ハードボイルド・ラブ・エッグ

ハードボイルド・ラブ・エッグ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784576010830

あらすじ

嵐の鎌倉……少女漫画界の巨匠・紅繭子先生の原稿を受け取り印刷所へ急ぐ新人編集者・太陽を襲ったのは、これまた締切地獄にあえぐ超美形ミステリ作家・皇徳院光政との一方的な運命の出会い!? そしてふたたび鎌倉を訪れた太陽は、今度は殺人事件の容疑者に! コトの発端となった暴走車の謎があかされる書き下ろし「ハードボイルト・ラブ・バイオレンス」を収録。

表題作ハードボイルド・ラブ・エッグ

超美形ミステリー作家・皇徳院光政
新人編集者・野原太陽

その他の収録作品

  • ハードボイルド・ラブ・バイオレンス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

我、ハードボイルドなりて

ハードボイルドとは。
非情なこと。人情や感傷に動かされないで、さめていること。また、そのさま・・・・・。
さて、この作品のどこにハードボイルドが含まれているのか( ´∀`)ゲラゲラ
今回の主人公は、野原太陽君。新人編集者であり、酷い作家先生のところに、人身御供として送られている可愛そうな子。
20年読者が待った人気少女マンガの最終回の原稿をようやく仕上げ、締め切りの迫る印刷所へ嵐の中ピンクのかさをさして歩く。
あと4時間。ギリギリ・・と奮闘する太陽だが、後ろからやってきた暴走車に跳ねられ、倒れこんだ。大事な原稿・・・・死のう・・・
しかし、太陽の不運はここから更なる展開を見せ・・・・!?

ということで、今回は、超美形な作家先生×新人編集さんのお話。
なんというか、恐ろしくハードボイルドでした。
雰囲気からすれば、「ハードボイルド」がどんなものかが大事なのではなく、「ハードボイルド」という雰囲気の中に生きる人間達の、すばらしくアホなストーリーなのだとおもう。
倒れた太陽を拾ったのは、締め切りを過ぎに過ぎ、そしてなんとか伸ばした最終締め切りを3日後に控えたミステ続きリー作家先生。原稿は真っ白。
ピンクのかさ。コレは事件!歩み寄って一目ぼれ。
目を覚まして、原稿を受け取り外に出てからの記憶を失った太陽に、自分が性的な意味で襲われたような雰囲気をかもしだし、責任問題を持ち上げる。
あれよあれよと、責任を取らされるはめになり、先生を嵌める(性的な意味で)ことになり・・・・なんだかすごくかわいそうになってしまうお話。
「なんだか解らないが、恋に落ちていくのを・・・」
って・・なぜにそこで恋に落ちる!!?そんな場面もありあり。
あとがきに「ノンフィクションを含み」~なくだり。
これが本当ならば恐ろしい。
修羅の道も一歩から。
いろんな意味ですばらしい。
とんでも・・なお話が読みたいときにはおすすめ。
性的描写はそんなに多くないものの、四六時中エロな行為を強いられているという表現が多いためか、妙にエロちっくな作品。
怖いほどに。

可愛そうなといえば、最後。
ミステリー作家先生のファンレターを、太陽くんが爽やかに読んでくれるシーン。
ほめているのかけなしているのか。
「よかったですねぇwwよかったですねぇw」と本気で喜んでいる太陽くんと、
複雑な気持ちでそれを聴いている作家先生の姿が珍妙で面白かった。
あるいみシテヤッタリな気持ちになっている。

結論。
作家先生はエロい!!←チガウ

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ