誘惑のレッスン

yuuwaku no lesson

誘惑のレッスン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784829652831

あらすじ

財閥の御曹司、だけど微妙に不幸な高校生・松山亘の、ほんの少し普通と違う、だけど平和だった日常はある日一変した。原因は過保護な父親が亘のために、と連れてきた男、遠宮真人。真人の役目は一カ月間、亘の「夜の家庭教師」として大人の男になるためのレッスンをすること。優雅な外面とは正反対、キチクな真人の夜遊び指南に、振り回される亘だったが、次第に謎の多い真人に興味がわいてきて…。

表題作誘惑のレッスン

遠宮真人 家庭教師
財閥の御曹司&高校生 松山亘

評価・レビューする

レビュー投稿数1

夜の家庭教師⁉︎

『誘惑のレッスン』、『夜の家庭教師』の単語からどんな怪しいお話なのか想像してしまうんですけど…全く想像とは違ったお話で、逆に面白かった作品でした。
昔はよく読んでいた作家さんだけに愛着もあったので、峰桐作品再読4冊目にして、好物な年上攻にも魅力を感じることができて嬉しかったです。

財閥の御曹司の亘(受)は父子家庭で育ちます。
学校が終わると家庭教師との時間に追われる毎日。
父親は仕事で忙しいので会えなくても、寂しさを忘れる位絶えず誰かに囲まれている生活。
自分の意志はなく、ただ与えられた時間だけを淡々とこなし、時間に身を任せ流されていくばかりの亘の日常。
そんな、諦めることに慣れてしまった10代の亘を心配した過保護な父が、『夜の家庭教師』と大人のレッスンを受けさせるために真人(攻)を連れてきます。
出会いも最悪、亘にだけは口が悪く、鬼畜で意地悪な真人に振り回されていくうちに…⁉︎
真人も亘を色んな場所に連れていき、行く先々で様々な事を教えていくうちに、素直に学び吸収しようとする姿勢が微笑ましく…⁉︎
と、亘がレッスンをうけ、年相応に変化しいく過程が描かれていきます続き

あとがきに、ちょっと小難しいので、お姉さん向け?と書かれていましたけど、亘の家庭環境面で小難しい話がちょこちょこ出てくるので、確かに!とは思いました。
でも、読むと想像している事とは違うので、その予想外な展開が、逆に新鮮で最後まで楽しく読める作品かと思います。

亘も真人も屈折している部分を持った似たもの同士なので、なんとなく惹かれていった気持ちも分かるし、
真人が鬼畜系ではあるものの、優しく亘を思う気持ちも伝わってくるので、今回のお話は甘さもあって、キャラも好感で良かったです。
あと亘の親友もいい味だしていて好きでした。

如月先生のイラストも好きなんですけど、古いな〜と懐かしく思いながら読ませて頂きました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ