泣いちゃいそうよ。

泣いちゃいそうよ。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832282292

あらすじ

10年前、公園で拾った男の子・岳。不安そうで、とっても頼りなかった彼は、今ではドキドキするほどカッコよく成長した。ずっと兄弟として過ごしてきたオレたちだったけど、最近、岳を見てると何だかとっても泣きたくなってきてしまう。この気持ちは一体なに!?「だって兄弟だし」「兄弟じゃない」そう友達に言われた葵は…!?

表題作泣いちゃいそうよ。

その他の収録作品

  • 空色エレジー
  • 人魚王子
  • ミルクロボット
  • セカンドハンド
  • おくることば
  • セルロイド・クローゼット
  • 初恋の味

評価・レビューする

レビュー投稿数2

うひー、可愛い

ショタ絵でエロはないに等しい短編集です。
ほのぼのすぎて私の苦手なタイプの作家さんかもしれないなァと思いながら読みはじめたんですが、これがめちゃくちゃ可愛くてツボにくる箇所がいっぱいありました。
ほのぼのフワフワしてるけど、ストーリーにしっかり軸があるのと、受けくんを甘やかしすぎてないところが良かったです。
キャラのアホ可愛さをユーモア成分として上手く使ってる点とか、
悲しいシーンで、キャラに媚びのない満面のニコニコ笑顔をさせるところとか、
泣くときも同じく媚びのない泣かせ方をするところとか、
色々と私好みのセンスだらけでした。
こういう作家さんに思いっきりショタな作品を描いてもらいたいな…と思ったんですが、昨今の商業ではなかなか難しいんでしょうな。

1

純情+不器用=可愛い

表題作のテーマ『義兄弟の恋愛』って
さらりと描くのが難しい題材だったりします。
この作者さんだからこそ良いバランスで消化して
可愛さを出せている部分はありますね。

こう言う可愛さの演出を嫌味なく出来る人って、
ホント少なくなりました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ