キスの温度

キスの温度
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
16
評価数
7件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403520655

あらすじ

忘年会の夜、アルコールの酔いに流されるように麻生と寝てしまった智里。それ以来、毎日のように部屋に来てはキスだけをくり返す麻生に、智里は戸惑いつつも抗えずにいた。ところがある日、麻生に女がいるという噂を耳にする。麻生は何で俺にキスするんやろ、何で俺は拒めへんのやろ―?改めて自分に問いかける智里の出した答えは?大量書き下ろし「もっと強く抱きしめて」も収録。

表題作キスの温度

麻生直孝/大学生 モデル並の目立つ容姿
岡田智里/大学生 一見地味だが印象的な目を持つ

その他の収録作品

  • キスの温度
  • もっと強く抱きしめて

評価・レビューする

レビュー投稿数2

んー

久我有加さんの小説で、はじめて読むのをしんどいと思っちゃった小説でした。
恋に不器用な大学生二人の焦れったいすれ違いラブなんですが、共感して切なくなるより、『なんでそんなことで…贅沢な悩みすぎるヤロ…』と思ってしまった。
主役の二人ともを、いまいち好きになれなかった。

『親戚のお姉さんを恋人と間違う』とか『実の兄と話してるのを見て、勘違いしてショックを受ける』みたいな展開はよくありますが、これ私あまり好きじゃないんだよね。
一言確かめてみたら解決する独りよがりな悩みなわけで、タネが分かりきったこのネタで長く引っ張られると、疲れてきてしまうのだ。
今作ではそれが二回もあったので(主役二人とも、順番にやらかしたw)、本当に疲れちゃった。

0

麻生の態度にイライラ

麻生直孝(大学生 モデル並の目立つ容姿)×岡田智里(大学生 一見地味な見た目ながら印象的な目を持つ) ≪関西弁≫

忘年会を兼ねたコンパの後、麻生と二人で智里の部屋で飲み直す事になりますが、突然麻生からキスをされ呆然としている間に寝てしまいます。翌朝酔いのせいにして昨晩の出来事を流してしまった智里ですが、それから毎日麻生は何気ない様子でキスを仕掛けてくるようになり……

ヘタレな麻生に振り回される智里が不憫で不憫で…。恋愛経験が豊富ではない智里に対し駆け引きめいた行動を取り続け、智里が自分の気持ちを自覚するのを待っていた(それまで麻生自身は自分の気持ちを明かさずキスだけする)という麻生の態度にイライラしてしまいました。二人が付き合うようになっても、ちょっとしたすれ違いがあるとすぐに弱気になり逃げ腰になってしまうヘタレさにもまたイライラ……。

結構なヘタレ好きの私ですがこういうタイプはちょっと趣味じゃなかったです。まぁ家庭環境(両親との関係)のせいで、過去には刹那的な恋愛を繰り返していたくせに、初めて本気になった智里に対しては臆病になってしまい、そういう行動を取ってしまうと続きいうのは分からなくはないのですが、それを納得する以上にイライラが勝ってしまいました。麻生の叔母(叔母だけど同い年)が麻生に対してしょっちゅう文句を言っているのですがホントに同感で「もっと言ってやれ~!!」と後押ししたくなりました。

話の内容的には良くもなく悪くもなく…といった感じだったのですが、麻生のキャラがイマイチ好きではなかったのでその点をマイナスして[中立]にしました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ