美しき獣たち。

utukushiki kemonotachi

美しき獣たち。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
34
評価数
11件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832282261

あらすじ

藤堂グループの御曹司・藤堂一輝(とうどうかずき)は、教育係兼お世話係の西條千春(さいじょうちはる)とSEXはする。
でもキスはなし・・・。
「恋人未満」じゃ物足りない一輝は、ついに世紀の大告白を決意した!!
描きおろしあり。
キャラ萌え度No.1カップル!!

表題作美しき獣たち。

西條千春
藤堂一輝

その他の収録作品

  • 美しき野獣。
  • ある日の獣たち

評価・レビューする

レビュー投稿数7

まさに獣

獣シリーズ2作目です。
今回は前回に脇役として登場した一輝と,一輝の父親の秘書であり一輝の世話係でもある千春とのお話。
前回2人が登場した時に気になっていたので、1冊丸ごとこの2人のお話を読めたのは嬉しかったです。
千春が多分仕事が出来る優秀な男だろうとは前回から予想していたのですが、ここまで危険な男だとは思ってませんでした(笑)。
藤崎さんが描く男性は男臭くてごついんですが、そういう男性が惚れた相手にはメロメロで時に暴走してしまう。王道なんですが好きな展開です。
甘々でお腹一杯になりそうなカップルでした。

0

千春編

千春に引きずられたのか筋肉の描き方も大きく異なり、大人の魅力につい桃色のため息が出てしまいます。
前作、散々イヤイヤと駄々をこねていた一輝の開き直った姿とどこかズレた素直な考え方に天然なのか千春の教育の賜物なのか。
甘やかす立場と甘える立場。
体の関係を持っても変わらない鈍感さを愛しく感じてしまいます。
ちょっぴり馬鹿な子ほど可愛いと同情してしまうも、カオルの登場によって引っかき回される内に隠された爪がチラリ。
千春の本音を知ってようやく藤堂グループを背負う覚悟を持った一輝。
そう仕向けられたとはいえ、そんな一輝を裏切らないだろう千春。
これで後継者問題は一段落?

そんなパパ一人勝ちな始まりとなりました。

0

シリーズ2作目~vv

バカップル・千春×一輝の馴初め編とでもいいましょうか…(^^;)

御曹司の一輝
小さい頃から自分自身ではなく、背景にある家柄でしか誰も見てくれなかったのに
千春だけが一輝を1人の人間としてみてくれた事から心を許す。

そして千春も一輝の事を…

それならすんなりとカップルになってラブラブ?って事になるはずが
何故かお互いすれ違ってるし。

すでに体の関係はあるみたいですが気持ちは無い(?)
(というかお互いの気持ちに気付いていない…)
でも一輝のお許し(お互いの気持ちがハッキリ)が出た途端の
千春はやっぱ千春(獣)だった(笑)
愛が入るとやっぱり違うね!!


あとは2作目からすでにカオル(千春のイトコ)は登場してたのか~と。
カオルのせいで、またまた2人がこじれたみたいだけど、
まぁそこは御曹司の立場です、何かしらの試練はありますわ。

でも千春、首まで絞めるか…
まぁ、このイカレ方が千春といえばそうなんだけどさぁ(笑)

2

シリーズ一機読みしてしまいましたwwwクハハ
・・とおもってたら1作目を読み飛ばしてたっていうorz
ココのカップルはここからなのでココからでも大丈夫です。
世話係×坊ちゃんのカップル。
バリバリ仕事ができて、男前で、誰にも恐れられる男が年若い坊ちゃんに溺れていく~というお話なのであります。
今回は、片思いから両想いになるまで。
受のほうが好きで、好きで、好きで
身体だけの関係から抜け出せるのかというところ。
さてさてどぉなるか

3

主従萌え

シリーズ二作目です。
このシリーズめちゃくちゃ面白いです。
野性的な空気がたまらんです。(でも心理描写とかは、繊細で細やか)

『ハッピーヤローウェディング』に脇役で登場してた一輝と千春のお話です。
一輝はボンボンで、千春はその教育係。10年以上、主従関係にあったんだけど、ある日千春が一輝をレイプして、関係がガラッと変わる。
とにかく攻めの千春がカッコいいんだわ。なんでもこなすスーパーマンです。彼の弱点は一輝だけ。これ、主従モノの理想形だなァと思います。
一番萌えたシーンは、壊れた千春が一輝の首を締めるシーン。こういう頭のイカレ方を見せてくれるスーパーマンって大好き。私好みだ。

惜しむらくは、私の苦手な絵だということかな(頭身がオカシイし裸体もオカシイし…)

1

予想以上にエロかった千春さん

CDを先に聞いた美しき獣たち、
原作は、あの「藤崎こう」とくれば、期待半分、怖い物見たさ半分。

で、結果的にはほぼ予想通りのガッツリ、クッキリ。

それでも、千春さんのモッコリ黒ヒモビキニは予想以上の衝撃でした。

このシリーズ第1作「ハッピーヤローウェディング」。
こちらは、一輝の兄・藤堂瑛と大学生・津崎夕飛が家族になる話。
一輝は、二人がようやくお互いの思いを認めた所にお邪魔虫で登場しますが、そこで、一輝の思い人としてちょこっとだけ登場した千春さんに人気が集まって、この後の獣シリーズが始まったらしいです。

2

大人の色気を感じさせる千春が良いです。

藤崎先生の「獣」シリーズ、第2作目。

こちらのお話は、藤堂グループ御曹司(次男)・一輝と
教育係兼、お世話係・千春のお話になります。

この二人、お互いかけがえのない存在で、想いあっているのに
立場に囚われ、すれ違い、なかなかうまくいきません。
それでも、少し離れて、やっぱり離れていられなくて、を
繰り返して、より結びつきが強くなっていくストーリーは
なかなか読み応えがありました。
お布団シーンもなかなか濃いので必見です。

千春さん、色気があって、素敵~♪
落ち着いた雰囲気の大人の男が、年下の男の子に振り回されて
余裕をなくして暴走する姿がたまりません。
年の差カップルがお好きな方に、お薦めしたい作品です。

「ハッピーヤローウエディング」のキャラたちも、ところどころで登場しています。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ