それはなにかとたずねたら

それはなにかとたずねたら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784592873181

あらすじ

高校を中退後、一人暮らしをしている笛吹椿は、借金を返すため昼間は洋服屋の店員、夜は清掃員のバイトをしている。ある日、椿は欧彦から「いい仕事」というものを紹介される。だが、その「いい仕事」とは「三木の愛人になる」だった。当然椿は拒否! でも社長さんは強引に……!?

表題作それはなにかとたずねたら

三木欧彦 風俗ビルのオーナー
笛吹椿 昼間は洋服屋店員、夜は清掃員のバイト

評価・レビューする

レビュー投稿数3

入り込めるかどうか

面白い展開のあるストーリーなのですが、
特にこの攻のノリにのっていけるかどうか
がこの作品を楽しめるポイントかと思います。
私自身、ちょっとノリ遅れた感があって、
全力で楽しめなかったのが残念でなりません。

高校を中退した笛吹は、バイト先で三木と出会う。
三木は人を食ったような性格で、
常におちゃらけていて、ずかずかと笛吹の中に
踏み込んでくるような大人です。
そんな三木は、愛人になるというバイトをもちかけてきます。

笛吹自身、知らないうちに三木に惹かれていってしまう
気持ちが、何とも切なくて。でも、強い男だったので、
単なる女々しい男になってないところが好き。

また、三木自身にも、心の傷があって、どれでも
ちゃんと向き合う最後の姿が良かった。

常におかしな掛け合いをする2人なので、
きっと楽しいこれからがあるんじゃないかな~と
思います。

0

It's LOVE、でしょう。

「愛人関係」…淫靡な響きですが、攻めの三木は未婚です。
ただ、お金でそういう関係を続けるという意味では
やはり愛人という表現がぴったりくるんでしょうね。

ノンケの椿がなぜ三木に迫られて
好きじゃなかったのに恋に落ちたか、が丁寧に書かれていました。
厚めの文庫でしたが、読み応えがありましたよ♪

榊さんは、飄々として掴みどころがない大人の男×
どこか冷めていながら本当は純真な男の子のお話が
非常にお上手だと思いました。

三木はふざけてばかりで、心の奥底は決して見せない。
椿は自分の事なんて誰もわかるはずが無いと思いながら、
実は誰かにわかって欲しかった。
気が付くと、三木には自分をちゃんと知って欲しくなっていて恋を自覚します。
家庭環境や過去の出来事、お互い嫌な思いをしてきたけれど
もう自分を無駄に隠すこともしないでいい相手に巡り合えて良かった。

お金で買われるという状況になった事がないのですが
(あったら凄いわ!)
初めは好きでも無い相手に抱かれて感じてしまって、
だんだん情もわき、恋に変わり、やりきれない想いに潰されそうになる椿。
続き今までもこんな相手がいたんだろうし、自分が特別なわけは無くて、
でも三木の特別になりたくなって…。
切なかったです。本当に読んでいてきゅーんってなりました。

あと、三木のネーミングセンスはどうなんだ?と思ってしまいました。
「テーラー寺田」とか「リアリー本間」とかw
椿を「笛吹」だから「ピー君」って!!
せっかくの色っぽいシーンで「ピー君」は無いでしょうに…。
いえ、いいんです。二人が幸せなら…。

北畠あけ乃さんのシンプル且つ雰囲気のあるイラストも素敵でした♪

榊さんの作品は心に残るものがわりとあるので
まだまだ私の中では強化月間中です。
会話が面白いんですよ。ふっと笑いたくなります。

1

この攻め、好きだーー

そして、受けも好きだーー。
しっかりしたストーリーで、しかもかなり分厚くて、読み応えのある作品でした。でも、お話が面白かったので、長さはあんまり感じなかったです。

お金を介在させた愛人関係からはじまる恋です。
この始まりって、なんか好きなんですよね。
お互いに好きあってるのに、「お金」を介在させることで、相手の「本気」が分からなくなっちゃうっていうシチュエーション。セックスの時の切なさが倍増すると思う。
しかもこの話は、始まったときは、相手のことがそんなに好きなわけじゃないんです。関係を続けるにつれて惹かれあうっていうのがいい。お約束として「内心では最初から惹かれてた」みたいな話もでてきますが、それはまあ結果論であって。

攻めの性格は俺様。冗談ばかり言うタイプです。真面目になれないから、余計に受けには「攻めの本気」が伝わらない。
受けの性格は意地っ張り。素直になれないせいで、攻めには「受けの本気」が伝わらない。
こんな二人が最後の最後にやっと素直になって、お互いに「なんでそれを早く言わないの」とせめ合うシーンに「ほんとだよー」と苦笑しながらも、きゅうううんとなり続きました。

「俺だってそりゃ、厭んなるよ。自分のこういう性格」
「俺も、自分が厭んなった」

よかったね…涙。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ