甘い罠

amai wana

甘い罠
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2件
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イーコネクション(星雲社)
シリーズ
Gene novels(小説・イーコネクション)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434022883

あらすじ

生真面目な公認会計士恭介は馴染みの居酒屋で知り合った千博とひょんなことから親しくなる。
かつて親友に恋人を奪われて以来、恋愛に積極的になれず、仕事に没頭する日々を送っていた恭介にとって、自分に懐いてくる年下の千博は可愛い弟のようであり、心和む相手だった。
だが、その出会いは単なる偶然ではなく、巧妙に仕組まれたものだった。
千博によって、次第に追い詰められ、理性や常識で覆い隠していた欲望を暴かれていく恭介は…。
スリリングなハード・ラブストーリー前編。

表題作甘い罠

志水千博(しみず ちひろ)18才
高森恭介(たかもり きょうすけ)29才

評価・レビューする

レビュー投稿数1

読んだことのないタイプの調教もの

この作者さんのマニアックな作品の中では今まで読んだ中で一番好きです。
調教ものですが、調教といってもハードなSMだったり道具を使ったり激しい言葉のオンパレードというわけではなく(逃げないよう手を縛ったりする場面はありますが)雰囲気えろという感じです。
なのにすっごくえろい。

真面目な30歳手前の社会人、恭介は偶然知り合あった学生の千博と親しくなり、家に招くほど仲の良い関係になります。
ですが次第に千博に惹かれている自分に気がつき、千博に欲情していることを後ろめたく思い、千博を遠ざけようとします。

千博はまだ10代で年下の可愛い男の子、という感じ。小悪魔系という言葉がぴったりです。最初は純真・可愛い・弟みたいってタイプの千博が後半になると豹変します。

私は前情報なく読んだので、恭介が千博にベッドにくくりつけられた辺りで千博は襲い受けなのかな?と思ったのですが…まさか、恭介が挿れられるのか!と結構な衝撃でした^^;
見るからに体格差も結構ありそうです。

嫌がる恭介が千博に体中開発され、変わっていく様子が丁寧に書かれていてため息ものです。
無理で痛々しい調教続きを千博はしません。多少の強引さはありますが、恭介が100%本気で嫌がったらここまではしないという逃げ道は残しています。

調教の様子はあくまでゆっくりねっとり丁寧で、激しさは無く、恭介も千博が嫌いという感じではなく、おそらく形は変わっていてもこれは恋人だといえる関係です。
あくまで「選んでいるのは最終的には恭介なんだ」という感じがします。

自分の変わりように驚きながらも恭介が流されていく様子、大胆になって行く様子が本当に上手い。
それも普通の状態では羞恥心を残していて、ここまで来たら…というスイッチが自分の中でわかっている様子も心理的な調教とでもいうのでしょうか、奥が深いと思いました。

千博が足で恭介の局部をぐりぐりしたり足の指を中に挿れたりっていうシーンが結構あって、普段足を使って嬲るシーンってそこまで好みではなかったのですが、これは萌えました。
多分、千博が可愛い系でなく、普通に体格のよい大人の男性だったらここまで萌えなかったと思います。
体格差があって、攻める側のほうが細く可愛い子だからこそ萌えに繋がるシチュエーションだなぁと実感。

普段は可愛い受けが調教されるお話が好きですが、可愛い子に大の大人が調教されるって、個人的に手を出したことがないジャンルでしたので、意外性がありすごく楽しめました。

いままでされる経験のなかった大の大人が受けになる、という作品が好きな方にオススメです。

こちらは恭介視点のお話ですが、対となる千博視点のお話も刊行されています。2人の出会い編はこちらですので、こちらを先に読むことをオススメします^^

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ