マルサのお・と・こ

marusa no otoko

マルサのお・と・こ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
4件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434022111

あらすじ

「俺にお仕置きしてほしかったのか?」「そ……そんな、違います!」脱税の証拠を掴むため、決死の覚悟で男性専用ホストクラブへ潜入した税務署職員・森川晶。だけど、捜査どころか慣れないホスト業に素直でウブな晶は、失敗ばかり! おまけにペナルティで、クールなマネージャー・氷室刃にイケナイ『お仕置き』をされちゃって…「俺の好みに仕込んでやる」──って、ちょっと待ってください!!いつの間にか、身体だけじゃなく心までも『しつけ』られてる??好きな子ほど虐めて、泣かせたい! そんな氷室に魅入られた、悩める子猫・晶の運命は……

表題作マルサのお・と・こ

男性専用ホストクラブのフロアマネージャー・氷室刃
ホストクラブに潜入した税務署職員・森川晶

評価・レビューする

レビュー投稿数2

獣の如く鬼畜な攻めに囚われた、いたいけな子猫ちゃん受!

『オオカミさん』シリーズのスピンオフ!
今回も潜入捜査ものになります。
しかもイケナイ『お仕置き』付き(笑)

ホストクラブのマネージャー • 氷室 × 税務職員 •晶の鬼畜年上攻&いたいけな子猫ちゃん受もの。

脱税の証拠を掴むため、決死の覚悟で男性専用ホストクラブへ潜入した税務職員の晶。
素直で初心過ぎる晶は、捜査どころか、慣れないホスト業に悪戦苦闘。
失敗ばかりするものだから、マネージャーの氷室に目をつけられてしまい…⁉︎
ペナルティのたびカラダにお仕置きされてしまう羽目に…⁉︎

相変わらずトンデモナイ展開が、ノリノリで繰り広げていきます。
ありえない設定ではあるものの、それなりにストーリー的にまとまってはいるので、まだ許せる範囲かと思います。
ただ、その分先も読みやすい内容なので、ちょっぴり物足らなさは感じるかもしれません。
実際に存在するかは知りませんけど、男性専用ホストクラブは魅惑的で、税務署のお仕事内容にも触れられている点は良かったです!

氷室がオオカミさんシリーズの高志の従兄弟というだけあって、楽しい位、鬼畜攻様真っしぐら(笑)
続き石、同じ血が流れているだけあるといった感じでした。
そんな男に捕まってしまう、可愛い子猫ちゃんの晶!
イケナイことばかりされて、イケナイことばかりしていて、飽きたら捨てられる不安にかられながらも、どんどん氷室に惹かれて夢中になっていく晶は、潜入捜査もそっちのけ状態(笑)

仕事はいいのか?と今回も突っ込みながらも、私的には美味しい、スーツ&鬼畜眼鏡攻×従順な受を堪能させて頂きました。

読んでいけば氷室の本当の秘密が明らかになるんですけど…やっぱりな展開!
捻って欲しかった気持ちもありますけど、事件性より、濡れ場&お仕置きが冗談抜きでメンイっぽいので、ま〜面白ければいいかな感じで流せてしまいました(笑)

揺れ場&お仕置きシーンは結構強烈です。
初エッチは媚薬から始まり、ウイスキープレイに、ローター、お風呂エッチ、公衆エッチ、オフィスで取り調べエッチ…
書いたのを見て頂いたら分かるんですけど、エロ尽くしで凄い(笑)
しかもどれもお仕置きバージョンプラスなので、どれだけ濃いシチュエーションかご想像していただけるかと…(笑)
ラブラブハッピーエンドじゃなかったら許せない展開でしたけど、最後はラブ甘展開なので安心してください。

そして、攻様視点の内偵日記!
これがノリノリだったのが面白かったです。

氷室の本当の正体も分かり、すっかり気に入られてしまう晶は…⁉︎
続編『マルサのお•し•ご•と』に続くのでした(笑)

エロ重視が苦手な方は避けた方がいいかもしれません。

0

ホストクラブに潜入した素直でウブな税務職員

 話の内容としては、税務署の職員として、男性専用ホストクラブへ潜入した晶が、そこで知りあった、厳しいフロアマネージャーにいけないお仕置きをされちゃう話……という感じでしょうか?

 なんていうか、それ以上に何の説明もしようがない話……だと、思います。
 えーっと、とりあえず、お客さんの一人にいけないお薬を盛られちゃった晶を氷室が助けて、そのままおいしくいただいちゃって、後はそのままずるずる……という感じで。
 晶はすぐに快楽に流されて、気持ちもそのまま一緒に流されちゃうから、あんまり抵抗もしないし……。

 後は、捜査がうまくいくかな? ってところが問題になるくらいだと思うんですけど。
 こういう話の受けの定石として、やっぱり受けはどんくさくて、結局、氷室に助けてもらうことになっちゃうんですよね……。

 そんな話でした。
 だから、あんまり中身ははっきり言ってないです。
 晶は一応は悩んではいますけど、それで何か二人の関係に……ていうことはないので、あっさり終わってしまう感じです。

 えっちでいちゃいちゃしてる話を読みたい人にはいいかなー、と思いますが、そ続きれ以外は読むのはイマイチかもしれません。
 個人的には、もう少し、主人公の葛藤とかそういう要素があった方が好きです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ