Othello

Othello
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
桜桃書房
シリーズ
Gust comics(ガストコミックス・桜桃書房)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784756715128

表題作Othello

同級生:霧島
双子の弟:歩

その他の収録作品

  • スノーホワイトインサマー
  • 夜半の馨
  • 冥の淵

評価・レビューする

レビュー投稿数1

境遇の違う双子

タイトル『othello』は双子のことを意味します。主人公は双子の弟ですが、兄も関係してきます。(事故で死にましたが)

事故で死んだ双子の兄・篤志の学校に転入した双子の弟・歩は、奔放な自身の本性を隠し、優等生だった兄に「擬態」している。しかし、同級生の霧島の前ではなぜかそれを保てず…。

双子の兄弟であるが、幼い頃離れ離れになってしまい、兄は母親のもとに、歩は父親のもとで暮らすことになるのですが、そこで歩の新しい義母親は簡潔にいえキチガイな人で、歩と性行為をしていました。また、その義母親が連れてくる男とも性行為を無理やりされていました。
一方兄の篤志はそんな辛いこともなく幸せに暮らしていることを、歩は篤志が死んでからその幸せを恨み、自分になかったものを篤志として奪ってやる…!
という思いで篤志として演じてきた歩。

しかし、同級生の霧島のおかげで歩自信を認めてくれる存在ができ、篤志への恨む思いはなくなりました。
一見暗そうな展開ですが、そこまで暗くなく読めました。でも、全体的に見て
(明るい)スノーホワイトインサマー→othello→夜半の馨・冥の淵(暗い) な感続きじです。

萌えーはしないけど、つまらないわけでもない作品でした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ