ハートハートツアー

ハートハートツアー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832282124

あらすじ

旅行会社に勤める体育会系新人・藤枝は、連日激しい片思いに身を焦がしていた。
相手は敏腕で美人な藤枝の上司・美杉。純情な狩人・藤枝の愛の行方は!?
ASAHIの純愛爆走系リーマンLOVE!!

表題作ハートハートツアー

旅行会社勤務の新人部下・藤枝
美人な敏腕上司な主任・美杉

その他の収録作品

  • レジェンド・ツアー
  • キャロルが聴こえたら(前編)
  • キャロルが聴こえたら(後編)
  • LOVE GOSSIP
  • ラブラブ・ツアー

評価・レビューする

レビュー投稿数2

部下×上司

表題作連作、他短編。

「ハートハートツアー」
美人だけど厳しい上司・美杉〔受〕、そして大型ワンコ系キャラな藤枝〔攻〕
藤枝はゲイではないんですが、美杉に恋しちゃってます。
そしてある女性ばかりのツアコンに美杉と藤枝が2人で仕事をする事に。
接近しようと藤枝は頑張るんですが、数多い女性の前に太刀打ち出来ず…しかもミスまで起こしてしまう。
勿論、美杉は怒るんですが……どさくさにまぎれて告白した藤枝に対してあれ、美杉ってちょっとデレてる??
どうやら美杉もまんざらではなかったご様子。
年下ワンコ攻+忠犬っぷりな攻がなかなか可愛かったです。

「キャロルが聴こえたら」
クリスマスイブの日に人混みの中で母親に捨てられた為に、クリスマスも人混みも嫌いな少年・椎名〔受〕
そしてクリスマスキャロルと人混みで気持ちが悪くなっていた所を助けてれた男・城島が、その後、代用教師として椎名の前へと再び現れます。
といっても城島は白衣でいつも培養した菌のシャーレを眺めている様な菌オタク。
そんな城島ですが、椎名は懐いて科学準備室にもしょっちゅう通いつめます。
城島にクリスマスの夜続きに会いたいという椎名の願いは果たして叶うのか……?
結局は城島は彼を放っておけずに行ってしまうんですけどね。

「 LOVE GOSSIP」は強引攻、どうも島さん作品って自分的には強引攻めのイメージが強いんですが、この作品ではこの一作のみでした。

0

もうちょっと落ち着くべき

年下ヘタレワンコ攻めは大好きですが、ただ盛っているだけの発情ワンコは苦手です。
島あさひさんで年下攻めは珍しい方なだけに、残念でした。

『ハートハートツアー、レジェンド・ツアー、ラブラブ・ツアー』
旅行会社勤務の新人部下・藤枝 ヘタレワンコ攻め×美人な敏腕上司な主任・美杉 強気受け
厳しくて美人な上司の美杉に惚れている事に気づいて、藤枝は挙動不審に。
一緒にツアーを組むことになって、藤枝が女性のお客にいきすぎた誘いを受けているのを見て、キレてしまって。

仕事の出来る綺麗な上司の受けは男気があってかっこよかったのですが、攻めで台無しでした。
子供っぽいし、仕事はきちんとやらないし、美杉さんと仕事が忙しくてやれなくて悶々としたりと、ひたらす、ヤルことしか考えていないのがダメでした。
受けが攻めに惚れる要素と言えば、勢いと若さ位で攻めの魅力が感じられなかったです。

『キャロルが聴こえたら(前編) (後編)』
化学教師・城島 眼鏡朴念仁ヘタレ攻め×生徒・椎名聖輝 トラウマ健気受け
過去のトラウマの所為でクリスマスキャロルが苦手な椎名が気持ち悪くなった所を、城続き島に助けられる。
入院した先生の代わりに来た教師が城島で、部屋に通うようになるのだが、研究に夢中な城島は冷たくて。

受けの思い込みと勢いがある片思いと、ヘタレで自分の気持ちに気づくのが鈍い攻めとで、キャラのバランスがよかったかも。
この頃は純愛路線なのか、Hも心持ち控えめな物が多いです。

『LOVE GOSSIP』
空手部花形・遠藤優 俺様攻め×大学の噂の美人・真智ひかる
男と遊んでいると噂の美人の真智が襲われている所を、遠藤は偶然助けることに。

噂と違って実は……というパターンで、俺様攻めに美人受けが出てくると展開がハードになるみたいです。
最近の島あさひさんの俺様攻め×美人受けの流れをこの作品に感じました。
短い話なのであまり上手く話や感情がおさまっていないですが、こういう展開がツボだから、島あさひさんの漫画を読んでしまうという原点を見た気がします。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ