青木克巳の夜と朝の間に

青木克巳の夜と朝の間に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥550(税抜)  ¥594(税込)
ISBN
9784062555913

あらすじ

深夜、青木のもとに怪しい患者が現れ……。臨時の救急外来。当番にあたっていた青木克巳のもとにやってくるのは、変な患者ばかり。しかも、当直の最後に訪れた救急患者は、とんでもない人物で……。前作『青木克巳の夜の診察室』に続く、珍患者シリーズ第2弾をはじめ、親友であり同僚でもある志乃崎隆二との微妙な関係を描いた「こぼれる葡萄酒(ワイン)」、その志乃崎の切ない想いが揺れる「週末の食卓」など、男たちには問題がいっぱい!

表題作青木克巳の夜と朝の間に

その他の収録作品

  • ※表題作:紅野隆一による小説。挿絵:邦久十也
  • こぼれる葡萄酒【ワイン】(漫画:邦久十也)/『温かい予感』後日譚
  • 週末の食卓(漫画:邦久十也)/麻酔科医×医学生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

何処へ…

表題作を読んだ後、暫く放心してしまった評者を
責めて下さいますな。

表題作はシリーズ前巻収録の『青木克己の夜の
診察室』の続編に当たるのですが…良くも悪くも
BLである必然性から遠ざかっている話です。
表紙通りの展開は決して期待なさらぬ様お願い
致します。別の視点から視れば稀少な教材に
なり得るのですが。

併録作の前者は注記の通り前巻収録作品の続編。
後者は精神的要素濃厚なカップリング話です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ