恋の道は危険がいっぱい

恋の道は危険がいっぱい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784829653050

あらすじ

修行嫌いの伊賀忍者の末裔・大江忍信が祖父から命じられて忍び込んだ家は、なんと忍信が通う高校の生徒副会長・壬生直中の家。ドジをして見つかった忍信は壬生に押さこまれ、最後までやられてしまった!
しかも壬生の祖父からは忍びの特訓を受けさせられることになり、毎日壬生に家に連行される始末。見た目の美しさを裏切りヘンタイちっくな壬生から逃げるに逃げられない忍信は、壬生に翻弄されっぱなしで・・・!?平成なのに忍者なボーイズラブw

表題作恋の道は危険がいっぱい

壬生直中(伊賀忍者の末裔)
大江忍信(伊賀忍者の末裔)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

平成の忍

忍者です(・ω・)/
この平成のご時世に忍者でございますww
伊賀忍者の末裔である・忍信くん。
ちょっとアホ。
偉大な伊賀の忍者だった祖先は今は昔。父は普通のサラリーマンだし、家のローンはまだのこってる。小さいころは忍者も良いなと思っていたものの、爺さんの修行攻撃で今や修行のしの字も聞きたくない。
そんなある日、業を煮やした忍信と爺さんは取引を交わす。
同じ伊賀忍者の末裔である壬生の家に忍び込み、巻物を無事盗み出せれば修行から解放!にこぎつけた。
さて、それは果たしてうまくいきますか……!?


忍び込んだら、躾られたドーベルマンが骨ごときで従順になり、屋根裏は綺麗に掃除されている。
親切にも、部屋の間取りまで壬生さんから預かっているという、ちょっと緩い設定(笑)
なのに、足踏み外して落ちて。
挙げ句落ちた先にいた、壬生さんちの息子さんに犯されてしまうというトコトンぶり。

なんともなんとも。
キャラクター。
忍信くんは、先ほどからいいますように、チビのアホっ子。3歩進めばさっきまでの嫌な事も忘れてしまうという羨ましい脳みその持ち主。
可愛いのです。
アホっ子がいたぶられてる姿に萌える続きww

壬生さんは、なんと生徒副会長。実は近隣をシメている、実質生徒会長と噂される男。
スマイルの影に隠れた黒い部分が恐ろしく胸を掻き立てます。
どこの作品にもいる、爽やか笑顔のドSキャラ。
ニヤニヤがおさまらん(笑)

ストーリーも、ほのぼのドタバタラブコメディというスタイルで、終始たのしくよめました。
キャラクターが好きなんですよね。

ただ、最近よく思う恋愛面。
『好き』『俺も好き』
これだけじゃダメなのよ\(゜□゜)/!!

エロ度
アマアマ度
高めな作品。

好いた惚れたを突き詰めなければ、楽しい作品。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ