ちゃんと待ってる

chanto matteru

ちゃんと待ってる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
17
評価数
6件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784576021003

あらすじ

四月から大学生となり東京の学生寮に越してきた山城智幸は、同じ新入生で遊び人と名高い白河貴一と週番を組むことに。傍にいるだけでどきどきするような美貌もさることながら、洗濯機の中に石鹸を丸ごと入れて回してしまうあぶなっかしい貴一の世話を焼く智幸は、気がつけば報われるはずもない恋心を抱えて苦しむことに。そんな時なのに先輩寮生の嫌がらせに耐えかねた貴一が智幸の部屋に転がり込んできてしまい……この恋、つらすぎる!?

表題作ちゃんと待ってる

白河貴一 大学生
山城智幸 大学生

その他の収録作品

  • 君を待ってる
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

大学の学生寮で

大学の学生寮を舞台にした作品で、ライトで読みやすく、可愛らしい作品でした。
主人公の智幸は隣の部屋の貴一を好きになってしまったことに悩んでいますが、その想いはお話の前半であっさり受け入れられてしまい…ストーリの前半部分はあれれ、早いなぁという感じでした。
けれどそれでハッピーエンドかともちろんそうでなく、そこからすれ違いがあります。

貴一という男性が男前でモテるのにどこか抜けていて、しかも言葉が少し足りません。後半の短編を含め、肝心なところでこちらの気持ちをわかっていない発言をすると言うか、無自覚でふわふわした気分を一瞬でしゅんとさせるというか。
それに振り回される智幸は貴一の行動や言葉に一喜一憂していて非常に可愛らしいです。

ちょっと思考が乙女ぽいかなという気持ちもしますが、作者さんが自分で言っていたような地味なお話というよりは可愛いお話かなという感じでした。
大人の恋でなくまだ子供だなと感じる部分もある、学生独特の未熟さや甘酸っぱさを感じさせる作品です。
寮ものの醍醐味である、他の先輩たちとのやりとりや嫉妬やトラブルなどもちゃんと味わえる作品でした。

0

等身大の恋。

可南さんは作品によってかなり好き嫌いが分かれるんですが、これは好きな方です。

大学の寮を舞台にしていますので、結局は淡々とした地味なストーリーです。大学生の等身大の恋。でも私は、それ自体がわりと好みなので、よかったですね。

智幸(受)のキャラクターが好きです。世話好きで健気で一生懸命。ちょっと子どもっぽい気はしますが、まあまだ10代と若いので。

しかし、貴一(攻)はダメでした。ひとことで言えば不器用で言葉足らずなんですが、それ以上に感情の発達が未熟なんですね。本来、こういう幼稚さが鼻につくヤツはどうしても好きになれませんが、智幸とのCPとしては結構よかったです。

まあ、ありがちなすれ違いものなんですが、私はぐるぐるする智幸は平気だったのに、貴一の無神経さには苛立ちました。

それでも、作品としては好きなんです。やっぱり智幸でしょうか。

0

地味ながら、いいお話でした

初読みの作家さんでした。
地味で王道展開なストーリーですが、好きなタイプの地味さだったので、楽しく読みました。
イケメンで強引なのに感情表現の不器用な攻めと、世話好きの受け。
攻めのキャラが萌え満載で、キュンキュンしました。

主人公は大学生(受け)。学生寮で知り合った遊び人の攻めの面倒を見るうちに、好きになってしまう。
気持ちをおさえられずに告白してしまい、そのまま流れるようにセックスします。
でも、セックスした理由を攻めが『世話になってるから』と言い、受けはショックを受ける。攻めは遊び人で、セックスに対するハードルが低いのだ。
それから受けは攻めを避けはじめる。
それまで自分を受け入れて優しくしてくれてた受けに避けられ、シッポの垂れた子犬のようになっちゃった攻めがめっちゃ可愛かったです。
遊び人だった男が苦悩するのって、萌えるんですよねー。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ