶち込んでくるセンスが遺憾なく発揮されてる作品だと思います。
ボーイズラブではよくある悩める受けくんが攻めの友達にぽろっと弱音をこぼしてしまうシーンで、突然B系男子の友達くんがラップをし始めた時は困惑のあまりしぬほど笑いました。アドバイス方法が斬新すぎる。好きです。

ギャグ系ボーイズラブが好きでも嫌いでも一度読んでみて欲しい。
どこから突っ込めばいいのか分からない著者の世界に取り敢えず触れてみて欲しい。
言動に問題しかないB系男子に対して、地味サラリーマンがイマイチ強く出られない理由が「顔がかっこいいんだよなあ」なあたりは、お前そうい続きうとこだぞ。

7

二人の広がった世界

表紙のB系コマを 蔑み遠目で見ているクズ先輩の表情!良いですよね~!(笑)恋愛感情に中々現れない表情じゃないですか(笑)本当に理解できないんだな~が伝わってきますよ(笑)

自分とは世界の違う男が、蔑んでいた男が、自分だけに充実でなつっこく、自分の為に普段やらない事をして、不器用ながらガンバル姿を見たら、絆されちゃいますよねー(笑)
何だかんだ付き合って、その後、ちゃんと相手の未知の世界に携わろうとする姿、居心地悪くても相手の為に我慢して頑張る姿が胸キュンです。
それはコマだけでなく先輩も然り。
理解できないけど、その世界を見てみたら認められなくもない。みたいな。そしてそれが普通になる。
世界観の変化ではなく容認。
いい大人ですから、ただ相手にまんま染めるのではなく、自分の個を核として相手を認め容認していく姿が良いですね。
コミカルなのに、実はとっても素晴らしい事訴えてます。
コミカル、真面目、変態がうまくまとまっていてとても面白かったです!

コマの父親の話も、過去のコマを絡めながらコミカルに進み、コミカルだけど大人な分少しシリアスでした。
ふふふ。調教するの続きはどちらでしょうね。続きが気になります。

『鬼が見ている』
年の離れた幼馴染みのお話です。
小さいときに受けたトラウマから、どこかで見られているかも知れないと大人を怖がる様になってしまった千雅。
トラウマをゆぎ兄に知られたら嫌われてしまうと中々甘えられない。
そんなトラウマの人物が誰か判明し・・・
もうそこには邪魔者はなく、晴れて結ばれる二人だが、この爽やか青年ゆぎ兄の変態っぷりがまた素敵です!

電子限定~
充実4ページ。
シンポジウムに行くため、コマのスーツを見繕う先輩だが、似合うはずもなく。
自分の為に似合わせようと努力する先輩に欲情してスーツのまま試着室でH☆
最後まで『チンポジウム』と叫ぶコマでした(笑)

2

碗島子さんの変態攻めは最高です!

碗島子さんの攻めキャラは毎度毎度愛すべき変態っぷりを見せてくれますな!
作者の「発情オオカミ君愛を叫ぶ」が大好きなのですが、今作の表題作はそれといい勝負の暴走っぷりで最高でした\(^o^)/
Hip Hop全然好きじゃないけど、Hip Hop聴きたいなって思うくらいには影響されたw
ポップなエロコメに強いQpaと碗島子作品は相性抜群だと思う(^o^)
Qpaはデザイン性の高いアートワークも目を惹くし、ここのレーベルは作家さんも担当さんもデザイナーさんもノリノリで作品を作ってる感じが好きです。

表題作(描き下ろし含めて96p)とそのスピンオフ(34p)、全く別のお話(76p)の3カプ入りです。
意外と表題作が短かったのがちょっと残念。

「理解できない彼との事」(全3話+描き下ろし)
平凡サラリーマン〔葛本〕(受/クズ先輩)が勤めるウェブ制作会社に、常識を全く持ち合わせていない渋谷系ヒップホッパーな若者〔駒ヶ丈〕(攻/コマ)が入社してきて始まるアッパー系のエロラブコメディ。
攻めのコマが自己主張強過ぎるタイプなので、言うまでもなくクズ先輩は「ほだされ受け」となる訳続きですが、碗さんのほだされ受けって優柔不断で流されちゃう感じのほだされじゃなくって、言葉の意味通りのほだされだから好きです。
コマが(態度と性癖はアレだけど)いいヤツなんです。
葛本が何か注意したら素直に「うス」「うス」って言うこと聞くし、自己主張強いのに葛本にだけは合わせようと頑張るし、なんとも健気で可愛いヤツ。
クズ先輩がほだされちゃうのもしょーがない!
エッチも(変態だけど)キュンとくるシーン満載だし、変態プレイに悦んでる先輩のMっぽいところは超可愛いしで、読んでるあいだ顔がニマニマしっぱなしでした( ´艸`)
本編80ページくらいしかなくって全然読み足りなーい!!
発情オオカミ君と本作でコラボマンガ描いてくれないかな。どっちも攻めキャラが超絶濃いからハイテンションで楽しいものが読めそう♡
舞台になってる渋谷のあちこちに「qpa」とか「qpano」が隠れているので、一個一個探すのも楽しいですよ☆

「CuteでEroticなOssanとの事」
コマの父ちゃん(コマ&葛本の会社のCEO)のスピンオフです!
タイトルなんじゃ?と思ったら〈CEO〉ってことかw
コマの父ちゃん、表題作ではファンキーなオッサンながらもコマのことを心配してる様子をチラホラ見せていて「良い父ちゃんだな」と思いながら読んでたのですが、こちらでは余裕面で年下男子を翻弄するキュートでエロティックなオッサンでした!!!
もちろんオッサンが受けです☆
オッサンの誘い受けっていいよねー( ´艸`)サラリと殺し文句言っちゃうんだもん。

「鬼が見ている」(前後編+後日談)
昔ながらの祭りの風習が残る田舎を舞台にしたジットリ暗めのお話……を装いつつもやっぱり攻めが変態な安心安定の碗島子作品。
少々おにショタ要素アリ。
小学生の頃、町の誰かが扮する「鬼」に攫われて恐怖のあまり粗相をしてしまった〔千雅〕は、高校生になった今も自分のその恥ずかしい過去を知っている男が誰なのか分からない恐怖に怯えて過ごしている内向的な少年。
大人から見ると全然大したことないことでも子供からしたら死にたくなるような恥ずかしい経験って子供の人格形成に大きな影響を及ぼしてしまうよね。ましてやその秘密にしたい過去を知っている他人が自分のすぐ近くにいて誰なのか分からない状況となればさらに深刻。町の大人の男達に対する疑心暗鬼が拭えないのは尤もだし、事ある毎に脳裏に鬼がチラついてしまうのも仕方ない。
そんな中で、小さい頃から千雅の面倒を見てくれている近所の優しいお兄さん〔ゆぎ兄〕にだけは心を許していて、恋愛の意味でも好きな千雅なんだけど、そんなある日鬼の正体が分かって───
碗作品じゃなかったら結構ヘビーな内容です。
が、そこは碗作品!
ゆぎ兄の変態っぷりと千雅の可愛い泣き顔に盛大に萌えながら読ませてもらいました♡
千雅がまたこれ攻めゴロシのセリフを次から次へと惜しげもなく吐くんだわ( ´艸`)
ゆぎ兄堪んないね!千雅くん魔性だわー。
カバー下のオマケ漫画が裏表ともゆぎ兄のエピソードなんですが、思った以上にだいぶん変態だったw

電子版に付いている4pの特典漫画は表題作の2人。
ダボダボヒップホッパースタイルで会社にも出勤するコマが葛本にスーツを選んでもらって(全然似合わない)、そこからお約束(?)のスーツエッチです♡
なぜかこの特典ページはtnkがノー修正です!

碗作品お楽しみのエロプレイは今作もバラエティ豊かに特殊プレイ満載でした。
シャワ浣や尿道プラグ、アナルビーズあたりはもはやノーマルプレイ。
攻めが射精した後のパンツを受けに履かせて前責めたり、受けのナカで射精と放尿したタプタプ水風船風コンドームを使って後ろ責めたりとか、碗さんの頭の中wwwって言いたくなるようなプレイも混じってますw
あー碗さんのエロだいすき(//∇//)
しかし本当に気持ち良いのかは毎度の事ながら謎ではある…笑

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙○

7

みみみ。

迷宮のリコリスさん

いいえー。お役に立てて良かったです!

迷宮のリコリス

みみみ。さん

電子についての情報をありがとうございます!
役ボ押しまくりたいです。

ブッ飛びキャラに癖になる面白さ!!

斬新の一言に尽きます!!
ゴーイングマイウェイなブッ飛びb-boyの攻めとそれにイチイチ突っ込みを入れる先輩受けのコンビに終始爆笑でした。
受けの体調が悪いのにムラムラして色々しちゃっても罪悪感ゼロだったり、エロも結構強引ですが、なんだかんだ受けのことが好きで一途なところが可愛いです。
衝撃だったのは、受けに挿入したままゴムに放尿して水風船にしちゃうシーン。
あんた何やってんのー!と突っ込みたくなりました。
洋服とかアクセもダサー!!と思ってたらまさかの友人のお店だし。笑
癖になる面白さでもっともっと2人のやり取りを見ていたかったです!
CEOも良い味出してるなと思ったら、まさかの攻めのお父さんだし、カップルになっちゃってるし!笑
もう1作も攻めが近所の優しいお兄さんかと思ったらなかなかの変態性でした。

1

碗子WORLDのフロウなEROS

Hey!yo!準備はイイデスか?
ココにBL界新星☆COOLでHOTなSEME☆爆誕イエー
その名はa.k.a コマ!
碗子WORLDのフロウなEROSに酔いしれ
BOOKriedingでMOEing
anytimeはhappytime
そんなエブリデーは最高だぜ!!


…自分でも何を言ってるか分かっていませんw
表題作のノリに合わせてレビューチャレンジ失敗w
個性的な攻めのチラ見せはインタビュー記事が参考になります。
リリックかける人って凄いですねぇ。

攻めはB系男子でヒップホップなクラブタイプ。
言うこと・やること・服のセンス・彼らの常識。
色々斜め上で初めて見るタイプの攻めキャラに終始笑いっぱなしw
「理解出来ない彼」攻めと、それに直面した平凡サラリーマン受けの
噛み合わないテンポと気持ちがとっても面白かったですヾ(*´∀`*)ノ

攻めは一般常識には疎く、B系のチャラさとノリは理解し難く…。
でも受けへの恋心やふとした表情がとても可愛くてギャップに萌え!(∩´///`∩)

平凡な受けは理解を超えた人種に振り回されながらも理解し続きようと努力。
でも理解しきれず表紙のような冷めた目でドン引きし、2人の温度差に笑いました。
攻めに体をグズグズにされて新しい扉開いちゃった姿が可愛かったです♪

エロスはもう何と言っても。
ゴムしてエッチして、事後に受けの中でそのまま放尿。
水風船状態になったゴムを受けの体内に入れたまま弄りまわすプレイ(ФωФ)
攻め器用だな!と思いつつ、初めて見る描写に衝撃。
さすがっす…碗さん…。

◆CuteでEroticなOssanとの事
表題作で社内でスケボー乗り回すぶっ飛んだCEOのお話です。

公園でガーガーとスケボー乗り回してたら転んで骨折。
偶然近くにいた人が病院へ運んでくれたのですが
その人は昔、CEOの幼い息子と遊んでくれてた人でーーー。

表題作で息子を甘やかすCEOは何だかなぁという気分だったのですが
こちらのお話で理由が分かりました。
社内でスケボーするファンキーなおじさんの本音と裏側にジンワリ。

で。ファンキーなおじさんの本当の姿は余裕たっぷりな紳士といった雰囲気で。
ニコニコした笑顔で年下を誑かすおじさん誘い受けがすごく良かったです(∩´///`∩)

◆鬼が見ている
田舎の小さな町で行われる鬼が出てくるお祭り。
鬼役は町内の男の人で、誰が鬼役なのかバラしてはいけない習わしです。

当時小学生だった受けは1人でいるところを鬼に攫われ、恐怖でお漏らしをしてしまいます。
鬼はズボンとパンツを剥ぎ、汚した部分を拭いてタオルを腰に巻いてあげて、「内緒だ、誰にも言わない」と言って立ち去ります。

鬼が町内の どの男の人か分からないゆえに、秘密を知ってる人がどこかにいる恐怖に怯えたまま、受けは高校生に。年の離れた近所の幼馴染のお兄ちゃんが好きだけど、秘密を知ってる鬼がどこかにいると思うと素直に甘えられずにいたのある日ーーーというお話です。

碗さんの昔話的な仄暗さが漂うお話は良いですねぇ。。。
田舎の風景とスレてない純なキャラクターに癒されつつ
田舎の特有のジメッとした重さにゾクゾクしつつ
年の差のある幼馴染の関係に萌えを堪能しました。

攻めと受けの年の差は8歳。
ショタ要素が少しあるので地雷の方はご注意。

攻めは普段は優しいお兄ちゃんなのに
初エッチでアナルビーズ拡張し
まだまだウブな受け相手に容赦のないシャワー浣腸…。
ビクビクしながら頑張る受けを満足気に見てる顔…。
冷静に見るとアウト気味変態かもですw( `д´)⊂彡☆))Д´) パーン

がしかし。個人的には攻めの変態性にすごく萌えた(∩´///`∩)
変態だけど一途に受けだけを想って優しく見守ってきた姿は良いです。


評価は神寄りの萌えです。
色んなタイプのカップルの濃いエロな1冊。
ファンキーから仄暗さまで、違ったタイプを楽しめました♪

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ