ロマンスとイノセンス

ロマンスとイノセンス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344801615

あらすじ

恋人が男だと父にバレて勘当された宇野は、全寮制の男子高校に通い始める。隣室の恵介に夢中になった宇野にイラつく同室の桜井は…。

表題作ロマンスとイノセンス

桜井 / サッカー部
宇野 / 写真部

評価・レビューする

レビュー投稿数1

もどかしい~。

同性の恋人の存在が父親にバレて勘当され、全寮制の高校へ通い始めた宇野。
恋多き男・宇野は、あっという間に、元彼に似た雰囲気を持つ隣室の恵介に
夢中になってしまう―。

宇野は、なんだかとっても女の子っぽい感じです。
それなりに、男の子らしい一面もあるのですが、
好意を持った男へのアピールの仕方とか甘え方が、ほとんど乙女(笑)
恵介との関係は、恵介の双子の兄にバレたことにより
責任を全て押し付けられた形で、逃げられて終わってしまいます。
あーもうっ。この子、男の趣味悪いなぁ…と、もどかしい気持ちになりました。

両親の離婚も重なって落ち込む宇野に、
口は悪いものの不器用な優しさを見せる同室の桜井。
そして、宇野は、好みのタイプじゃなかったはずの桜井が気になりはじめ、
桜井も、宇野を意識するようになります。

お互いに意識しはじめてからの二人のやりとりが、
なんともぎこちなくて笑ってしまいました。
妙なムード消しの為に、わざと無神経な質問をする桜井とか、
桜井生着替えに、ドキドキしちゃう宇野とか、純情路線ですねー。

残念ながらこの二人はチュー止ま続きりでした。
続編があるなら是非読んでみたいです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ