サクリファイス~犠牲~

Sacrifice

サクリファイス~犠牲~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
17
評価数
4件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルスHYPER(小説・心交社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784883027323

あらすじ

かつて兄が自分を助けて死んだという罪を背負う鴻上凉は、父親の期待を受けていた兄の代わりに、代議士である父の秘書を務めていた。
父の命令で大東新聞社の副社長・高槻征一を訪ねた凉は、高槻の26歳という若さと、男らしい美貌に思いがけず心を惹かれる。
だが高槻の目的は、美しい凉の躰だった。
薬を盛られ、何度も犯されて傷ついた凉を待っていたのは、自分が父の道具として高槻に売られたのだという残酷な事実。
凉を捕え、束縛する高槻の真意は―?快楽と憎しみが支配する、目眩くラブ・パニッシュメント。

表題作サクリファイス~犠牲~

新聞社副社長 高槻征一 26才 
代議士次男 鴻上凉 23才

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

愛に飢えた子どものような青年

とても痛くせつないお話でした。
誰にも愛されない孤独な凉に泣けます。
タイトルに書いた『愛に飢えた・・・』はあとがきで作者様が凉のことを言っているのですが、そのとおりでした。

凉は本人も知らないある理由で親から愛されなくなります。
ある日兄である俊が凉を海へ誘うのですが、誤って岩場から落ちた凉を助け死んでしまいます。
その事件がきっかけで母親は凉にひどい言葉を残し家を出て行きます。

凉は自分だけが助かったことに罪悪感を持ちながら、兄の代わりに生きることが償いだと信じています。
そんな凉に俊を好きだった征一が薬を使って陵辱し、手錠と首輪で部屋に閉じ込めます。
俊に執着する征一が凉を責める気持ちはわかります。
でも実の兄を死なせてしまったことを一番悔やんでいるのは凉。
なぜそんなひどい仕打ちをするのかとやるせないです。

最初は抵抗していたものの、ある日を境に2人の関係が変わっていきます。
征一は凉のことを俊と呼び、凉は少しでも俊と同じようにと振舞います。
捨てられ、独りぼっちにされることを恐れ、自分を懸命に殺そうとして。
両親からも愛されなかった凉は続き身代わりでもいいから愛されたかったのかな。
俊と同じようにしなければ征一に愛想を尽かされる、そう思い込んだ凉は徐々に精神的、身体的に壊れてゆきます。
なぜそんな状態になっているのかを征一にはもっと早く気付いてほしかったです。

ラスト、凉の名を呼ぶ征一にホッ。
少し泣きたいなぁと想っている方にはいいのではないかと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ