凛-RIN-!

rin

凛-RIN-!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
74
評価数
19件
平均
3.9 / 5
神率
36.8%
著者
  
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199602085

あらすじ

弓道部の高校二年生、桂(かつら)は極度の上がり症。 そんな桂の全校公認(!?)の秘密兵器――それは 兄の親友で幼なじみの草(そう)!! 人目も気にせず 草に抱きしめられると、なぜか一瞬で緊張が 治まるのだ。でも甘えてばかりもいられない…。 草からの自立に悩む桂に、親友の香一(こういち)が突然、 「俺じゃ代わりになれない?」とキスしてきて!?

表題作凛-RIN-!

その他の収録作品

  • 残暑お見舞い申し上げます

評価・レビューする

レビュー投稿数10

爽やかな青春物語

ドラマCDから原作へ。
弓を射る描写とか難しいんじゃないかと思いますが、
立ち姿とか絵がとてもきれいで、安心して読めます。
弓道には詳しくありませんが、
大会のぴりっとした空気感まで伝わるようです。

えちはキスどまりですが、
親友と幼馴染と恋と部活と
若さゆえに悩む桂に好感が持てます。
草も年上(桂の1年先輩)とはいえ、まだ子供なんですよね。
副部長だし、しっかりしているようで、
感情のコントロールが上手くできなかったりして。
桂の兄・大和や父親、香一など、
桂の周りにいる人々がみんないい人で、
桂の成長を温かく見守っている感じがいいなぁと思いました。

1

凛とした射手たち

長くなるので、内容紹介は他の方のレビューを参考にして貰うとして、魅力溢れるキャラクター達をそれぞれが持つ射風と一緒に紹介していきます。

まず、受けの桂。顔立ちは可愛いけれど、中身は結構頑固で負けず嫌い。
真面目な性格ゆえに甘えちゃいけないって一人でグルグル悩んで頑張ろうとしますが、そんな姿が逆に庇護欲を誘っている。
透き通っていて真っ直ぐな子な故、弓については心がそのまま反映されちゃうので浮き沈みも多いが、自分にしか出来ない型を見つけるため奮闘中。

攻めの草。綺麗で静謐な雰囲気を持つ一見大人びた冷静な男。
射風は「柔の弓」と言われ、優美で美しい型。
なのに、桂のこととなると、とたんに子供っぽくなり、態度や顔にも表れてしまうところが可愛い。あまり周囲には興味なさそうなのに、桂に対しては執着力が強く、独占したがる。

親友の香一。当て馬には勿体ないくらいの存在感。
常にマイペースでのほほんとしてるが、大事な場面では必ず決めてくる。
センスが高く、鋭い弓を持って確実に的を射ぬく。
桂を好きな気持ちを持ちながら上手く自分を押さえ込んで、尚且つ草に対抗したり、桂の為続きに本気になる姿はかなりの男前。

兄の大和。名の通り、きりっとした男前。剣道部の部長で、インハイ2位の高い能力の持ち主。
「剛の弓」と呼ばれる力強い弓を持ち、常に気迫を持って的に臨んでいる。
かなりの兄バカながらも、弟の桂だけではなく、親友の草や後輩の香一のことも気にかけ、時に厳しいけれど胸に響く助言を与えてくれる。
この大和が出番少ないながらも、作中一番好きでした。


こんな凛とした男前達が、弓道を通して恋に悩みながら真っ直ぐに進んでいく姿は見てて清々しく、自分も本気で何かに向かいたいな、と思わず奮起させてくれます。

-あと、実は漫画って小説と違い、限られたページ数の中、殆ど絵で表現しなければいけないからか心理描写が少なかったり唐突だったりして、今まで何となく敬遠していたんです。
ですが、この作品はそれぞれが弓を引く姿から言葉以上の想いや魅力が伝わってきて、これは漫画でしか表現出来ない、漫画だからこその作品だと強く感じさせてくれました。

とても素敵な作品なので、是非沢山の方に読んで頂きたいです。

1

袴姿が様です

 弓道部で二年生の桂は、緊張すると、同じ部でひとつ上の草に抱きしめてもらうと落ち着くという、何ともかわいい性格の持ち主です。

 昔、桂を守ろうとして、桂の父が車にひかれたこととき、草が桂に抱きしめ、落ち着けたというところからこの「おまじない」は続いています。
 
 草が女子から告白されていたり、桂が他の男子に口説かれていたりと、すれ違っていく二人です。最後に、草、大和、桂、桜沢と一緒に行った海で、初めてお互いの気持ちに気づきます。迷いが弓道に直に出ていた二人ですが、あっという間に乗り越えていくのは、力強くて頼もしい。

 ストーリーも絵もとてもきれいで、弓道を通して青春を描いています。Hシーンはありませんが、本当にみんな凜としています。

1

大好きです

BL作品を読み始めた頃に出会った作品です。
神奈木智さんと穂波ゆきねさんのお名前を知ったのもこの作品で、BLの魅力を教えてくれた、私にとっては印象深いお話でした。
正にタイトルの「凛!」が相応しく、作品全体に流れる清涼な空気、高校生の主人公たちの瑞々しさ、真っ直ぐなところがとても魅力的です。
弓道が取り上げられた作品は他にも読んでいるのですが、この作品ほど深く弓道を見つめたBL作品は珍しいんじゃないでしょうか。
私は弓道は全く経験がないんですが、弓道に限らず、日本の武道の底に流れる精神的な道を極める姿勢がとても日本的でいいな、と思いました。

ちょっと主人公たちの魅力に触れると、頼りなげに見えてそうで、実は肝心な所はしっかりしている可愛い桂と、普段はクールなのに桂に関してはとっても独占欲が強く、敏感に反応する草がやはり私は気に入っています。
桂の兄や親友も魅力があって、お話になくてはならない存在なのもいい^^。
大人っぽい草にぐいぐいと引っ張っていかれる初心な桂がとっても可愛いです。

3

もうっキュンキュンするっ!

すごくすごく真っ当な青春ラブストーリーを読んだ気がします。
甘酸っぱい感じとかがぎゅっと詰まってました。

受けがあがり性で、先輩におまじないみたいにギュッとしてもらうんですが、それがもう可愛いやらドキドキするやら萌えるやら……。
そんな感じなんで女々しい子かなと思いきや、すっごい一本芯の通った、ホント「凛」とした子で、カッコよかったです。

そんで私は、お友達の香一君がすっごい好きでした。
この、ちゃらっとしてても肝心なところは外さない感じとか、素敵過ぎます。
只でさえ袴姿はそれだけで萌えポイント1.5倍って感じなのに、さらに弓道上手いとか、ずるいです!

兄馬鹿さんも素敵だし。
すべてのキャラがそれぞれ違った魅力でキラキラしてて、とっても素敵なお話でした。

私正直、神奈木さんの小説は相性悪くて、「キャラも設定もストーリー展開も全部ツボなのに、なんでこんなに面白くないんだろ?」と思っていたのですが、この漫画を読んでやっぱり「萌えポイントは一緒なんだよな」と再認識しました。
たぶん神奈木さんの文体が合わないんだと思います。
なので、設定やストーリーだけ生続きかして、こうして他の方に描いていただけると、すっごく萌えられて嬉しいです♪

2

きゅーん

うはー、とてもステキな青春ストーリーでした。
めっちゃキュンキュンさせられました。
キスはいいね。エッチよりキスで萌えさせてくれる作品のほうが好きです。
穂波ゆきねさんの絵が、神奈木智さんの原作にぴったりでした。
穂波さんの絵、やっぱり好きだなー。キスシーンとか抱き合うシーンとか、いちいちマジマジと見とれてしまいました。身体のラインとかも、すごい綺麗。

先輩×後輩で、幼なじみというカップルです。
主人公は上がり症なんだけど、先輩にギュッとしてもらうと落ち着くことができる。
でも、いろんなことがあって恋愛を意識するようになって、二人の関係はギクシャクしはじめる。
カッコイイ攻めが意外と不器用で鈍かったというのもツボ。
可愛い受けが、ストレートに気持ちを打ち明ける強さを持っていたというのもツボ。
番外編にも萌えました。
この二人、ほんと可愛いよ。

2

ぎゅっ!に萌・・・!

なんといっても、ゆきねちゃんの絵がカワイイですね。
そして、部活では弓道、いいですなね。
道場着が題名の凛と、マッチするように、すがすがしく、
色気もあって、ボーイズラブには欠かせない、アイテムではないかな?

子供らしい桂、と大人っぽい草、早く恋愛に気が付けと応援したくなる
作品だと思う、ライバルも現れ、草頑張れですね。

弓道のシーンは、とても素敵で、別の意味、スポ魂アニメにも通ずるかな?
続きが、早く見たいですね。

1

キュンキュンしすぎて胸が痛いよww

幼馴染みモノなんですが、ものすっごくキュンキュンしました。
神奈木さんの小説はそれほど私の好みではないのですが、この作品は素晴らしかったですね…!
王道の青春漫画でありながら、それぞれの登場人物の魅力が凄かった。
当て馬役であろうと魅せ場があって、当て馬にしておくのがもったいないくらいでしたw
また弓道部を舞台にしており、弓道の魅力にも惹かれます。
お子ちゃま・桂の弓道を通した成長も一つの見物だと思います。

上がり症の主人公・桂は、年上の幼馴染み・草に抱きしめてもらうことで、その緊張が和らぐ。
しかし高校生になった今、そろそろ草から自立しなくては…と思う反面、
モテる草に彼女ができるのがイヤでたまらない。
そんな自分の気持ちを持て余す一方、親友の香一がキスをしてきて…
という桂ハーレム物語(笑)
自覚はないけど、お互い好きなことは一目瞭然。
草から自立したい桂、そんな桂につけ込む香一、そしてそんな二人の様子を見て嫉妬に燃える草。
最悪のタイミングで3人の想いが交錯し、桂と草の関係は最悪に。
正直この1巻はなかなか苦しいです。
桂と草、好きなくせにすれ違続きいまくりな二人が痛い。
桂は自分の想いにすら気付かず、草に避けられる理由もわからず、一人で悶々と過ごします。
そして鈍感な桂は香一の気持ちにも全く気付かない。
見る人によっては桂はすごくイライラするキャラかも。
鈍感で優柔不断、悪く言ったら無神経。
それでも天真爛漫で頑張り屋さんだから、みんなから好かれるんですよね。
私はそんな桂が可愛く思えたのですが。
草もカッコよくて弓も上手くてクールなキャラなんですが、
桂のこととなるとムキになってイライラするわ取り乱すわ。
年上で余裕なキャラが好きな相手にだけ余裕をなくす姿にはめちゃくちゃときめきます!

1巻で二人の仲をあと押ししてくれたのは、桂の兄であり草の親友でもある大和。
この大和がまたまたステキな男なんですよね~
多分このシリーズ通して一番の男前でした。
草とは対照的に体育会系で熱血漢な大和。
でも弟バカで桂を溺愛しているというところも可愛くて彼の魅力の一つ。
自分の弟と親友がホモになろうとしているのに、二人の幸せが一番、と後押ししてくれるんです。
なんて素敵なお兄様なんでしょう!!w

1巻では桂と草がくっつくまで。わりと恋愛メインで進みます。
「好き」の一言や、キスシーンだけで(しかもフレンチw)ここまで胸がときめくのも久しぶりです。
恋愛と一緒に弓道も、またそれを通した彼らの自己成長をみられるのも魅力でしょうか。
2巻以降は弓道や桂の成長にも重点を置いていますので、そちらもお楽しみに!

3

静かな水面の様に

実は、本作を評者は敢えて遠ざけていました。

偶然の一致なのだと思いますが、緊張を解きほぐす為の抱擁、
と言う一挿話を他の穂波さん作画作品で先行して観ていた為
冷静に味わえるかどうか猶予が欲しかったのです。
これはきっと偶然の悪戯でしょう。細かい設定は違いますし。
そう言う訳で、味わってみる踏ん切りがつきました。

恋心を自覚してから、その恋心に恥じない様に強く在ろうとする
桂の眼差しに良いものを感じました。
それまでのただ思い込みだけの直向さとは違い、自分を見据えた
上で直向であろうとするその強さ。
その強さが一瞬のきらめきを生み出すのでしょう。

4

おまじない効果

大事な場面で、このおまじないがないと成果が出せない桂は、そろそろ草のおまじないから自立しないと…と思う。
草が自分にしてくれる行為は、ボランティアだと聞かされ自立の決心を固める。
しかし草の代わりを桂の親友・香一が名乗りをあげると、なぜか余計に草の事を意識してしまう。
それから草に抱きしめられると、落ち着くどころか動機が激しくなってとても穏やかでいられない。
草も本当は桂が好きなんだけど…、幼馴染の枠から抜け出せない二人なんだけど…。

弓道という部活を通じて、曖昧な自分を見つめなおし、草にも弓にも凛とした態度で挑む桂。
恋愛と弓道と、どちらも少しずつ成長していく高校生らしいストーリーでした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ