純血の檻

junketsu no ori

純血の檻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784044342203

あらすじ

『荒神』に魅入られた少年・洸一と、自らの血を呪う少年・剛志の究極の愛!!「荒神」をその身に封じるという宗主の狂気に、慰みものになる役を背負わされた洸一。幼い頃から自分の忌まわしい血を呪う剛志は、10年に一度の神事に乗じ荒神の封印を解こうとするが──!?

表題作純血の檻

本城剛志 三原一族の血を濃く引く者
高村洸一 剛志の遠縁

評価・レビューする

レビュー投稿数2

星1つもつけたくないが。。

吉原さん初読み。

正直に言って、全くおもしろくなかった。というか、読むに値しないと感じた。小説になってない。紙書籍なら紙がもったいないと思う。

まず、文体がとても変。ほぼすべての句点を読点にして改行するのがお好きなようで。
 でも。
 そして。
のように。また、体言止めや、~して。~で。のような文がほとんどでぶつ切り感があり読みにくいことこの上ない。堅い文語調表現があるかと思いきや”自己チュー”など現代用語もあり統一感がまるでない。

内容も文章も自己陶酔感があり、作品として他人に読ませるものになっていない。内容を楽しむまでいかなかった。

以前、定広美香さんが何かの作品の後書きで、「こんなオ○ニー漫画を読んで下さって。。」のようなことを書かれておられたが、そのときはなるほどと思い、むしろ自覚して書かれていることに清々しいとさえ思いました。

この作品はそれ以前の話でした。。


0

吉原理恵子耽美ワールド

読み終えてから知ったんですが、三部作みたいです。まだ続きは出てないみたい。なので伏線は回収されままでモヤモヤが…続きが読みたい…。
しかしさすが吉原理恵子というか、やっぱこういう世界観の作品を描いてる吉原さんは、迫力あります。レイプもちゃんと「レイプ」なのが好きだ。鬼畜です、まさに凌辱。レイプになってないレイプってBL作品には多いから、ちゃんとしたレイプ(?)はゾクゾクするw
荒ぶる神につかえる一族の古い因習を背景に、その一族の人間たちの愛憎とか、神にとりつかれた人間の狂気めいた性欲とか──まあ、まだ謎だらけです。
とにかく日本的な「神」の概念にゾクゾクした。西洋風のファンタジーより、こっちのほうが好きだ。
残虐にレイプされる洸一よりも、血みどろで真言を唱える剛志に、一番のエロを感じてしまった。こういうシーンって、私のフェティシズムを刺激するんだよね。
三部作が出揃うまでは評価を定めにくい作品だなーと思ったんだけど、とりあえず萌えました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ