放課後のサイクロメーター

houkago no cyclometer

放課後のサイクロメーター
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
13
評価数
5件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アイスノベルズ(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784872789942

あらすじ

明るく元気いっぱいの光はクラスのムードメーカーだ。みんなでワイワイ楽しく過ごすのが大好きなので、光の周りにはいつもたくさんの友だちがいる。そんな光が最近気になるのは、クラスメートの潔葉だ。光とは正反対の彼は無口で友人も少数だが、凛とした男らしい顔が時々困ったように笑う、その表情に惹かれるのだ。光は友だちになりたくて明るく話しかけるが…。学園ラブストーリー。

表題作放課後のサイクロメーター

江上潔葉(ゆきよ) 高校生
貝瀬光 高校生

その他の収録作品

  • 放課後のサイクロメーター Ⅱ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

『ラブストーリー』というより、『青春学園もの』。

う~ん、なんとも初々しいというか爽やかなストーリーでした。

雑誌掲載の前後編&書き下ろし短編なんですが、そもそも掲載作では『お試しで付き合いましょう』な感じで、軽いキスで終わってますからね。

それが悪いわけではないんです。たまにはこういうピュア~で少しずつ積み上げていく(まずは友人としてからってのが・・・先は長い)のもよかったんですよ。

キャラクターはいかにも高校生ものならではという感じでした。明るくて男女問わず誰にでも好かれる、でもきちんと気遣いができる可愛い光(受)と、男前だけど無口で武骨な潔葉(攻)。
どちらも、若さ・青さが(キャラクターとして)いい方に出ていて結構好きです。


しかし、このレーベルではたまにありますがあとがきがなかった・・・
どこまで詰め込んでんだって感じでしたね(以前うえださんが、同レーベルの他の作品について『ページがなくてあとがき入れられなかった』というようなことを言われていたので、これも足りなかったんでしょう)。

私はいつもあとがきも楽しみなので、そこがちょっと残念でした。

1

高校生

うえださんの学園物は、けっこう好きです。

0

爽やかで切ない

あらすじが気に入り読んでみたんですが、学園モノだからこその仕上がりで良かったと思います!多少、受けの自覚が遅いというか、鈍いというのがちょっとイラッ☆ときましたが。
そして光の親友ですが、立ち回りがよかったです。結構、親友が実は受けのことを好きでした~という設定が多いんですが(私が読んできた中で)、今回のこの作品は違いいいポジションでした。こんな親友がいたら友達として幸せだなー。

また、付き合ってからの潔葉が、光のことを大事にしてる描写があり、微笑ましかったです。付き合う前は少々辛い思いをしていた光が、報われたんだなと思うとほろりww付き合う前の潔葉は光に対してちょっと微妙な感じでしたので。
といっても、光はキャラ的にそこまで好きではありません。潔葉の発言を良いほうに解釈してしまい勘違いしてしまうシーンがあるんですが、そこを読んでなぜかちょっと萎えてしまいました。いやいや、そこは普通勘違いしないんじゃないかと。
光に対してはそこまで好きという感情はありませんが(いい子ですが)、潔葉はまさに好き!でしたwwwノマで、無口で無愛想な攻めは好物!

この作品は学園モノ好きな方続きにおすすめです。すぐにはくっつかず、少しずつ好きになっていく過程、切ない描写があり良かったです。

1

爽やかな青春恋物語

うえだ真由さんの小説を読んでると、妙にホッとした気分になります。
優しくて淡い、春風のような空気感があるんですよね。
エロ度は低いですが、清涼な雰囲気に癒されます。
ときどき私には合わない本もあるんですが、それでも作家買いしたいと思える作家さんです。

学園モノです。
明るくて友達の多い光(受け)と、イケメンなのに人付き合いはあまり得意ではない潔葉(攻め)の恋のお話。
少しずつ仲良くなって、恋心を自覚して、告白して、すれ違って、くっついて、エッチして…という、手順通りの展開でストーリーは進みます。
爽やかな青春の恋物語でした。
登場人物が一生懸命で、好感を持ちました。
地味といえば地味なんですが、うえだ真由さんらしい、すごくいいお話でした。
面白かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ