パパ、ドントcry

papa dont cry

パパ、ドントcry
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネノベルズ(小説・マガジン・マガジン)
発売日
価格
¥819(税抜)  ¥885(税込)
ISBN
9784914967567

あらすじ

世間に隠れてホモ小説を書いている、人気やおい作家の高瀬まみ(♂)。その事実を娘に知られてしまい、あげくの果てに御近所に住むゲイのエリートビジネスマンに体まで許してしまうハメに…!? JUNE全集『秋月こお』(絶版)に収録され「もしや作家の実体験!?」と噂された幻の話題作+書き下ろし外伝『ピクニック』の全2編を収録。パパ、ドント暗い!?

表題作パパ、ドントcry

ゼファー(大型コリー犬) のパパ
バツイチの人気BL作家なパパ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

BL小説家♂が主人公です

高瀬まみというペンネームを持つ、人気BL小説家(男)が主人公のお話。
主人公は優しい性格のバツイチで、リーマンとBL小説家をしつつ、シングルファーザーをしている。
そろそろ思春期になる娘に、BL小説家であることがバレてしまい、慌てふためく。そんなとき、近所に住むゲイの男にナンパされ、男同士のセックスを初体験してしまう――。

ファミリーコメディです。設定も面白いんですが、話の中身も面白かった。
『こんなエロエロなホモ小説を書いてるのを、年頃の愛娘にバレたらどうしよう…』と内心でオロオロドキドキしてる描写なんて、作者の実体験も入ってるんじゃないかと、要らぬ推測までしてしまいそうになりましたw
ラブ度は低いですが、実はBLの大ファンだった娘がキューピットになって、父親と近所に住むゲイの男を結婚(?)まで導くんじゃないかと、そう予感させる結末でした。
続編読みたいな。
あとがきでは続編を書くか書かないか微妙みたいなことを書いてましたが、あるのかな?調べてみよっと。

私、こういうメタフィクション的な設定は、ミステリーファンだった頃から大好きなんですよね。

1

パパ、気が弱過ぎるよ。

気が弱いというか小さいというか・・・・・でもそれでいて、結構見栄っぱりの意地っ張りで、BLだってバレるとあたふた動転するくせに、普通のアダルト小説書いてるとかなら娘に言ってもいい、結構ボケツまで掘るパパさん、嫌いじゃないです。

「もしや作家の実体験?! 」とまで噂されたの、なんか分かるなぁ~
パパをはじめ、中一の娘に別れたママさん、攻めの人、攻めが飼ってるコリー犬、全部のキャラがなんか実際にいそうな位リアルなんだもん。

面倒身が良くて、受けラブな攻めに、すっかり友情以上に頼り切っちゃって、ラブラブではないものの、殆ど合意で、キスやセックスまでしちゃうくせに、まだ「ゲイじゃない」と言い張るパパさんはどうかと思うけれど、まぁこのパパさんに限ってはソレもありって感じします。

私的には、ラスト近くの、攻めと中一の娘の会話がすごくかわいくてツボでした。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ