囚われ人の行き先

囚われ人の行き先
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877751821

表題作囚われ人の行き先

複数
複数

その他の収録作品

  • 一夜の服従
  • 裂かれた絹
  • 針の雫
  • 裏切りの痕跡
  • 囚われ人の行き先

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ4冊目

シリーズも4作目。陵辱調教モノなわけですが、ただ痛めつけているだけではないというのがこの作品の魅力をかもし出してるんでしょうね。虐げられてなお、相手を求め続ける姿は痛々しいまでにけなげでどうしようもない。
淡い恋心はあいかわらず通じていないようですが(ノД`)・゜・。
■一夜の服従。
もうひとつのSM館のオーナーが、客を取らされるというお話。
真冬、雪の積もった野外プレイ。下手したら死ぬからね!!
でもこれもまた、責め落とされていくんですねぇ。なにがそんなにいいのかしらんのですが、つるされて、雪の中に転がされ、さいごには凍った川に落とされる。
慣れない穴(初めてだモノ)に突っ込まれ・・・・
でもこれ受がいいならまぁ、それでも・・と想ってしまうのはなぜだろう。
■裂かれたシルク
前回からの続き。だかれた相手を待ち続ける。結局恋をしてしまったから。
そこを付け入るようにやってきたのは、弟。この弟も客をとらされているようなんですが、兄を蹴落とそうと~なプレイの連続。
玩具・拘束・針に輪姦。ちょっと痛いプレイなのですがなぜかモエ・・・そろそろヤバイ境地に足を突っ込みそう続きです
そんな受をスキだった支配人・・・結局むくわれんな~と想うんですが、この人はもっと周りの人間のやりすぎを静止できるだけの力を手に入れたほうがいいと想う
■裏切りの痕跡
■囚われ人の行き先
前回の巻で登場した青年~なお話。
大好きな主人のためにがんばるんだけど、結局ほかの男にしりを振るようなやつは・・と捨てられてしまうんですね。ちょっと切ない。どれだけぼろぼろになろうとも、主人のことだけを考え、想うその姿は感動モノです。
これこの続きってあるんだろうか・・・・めぐりめぐる~のかな

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ