世界でいちばん

sekai de ichiban

世界でいちばん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344801370

あらすじ

幼稚園の頃、結婚の約束をした祐一郎と敬。そして祐一郎が高校生になった今…。表題作ほか4編収録。新装版。

表題作世界でいちばん

沢村敬、叔父、29歳
沢村祐一郎、高校生

同時収録作品僕はこんなに

紺野一臣、大学生
直之、サラリーマン、恋人

同時収録作品愛でもない恋でもない

同時収録作品be my baby

同時収録作品檸檬のキッス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

しっとり響く短編集

初めて読んだ作家さんだったんですが、少女漫画も描かれている方なのですね。繊細でほんわかとしたタッチと作風なので、少女漫画がお好きな方には合うかと思います。
予想していた以上にどれも良かったので、他の既刊作にも興味がわきました。短編集ですが、奇抜な設定のものはなく、どちらかというと地味なものばかりです。

表題作「世界でいちばん」は叔父と甥で、子供のころから結婚の約束をしていて、でも大きくなった甥は今ではそんなことは無理だときちんと分かっています。
叔父の方が甥を追いかけている、という設定はあまり見たことがないかも。かわいらしくてしっとりとした作風が良かったです。

全体的に多く語らないのに優しい印象で派手すぎない感じがよくて、自分にあっていたと思いました。ちょっと古い印象はするので、合う合わないは人によって違うかも知れません。BLでない作品も入っています。

「僕はこんなに」
これがとても好きだったので、これだけなら神をつけたい!というくらいでした。
仲の良いカップルの直之と一臣ですが、直之は一臣の友人が彼の家に居候することになってから、言葉にできない不安が湧いてき続きます。 
一臣はその「友人」とはサッカーしたり、殴り合いのケンカをしたり。
なのに「恋人」である自分は何をしても笑っていいよと許してくれたり、危ないからと駅まで送ってくれたり・・・。
もやもやが抑え切れなくなって、直之が言った言葉は「僕も殴ってほしい」。慌てる一臣が面白かったです。

自分を大事にしてくれることが不安だという、友人ならありえない恋人独特の感情だと思いました。こういう、男同士の恋だから芽生える不安や疑問を丁寧に描いた作品がとても好きです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ