不器用な僕らの隙間

bukiyou na bokura no sukima

不器用な僕らの隙間
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×217
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
4
得点
111
評価数
30件
平均
3.8 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥628(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799732328

あらすじ

俺の親友は、俺の彼女をすぐ寝取る。

親友の龍は美形で超モテるが、実は自己中でワガママで、
人のものをすぐ欲しがる(んですぐ飽きる)。
だけど大翔はそんな俺様な龍にこっそり恋をしていた…。
大好きだ。
けど、この居心地のいい「親友」というポジションを
誰にもやりたくないし、壊したくない。
ヒロが選んだ行動は……!?

表題作不器用な僕らの隙間

五十嵐 大翔,高校生
古川 龍之介,高校生

同時収録作品スイートクレイジーデイズ

矢後 冥司,小説家
前原 陽人,パティシエ

その他の収録作品

  • きみのかわいいところ
  • This is バカップル
  • 龍と奈緒
  • sweet crazy days.

評価・レビューする

レビュー投稿数4

初BLコミックスおめでとうございます!!!

もふもふ枝子さん、黄笠で非常に大好きな作家さんでして、
『スイートクレイジーデイズ』、支部でオリジナルBLを読めた時には
もう嬉しさに舞い上がらんばかりでした!!
やはり男らしい受けでとても安心したのですww
絵柄もやっぱり大好きですし!!!

しかし表題作では冒頭から、顔は良いけど口も性格も悪いキャラ…!?
しかも友達の彼女を寝取っちゃうようなヤツって!!と
若干戸惑いをおぼえずにはいられませんでした…。
大翔も龍も女の子の事軽んじてるような気がしてしまって多少モヤりましたが
お相手もきっとそういうノリのコばかりだったんだよねって言い聞かせましたww

大翔が龍を好き過ぎなのが伝わってきましたし、
何より龍のデレの破壊力ときたら!!!
めちゃくちゃ俺様なのにあんな可愛い顔見せちゃうなんて!!!
両片想いって楽しいですよね…。

いざ付き合うとなっても龍のわがままっぷりは健在で
アレ―…?大翔の事好きだよね??直接触れたかったよね??
大事に想ってくれないのかなと不安になってしまったわけです…。
ただ!そこからの!!まさかの最終兵器きた───!!続き!!!
龍なりの葛藤があって、やっぱり大翔に代わる人間なんていなくて…。
大翔も、自分にだけ甘えてくれる龍の何もかもが大好きなんだよね!!
上か下かで揉めたのが嘘のよう……なんだよラブラブだよ……。
傍目では逆かもしれないけど、大翔ありきの龍っていうのがズドンとキました。

キューピッド役となってしまった奈緒と龍のかけあいが楽しいww
いちいち怒らせる龍がらし過ぎて!
でも奈緒っていいコだったなぁ。

『スイートクレージーデイズ』
ハルが短髪で漢気のあるハルがパティシエってだけで凄く萌えます!!!
しかも同棲相手は真逆のメンヘラ小説家・冥司って…ww
もふもふ枝子さんから冥司のようなキャラが生まれるというのがちょっと意外でした!
束縛強過ぎるのっていくら好きでもキツくないのかなぁと思いましたが
ハルがまっすぐで裏表のない人間だからぴったりなんですね。
ダメ人間ではなくて、逞しい妄想力をしっかり創作意欲に結び付けられるとは
天性のものだわww

当て馬の天才パティシエ・中条がキラキラ王子でホント笑えて
ハルへの口説き文句最高!!!ww
更にハルの小学校からの幼馴染・山田がいいヤツで
見た目の感じも私のツボでして
山田×ハルも断然アリだなぁなんて思ってしまいました(冥司に殺される!!)
とか言いながらハルだけじゃなく冥司も共に生きる努力していたし
やっぱりお似合いかな☆
ハルの「俺がいなくて楽に死ぬより俺がいて苦しみながら生きろ」って
ものすごく素晴らしいプロポーズですね…!!!

早くもBL2冊目が読みたくて困ります!!

2

1ページ目から...

冒頭からビッチJKが攻めに抱かれながら「んっ…あ…ヒロ…っ、いい…」と喘ぎながら、
(この後この女は俺の親友に抱かれることになる)と余裕の表情を見せる男子高生。
そのすぐあとに「んっ…あ…龍くん…!も…あっ…イ…く…―――っ」と校内でエッチ。

この時点でそっ閉じしちゃいました。

でもレビューしたくて一応最後までパラ読み。
なんかやたら性描写入れてくるのに無理やりロマンチックにしてくる少女漫画読んでるような気分だった。
めっちゃ良い子だけど結局当て馬になる女の子が出てくるのも、ベタやな~と思いながら見てた。

お互いノンケで両片思いで彼女いて...って設定なら男女がセックスしてる絵いらんと思うんだけどな。
上半身裸の男の横で寝てる女でも描いとけばいいんじゃね?

お互いが気になり始める理由もよく分からんかった。
描写が回りくどくて個人的に感情移入できず。
まぁそもそも「同じ女を抱いて間接的に触れ合う(ことしかできない)」って言ってる時点でかなり回りくどい。

その割には2人がくっつくのがやけに早かったなと思いました。
(当て馬女の子のおかげ)

8

俺様受け

線の細い好みの絵柄でした。
表題作は両片思いで、攻めのことを好きな俺様な受けが攻めの恋人を寝取って、お互いに間接的にでも良いから触れ合っていたくて。。というお話。
気にならなければスルーできると思うのですが、そんなに何人も彼女寝取られてそれで親友ってないだろー?!と引っかかってしまいました。。
両片思いの切なさもいじらしさも胸キュンもあるのですが、あまりに酷いなと。
ここまでこじらせずに誰も傷つけずにもっと上手くできたのでは?となんとなくモヤモヤしてしまいました。
俺様でジャイアンな受けが攻めのために受けになることを譲歩する場面はキュンとしました。

3

不器用な俺様に萌える(∩´///`∩)

2つのお話が収録されています。

同時収録されている「スイートクレイジーデイズ」はリブレさんの"ルーキーズ"という新人発掘企画で公開されており、一番「いいね」が多かった作品です。(現在もPixivコミックで読めますので、気になる方は参考にしてください♪)

不器用な高校生の恋模様にジタバタしてしまいます:;(∩´///`∩);:
「スイート〜」も好きだけど、表題作が神がかって胸にキた!
男子高校生の友情からのステップアップのモダモダに萌えでした♪

(企画時から応援してたのでテンション高めレビューでスイマセンm(_ _)m)

◆不器用な僕らの隙間

親友大好きワンコ系男子と俺様でワガママなモテ男子の不器用な恋。

彼女が出来るとすぐ寝取っていく親友・龍。
でもそれは大翔にとってささやかな幸せ。

龍が大好きだけど、友情を壊すことは出来ないと考えた結果、同じ女を龍が抱くことで間接的に触れ合ってる錯覚に満足しており、出だしこそ少し歪んだ関係ながらも、両片思いの不器用さが楽しめるお話でした。

最初は龍のことが好き好き大好き!な大翔が可愛いなぁと思って続きたら
話が進むごとに、俺様な龍のあんな顔やこんな顔にキュンキュン!!

大翔以外の人間に対しては割とクズで俺様なのに
すっごくヤキモチ焼きな部分とか
ちょっぴり臆病になってるのとか
大翔のことが好きで好きで好きでしゃーないのとか(でも顔は無表情)
ギャップがバンバン出てきて堪らんです(∩´///`∩)

クーデレってやつになるのかなぁ?
クールな表情の下に隠れてる大翔への愛情に萌え禿げる///
素直になれない不器用さがニヨニヨ( ´艸`) ♡

龍が大翔の彼女を寝取ってたのも、大翔の触れたものに触りたいから。
大翔といい、龍といい、似た者カップルですね(⌒-⌒; )

そして。
当て馬であり、両片思いの2人の背中押したのは、大翔の彼女。
この子がエエ子なんですよ。。。
大翔好きだから大翔に幸せになってほしいと思うピュアさが眩しい…。

2人共にノンケなのに男相手にベッタベタに惚れる理由がちょい弱いかなぁ?と思わなくもないけど(特に大翔)、相手の存在に心が綻んで友情と恋愛感情の境が曖昧になっていき、恋愛の方へメーター振り切っちゃう思春期男子に癒されました。とっても可愛いです(∩´///`∩)

◆スイートクレイジーデイズ

ヤンデレ小説家×前向きなパティシエの恋。

陰と陽のような2人。攻めは受けに激しく束縛するのと同時に負い目もあって。
夢に向かって前向きな受けを離してあげたいけど離せない葛藤に苛まれる攻めと
ウジウジな攻めを宥め、周りからの忠告にウガー!っとなり、どこまでも前向きな受けのお話です。

攻めと受けが正反対な性格だけど、凹凸がぴったり当てはまるような関係が良いです。
何もかも吹き飛ばす明るさを持ってる受けが魅力的♪
書き下ろしで攻めが少し成長をしてたのが良かったです。

そして当て馬ポジのキャラに笑ってしまうw
口説かれてるハズの受けも吹き出してましたが、口説き文句がおかしいww
そんなちょっぴり変わった当て馬キャラに向かってる←♡←が1つ…。
スピンが来るとしたら、コレが伏線ですよね?
そちらのカップルもとても気になりますヾ(*´∀`*)ノ
(バイト君攻め×パティシエ受けだと思うけどどうでしょうか??)


評価は表題作が神・同時収録作が萌え×2です。
今後の期待も込めて神です。次回作も楽しみだー!

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ