大人すぎるマイラバー

otonasugiru my lover

大人すぎるマイラバー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×211
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

46

レビュー数
5
得点
82
評価数
23件
平均
3.7 / 5
神率
26.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥628(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799731154

あらすじ

最愛の弟に彼氏ができた!!
とりあえず、その男一発殴る!
過激派ブラコン兄・ムロは、高校からの親友・安吾に怒りをぶつける。
だけど、安吾は「過保護すぎ」と大人な対応。
結局ふたりで弟の高校に乗り込んだけど、見たことがない表情を彼氏に向ける弟に何も言えず…。
弟も安吾も、俺だけを残して大人になってくんだ…!!
寂しさと焦燥に駆られていると突然、安吾がキスをしかけてきて!?

表題作大人すぎるマイラバー

弥生安吾(あんご・大工見習い・ムロの同級生で親友)
室町新一(ムロ・福祉専門学生・ブラコン)

同時収録作品無敵すぎるマイラバー

大正治(高1・龍助の後輩・ラバーフェチ)
室町龍助(高3・新一の弟・バドミントン部の先輩)

その他の収録作品

  • 友達すぎるマイラバー(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:キャラ紹介

評価・レビューする

レビュー投稿数5

後輩×先輩・親友同士、二組のラブコメ

じゃのめ先生は毎度カバーデザインが素敵。本作は室町兄弟、それぞれのラブストーリー二本立てです。コメディーといえど、切なさもちゃんと押さえてくれています。最近笑えるBLを読んでいなかったので、久し振りに楽しませてもらいました。

前半の「無敵すぎる~」は、室町龍助(弟)が部活の後輩でラテックスラバーフェチの大正治に襲われてしまうお話で、ちょいちょいコスプレが楽しめます。

龍助は表向きDTアホキャラではあるけれど、その実、懐が深い豪傑だったりするんですよ。アホと男前の紙一重具合が凄く魅力的。しかも純情で欲望にも素直なんて…ハァ…無敵すぎ!

治は先輩ヅラしてみんなの面倒を見ていた龍助をずっと狙っていたんじゃないかな。先輩後輩を超えて自分だけ構って欲しくって、ね。

どうぞ、兄貴肌を気取りつつもエロ可愛いオトメな龍助をお楽しみください♡

後半の「大人すぎる~」は、室町新一(兄)が高校時代からの親友、弥生安吾と友情から一線越えるのか…?な王道ラブ。

新一は高校生の龍助が男とセックスしていることを知ってショックを受け、安吾に相談します。ところが、弟のことを心配してい続きるうちに、新一自身が気付かぬまま抱えていた不安が浮上する結果に…。

高校卒業後に進路が分かれた友人達はそれぞの人生を歩み始めている。その上、弟の龍助すらも。新一は自分だけ取り残されたような気持ちになり、焦りを覚えます。

実際、新一が高校でつるんでいた仲間の中で卒業後も会い続けているのは安吾だけで、彼も既に社会人。学生の新一と生活リズムが合わなくなっても変わらず安吾が新一と一緒にいてくれるのは、彼の方が地道に繋がる努力をしてくれていたから。

ぜひぜひ安吾の男っぷりに酔いしれて欲しいです♡

じゃのめ先生が描くキャラとカップリングはやっぱりツボだなぁ。メインカプの漫才みたいな掛け合いが大好きなんですよ。言葉のチョイス、吹き出しの外に手書きで書かれている静かなツッコミに思わず笑っちゃう。う〜ん、今回もヤラレました!

2

直感は(たいてい)裏切らない。

じゃのめさん、初読みです。なかなか印象的なタイトルと表紙を描かれるので、数年前からずっと気にはしていた方でした。しかし、何となく、なんとな〜〜く外しそうな気がしていて、手を出しあぐねていた作家さんでした。結論。

……やっぱ直感当たるわ。評価下げてごめんなさい。

先行レビューで皆様絶賛、評価が萌×2以上しかない、表題作カプが割と好みの組み合わせ、という理由で今回踏み切ってみたわけですが、どうにもこうにも萌えない。なぜ高評価なのかが全くわからず、「そうか、こういうのをしゅみじゃないと言うのか……」と悟った次第でした。

以下、ダメだった理由になるので、不愉快になりそうな方はスルーしてください。








話どうこう以前の問題で、どうやら絵柄が受け付けない模様。線の荒い、個性的な絵柄は普段は大好物なのですが、じゃのめさんのデッサンの狂い方は、私にはジャストで気持ち悪く感じられるようです。
そのために話に集中し切れなかったということもありますが、話的にも、あまり良さがわからなかった。弟カプはそもそも性癖が?だし、兄カプも割とありふれた関係性で、とりたて続きてグッとくる演出ではなかったように思います。ひさびさに、買って後悔した&絶賛レビューだらけの現状に???となったので、「合わない人間もいるよー」という気持ちでレビューしました。

2

兄弟だなぁ~、うんうん

兄CPの攻め安吾の男前っプリに惚れた!
一途で受けのことを理解していて大人な包容力のある攻めいいですね。
ここまでの包容力って社会人CPのよさですね(受けは同じ歳ですが学生です)。
受けに告白するシーンがまたいいんですよ。
じわじわくるものがあります。

そして受けの初交際で浮かれてテンション上がっているのが可愛かったです。
家事をやったり、見栄は張ろうとするものの自分の中で女にされて喜んでるなんてあっさり認めるあたりが、かえって男前な受けで女々しさをあまり感じられないのもよかったです。
そこは素直なおバカちゃんの良さですね!

ストーリーの方は、攻めが高校の頃からどんな気持ちで受けの隣に居続けたのかを想像すると切なくなるのですが
ラストの高校時代の夢をみて涙する受けとのシーンと
書き下ろしの受けのセリフで過去の攻めの想いまでもが報われた気持ちになりハッピーエンドなので読後も良いです。

大人で良き理解者であり全てを包み込む包容力のある攻め×さらけ出して委ねちゃうことのできるおバカ受けの
いいCPでした。

弟CPは攻めの何を考えてるんだか分からない腹続き黒さが面白かったです。
そして、まんまとほだされてしまう受け。でも負けてばかりではなく翻弄しかえすのが男の子っぽくてよかったです。
最後にいちゃついているのを見られてしまったわけですが、あの後はどうなったのでしょうか笑

兄CP弟CPが揃ったシーンも見てみたかったです。

2

室町兄弟の笑えてほっこり恋模様

兄弟2組のカップルのお話です。
なんといっても兄カップルの攻めが男前で包容力あって素敵でした!
兄のブラコンっぷりを否定もせずバカな提案にも優しく付き合ってあげたり、友人への接し方とか時折のぞかせる独占欲とか、やんちゃな受けのことを本当に大切に大切にしてあげていて、好きという想いが溢れてくるようでした。
高校時代の悪かった話も少しだけ出てきたのですが、告白もせずずっと密かに見守ってきたことを思うときゅんとします。
一方弟カップルは攻めのラバースーツフェチという謎の性癖が個人的に合わず。。
いくら受けが後輩想いのお人好しのおバカだからっていきなりあんなハードゲイみたいなピチピチ着ないだろ。。!と突っ込みたくなってしまいました。
兄カップルは神評価、弟カップルは萌評価で、総合で萌2にしました。

2

室町兄弟♡

前半:コスプレエッチも楽しめるスケベな年下攻め、高校の後輩×先輩(室町弟登場)
後半:もう今すぐ結婚しちゃえ!親友から恋人になる元同級生(室町兄登場)

■『無敵すぎるマイラバー』(同時収録-こちらが前半に収録されています)
「むっつりスケベな大正(高1)× 部活に参加しない大正をほっとけない室町先輩(高3)」
長身の一見クールな年下攻めが登場します。後輩の、ラバーフェチという性癖暴露の罠?に引っかかりエッチ→恋人関係になるふたり。受けの龍は明るくてちょっと抜けたとこがあるのがかわいいです。でも大正には「俺先輩だぞ」とガンガン言うのもいい。大正はなんとなく隠れワンコっぽいので、今後ふたりになったらどんどんイジワルワンコになりそうな予感です(笑)。コスプレエッチもよかったし楽しく読めました!あと、おしりバックショット!可愛かった。

■『大人すぎるマイラバー』(表題作)
「大工見習いの安吾 × 福祉系専門学校に通うムロ」
ふたりは高校からの親友。高校卒業後、ほかの仲間たちとは会わなくなっていっても二人だけは今もしょっちゅう会う仲。もともと安吾はムロを好きだったのですが、続き伝えられない想いを秘めそばで見守ってきたんでしょうね。彼女も作って過ごしてきた...そんな彼が、大事なことはしっかり伝える包容力たっぷりの攻めでとても安心できました。カレシを作っていつのまにか成長している弟や、結婚していく同級生、そして一番近くにいる安吾の仕事をがんばる姿を見て、自分は…と悩み落ち込むムロですが、安吾にとってはただムロがいてくれるだけで、元気が出て仕事も頑張れるんですよね。とっても癒されるステキカップル♡ムロ、かわいいよぉ~。想いのままに尽くして、でもときどきサプライズもらって、幸せになってほしいです。

『春にぴったりのお気楽なBL』と前袖にありました。全体的に笑えるシーンもいっぱいなんですが、そこが切ない部分をさらに切なくしてくれる気もします。愛を感じてじーんときつつ、楽しく読める一冊でした。


メモ「Cover design = 楠目智宏(arcoinc)」

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ