その町で男はバスを降りた

その町で男はバスを降りた
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
32
評価数
8件
平均
4 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784896440195

あらすじ

今をときめく語シスコ、イケイケの短編集。表題作の他「『チャキ』」「シークレットエージェントマン?」「嘆くなり我が世のファンタジー」「哀愁とシューマイ」など6編を収録。可笑しくも切ない最新傑作選。毎度お楽しみ、抱腹絶倒描き下ろしイラストエッセイも充実!読ませます、この一冊!

表題作その町で男はバスを降りた

弘樹,別荘に滞在中の男
巧,養子の高校生

同時収録作品「チャキ」

ケイゴ(デザイン学校時代からの友人)
チャキ(親友)

同時収録作品シークレット エージェントマン?

セージ(謎の男)
直人(彼氏との関係に悩む高校生)

同時収録作品嘆くなり我が世のファンタジー

飯島(32歳のエリートサラリーマン)
横山恵多(19歳)

同時収録作品哀愁とシューマイ

松岡耀平(新入社員)
成田(先輩社員)

同時収録作品クリスマスだからって訳じゃないけど

三田(大学生)
聖夜(ストーカーに悩む大学生)

その他の収録作品

  • オレと舎弟物語
  • 不思議編集えりな
  • 戦士の休息ペエジ(?)あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

語シスコにしか描けない

 大好きな短編集です。6篇のどれも語シスコにしか描けないと強く感じる個性あふれるカタルワールド。表題作の『その町で男はバスを降りた』と『チャキ』はコミカルを封印したシリアスで切ないお話で、その他はコミカルなお話なのですが、どちらのタイプの作品にも共通する沢山のモノローグがたまらなく好きです。難しい言葉は一切なく普通の言葉を使って、ただ心の内を素直に吐露しているだけなのに、言葉の並びに独特のリズムがあってとっても心地よくて、しっとりと時にはガツンと心に入って来ます。

・『チャキ』
 生き別れの兄弟じゃないかと思えるぐらいに気の合う親友同士のチャキとケイゴ。好きになった相手がチャキが長く付き合う男だと知って…。
 ケイゴ視点のお話で、二人の仲はまだこれからというお話なので、チャキ視点も是非読んでみたいなと思いました。

・『シークレット エージェントマン?』
 主役は横暴でアホな彼氏に気持ちが冷めつつある直人と謎の男セージなんですが、直人の彼氏の圭介が良い味を出しています。本当にアホなんですがアホさ加減が憎み切れない(笑)カタル先生は『左巻きのベイビー』収録の「ワンオフラバ続きーズ」でも似たような組長のバカ息子を描いているんですが、あちらは憎み切れないどころか、未だに続編を切望する大好きキャラです。
 謎の男セージは、カタル先生がお得意の“強気で俺様なのに穏やか”という「不思議な大人系」。カタル作品のこのタイプの攻めが大好きです。

・『嘆くなり我が世のファンタジー』
 こちらも「不思議な大人系」攻めです。画面いっぱいに繰り広げられる下品な言葉攻めと、笑えて泣けるモノローグ。カタル先生の真骨頂です。ラストのモノローグが笑えて切なくて、最初から読みなおしたくなること請け合いです!

・『その町で男はバスを降りた』
 『LOVE&CATASTROPHES』収録の「何処へも帰らない」シリーズ(続編は『ラブ?YES』収録の「色は匂へど散りぬるを」)のような文学的な作品です。前作でもそうでしたが、誰かが誰かを救い、その誰かがまた誰かを救う。先生のペンネームのカタルシスが色濃い作品たち。やっぱり先生は天才だなと唸ってしまった。

・『哀愁とシューマイ』
 シューマイにトラウマを持つ卑屈な主人公成田と、容姿、家柄、性格の良さとすべてを持つ新入社員の松岡。松岡の人生に汚点を付けてやろうと強引に体の関係を持った成田ですが…。
 成田のシューマイのエピソードが泣けるんです(T_T)。新聞紙に張り付いて残っていたシューマイだなんてよく思いつくよなぁ。カタル先生のこういう感性が大好きだ。

・『クリスマスだからって訳じゃないけど』
 これ大好きです!ゲイだと言うことに未だ悩む聖夜と間借り人の三田。ストーカー対策にゲイ小説の台詞で模擬Hするくだりが最高に面白いです。普段はお坊ちゃまよろしく丁寧で穏やかな話し方の三田が、ここぞとばかりに怒涛の下品な台詞を吐くのが楽しくて、最後まで三田の正体に気付かない聖夜の鈍さも最高に面白かった。この手の攻め、やっぱり好きだー! 

 この他、愛犬や編集者のことを描いたちょっとしたコラムのようなページも、本当におっかしくって声を出して笑いました。カタルワールド最高です\(^o^)/ 

3

一番カタルシスを得られた語シスコ作品

語シスコさんと名乗られているくらいなので、カタルシスを得られた度合いで評価してもいいよね?ってことで、私は断トツでこの短編集が★5です!
読んでたらモヤモヤがなんか色々晴れました。
でもあんまり評価高くないですねー。あれ~?

6編入ってるんですけど、色んなトーンがバランスよく混在していて最後まで飽きずに楽しめました。
短編集ながらも読み応えはページ数以上だと思います。

『その町で男はバスを降りた』
表題になっているこの作品がとにかく良かった!
都会に逃げたいと思っている高校生の〔巧〕と、都会から逃げてきた訳ありの男〔弘樹〕が出会って一緒に過ごすことで、互いの存在が本人にそんな気はなくとも互いの救いに繋がっていたというお話。
“人は必ず誰かを救っている”という不変の真理を、語シスコさんらしく、切なくそれでいてどこかカラッとした空気感でもって描かれています。
おじさん(巧が逃げたかった原因)も誰かに救われたらいいけど、どうだろな…おばさんじゃ無理なのかな…

『嘆くなり我が世のファンタジー』
次いで好きな作品。
人生を達観(もしくは諦観)し始めるお年頃に突続き入した大人のゲイと、まだまだこれからのひよっ子ゲイの話。
切なさと可笑しさが絶妙に混ざり合った主人公の一人語りで進んでいくストーリーは、これぞ語シスコ節という感じ。
オチがいい!

『哀愁とシューマイ』
意固地で卑屈な主人公が、真っ直ぐで澱みのない同僚に救われる話。
トラウマ(=シューマイ嫌い)を抱える要因になった主人公の過去が悲し過ぎる…
これも良かったです。

『チャキ』
主人公が人生のドン底だった時に救いを求めて一度だけ一方的に身体を繋げた親友への恋心を、何年も経て自覚する話。
これはもうちょっと先まで読みたかった気もします。

『シークレットエージェントマン?』
『クリスマスだからって訳じゃないけど』
この二つはアホっぽさがいい感じで笑えます。
「シークレット~」の攻めは結構なトンデモ野郎なんだけど、飄々としたキャラが何か憎めない。好きだー。

2

シュウマイのお話が好き

過去に表紙買いした作品。

短編集の中で私が一番好きな作品は、哀愁とシュウマイです。

過去のトラウマでシュウマイ嫌いになった受けと、なんでもそつなくこなす金持ちイケメン攻め。攻めを気に食わない受けが、嫌がらせで始まった関係がズルズルと続いて・・・。口では何とでも言えるけど、初めから攻めが気になっている受けの変に虚勢を張っている所が可愛い。攻めは元々ノンケのはずですが、受けの態度に惹かれていて、嫌がらせや嫌味を言われても受けとの関係を止めない所にキュンときました。

その他の短編は、すみませんがあまり好みではなかったです。。。あ、でも「チャキ」は結構好きです。

2

語シスコさんが描くとこうなるのだな

短編集。
表題作は、養子に入った先でそこの義父に犯される少年が主人公なテーマとしては重めな話で、ある意味ありがちなテーマでもあると思うんですがそれを語シスコさんが描くとこうなるのかー、と凄く納得したというか何というか。
全体的にエロはエロくて汁ダクなんだけど、登場人物はどこかしら乾いていたりベタベタしていないというかカラッとしている。
ストーリーの匙加減も凄く好み。
語シスコさんはおそらく1冊読んで萌えツボに入った人なら、前作好みなんじゃないかなあと思う。
そういう意味では凄く安定感のある作家さんの一人。

3

はっちゃけより切なさが前面に出た作品集

いつもアウトローな登場人物達が、少し切ない経験や気持ちを感じながらもコミカルに、まいっか、、的にハッピーエンドを迎えていた作品が多い語作品ですが、この一冊はどちらかというとその抑えれた切なさが前面に出た、やるせなさも含んだ短編集です。

表題は、両親を失くし養子に行った親類宅で父親からセクハラを受けている高校生・巧が、いつも訪れてはぼーっと景色を眺めている場所でバスで見かけた男・弘樹と出逢うことから話が始まる。
義理の親との距離を感じ、本当の自分というものとのギャップを深く感じている巧と、訳ありで人生に絶望した弘樹。
彼らの心が寄り添い、お互いが救いの関係になる部分が痛みを感じる。

友人と自分の恋人は同じ人物だった!?
そこから、その友人への恋を自覚する『チャキ』は、まだまだこれからだよーというエンドが。

恋に傷つきながら、大人の男の元へ戻っては、また出て行くを繰り返す『嘆くなり我が世のファンタジー』では、大人の子供の恋を見守る姿を

シューマイのトラウマ(?)を乗り越えて、嫌いだった新人と恋人になる『哀愁とシューマイ』

いずれも身体の関係やエロはただ快続き楽の為だけでなく、心を通わせ、傷を癒す行為として登場しているのは、必然要素として、ただのエロを狙ったものではないことがわかる。

それら切な系の話の中で幾分『シークレットエージェントマン』と『クリスマスだからって訳じゃないけど』はおバカ要素な話で、作品の暗さに一息つける役を担っている。
全体を通してもバランスのよい、作家の持つ根底部分が出た作品ではないでしょうか。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ