したたかに純粋

shitataka ni junsui

したたかに純粋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
雄飛
シリーズ
アイノベルズ(小説・雄飛)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784946569890

あらすじ

過去をネタに、傲慢な上司に陵辱される日々。しかし尋秋は、偶然出会ったときから、自分に対して情熱的な態度を見せる棚橋を使い、その屈辱をはらそうとしていた。利用しやすそうな相手―繊細な美貌の裏で、棚橋の誘いを打算的に受ける尋秋だったが…。「あいつからきみを奪いたい」耳元で囁かれる言葉に、溺れそうになる。復讐のためにはこの機会を逃せないと思う反面、欲望に身も心も攫われてしまいそうだった。そして偽りの恋のはずが、いつしかひたむきな熱を持ち始め。

表題作したたかに純粋

棚橋省吾 リーマン
清水尋秋 リーマン

評価・レビューする

レビュー投稿数1

評価に悩み、レビューに悩む

こういう作品のレビューが一番書きにくいなと思います。
悪くないけど良くもない、という。

遠野春日さんはしっかりした文章力がある方です。
この物語のプロット、起承転結ちゃんとしてて良かったです。お話としてそこそこ面白かった。
でもでもなんか、萌えない。

最初すごくワクテカしました。
弱みを握られて、嫌な上司にセックスを強要されてる主人公(受け)は、復讐を決意します。
なかなか理知的で根性座ってそうな主人公だったから「どんなふうに復讐するんだろ!やっちゃえやっちゃえ」って期待したんだけど、後半どんどん攻めに守られるだけのお姫様になっちゃって。
攻めも受けもお互いに相手を利用してやろうとして近づいてたから、「利用してるうちに好きになっちゃって、ジレンマで悩むパターンね!これは切ないぞ!」って思ったんだけど、たいしてジレンマもなく、すぐに相手に惚れてゆるゆるな感じで。

いろんな意味で、もうちょい踏み込んで欲しかったなと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ