たとえばそれを恋と呼ぶなら

tatoeba sore wo koi to yobunara

たとえばそれを恋と呼ぶなら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
0
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877751722

あらすじ

最後までいってしまったら、もう二度と友達には戻れない…。
頭ではわかっているのに、柊に抱かれてしまった野口。一方の柊は、身体を重ねていくうちに野口への想いを強めていた…。―――表題作『たとえばそれを恋と呼ぶなら』
同じ学校に通う廉と怜司、春樹。3人で仲のいい関係を保っていたが、SMクラブでバイトする廉の行動をきっかけにその関係が壊れはじめる…。―――『トライアングル・ブルー』
切なくて複雑な男たちの恋心を描いた、不破桐子のラブロマンス・コミックス。

表題作たとえばそれを恋と呼ぶなら

柊、高校生
野口、親友

同時収録作品トライアル・ブルー

沢村怜司、大学生
香川春樹、同級生

同時収録作品光の射す方へ

瑛、高校3年生
春、喫茶店店員

同時収録作品MIND YOUR STEP

その他の収録作品

  • いつか愛にかわる日

評価・レビューする

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ