やさしさは罪の香り

やさしさは罪の香り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
5件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルスHYPER(小説・心交社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784883028337

あらすじ

敬愛する兄に頼まれ、高校生の碓井遠流は道路建設計画の凍結を回避するために、政治家・菅江慎一にその身体をさしだすことになった。
しかし、それは信じていた兄の策略だった!取引を持ちかけてきたのが菅江からだと誤解している遠流は菅江を憎み、菅江は兄のために自分に抱かれ、尽くす健気な遠流をしだいに愛し始めていた。
たがいの重い伽に束縛された二人の関係は、利権がからみ複雑になっていく。
やがて遠流の存在は、聖域で生きる男を高みから降ろそうとしていた…!!ハード・ラブ・ロマン。

表題作やさしさは罪の香り

菅江慎一・将来の首相候補とも目される政治家・34歳
碓井遠流・碓井建設会長の妾腹の息子・17歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

健気な二人

内容が題名に沿っていると思いました。罪の香り…かはどうかとして、「やさしさ」がポイントなのは間違いありません。

愛情に飢えている遠流(受け)は、兄・由之の優しさに騙されて、菅江(攻め)に抱かれます。由之の優しさが偽りだと知らされショックを受けた遠流は、菅江の優しさを信じることができず…という内容です。

由之に尽くす遠流は間違いなく健気ですが、菅江も遠流に信じてもらおうと一生懸命になって健気といえば健気です。

あらすじからも推測できますように、エロ満載です。ただ、遠流は菅江が初めての相手であり、由之の計略で他の男に強姦されそうになりますが未遂でしたので、エロは菅江×遠流のみです。最初から最後まで満遍なくやってます。

一番のポイントは、大人の菅江が、少年である遠流に何故手を出すのかになると思うのですが、そのあたりの菅江の感情は上手に書かれています。単に衝動のままじゃないので、受け入れやすいです。

全編を通じて登場人物の言動をきれいに説明して書いてくれているので、すれ違った原因や感情的になった理由が分かりやすいです。

緑子(菅江の母親)、中川(菅江家の使用続き人)、宗一郎(遠流の父親)と、キャラの立った登場人物もいて、二人の関係に花を添えています。

最後がエロで終わってしまったのですが、穏やかな後日談のようなものがちょっとあるとなお良かったなぁと思います。

3

不幸受け

建設会社の社長とその愛人との間に生まれた遠流(受け)。本宅に引き取られたものの、父の愛情からではなく成績が良い優秀な息子が欲しかったからという理由で、生みの母から憎まれ、養母からは疎まれ、唯一優しくしてくれるのは腹違いのお兄さんだけという環境にいます。
そのお兄さんから、会社が受注している道路建設の件で政治家である菅江(攻め)の口利きが必要と言われ、お兄さんの力になりたい!と覚悟を決め攻めのもとに赴く受け。

凌辱、凌辱、裏切り、精神崩壊って感じでかなり可哀想な受けでした。心の拠りどころだったお兄さんの本音を知るシーンとか・・(T_T)
攻めも別に最初から受けを性的にどうこうしたいと思ってたわけじゃないんだけど、結構鬼畜なんですよ・・特に最初のHなんてまさに悪い政治家です。
でも信じていたお兄さんに裏切られ、自分なんか誰からも必要とされない人間だ、と絶望した受けに根気よく愛情を与えるんですね。それでなんとも思い切った行動に出てしまう。ここは正直なんでそうなる?と思ってしまった。

「育て直し系」っていうんでしょうか、愛情不足の受けを攻めが(ある意味では)救う、みたいな。少続きし前に和泉桂さんの『夜ごと蜜は滴りて』を読んで、個人的にかなり良かったんですが、あちらもそういう感じがあったんですよね。もしかして私「育て直し系」好きなのかなぁと思いました。
ただこちらは健気な十代の少年が大人の好き勝手にされてるのでそのあたりで好みが分かれそうです(^_^;)

エロに関しては、凌辱好き、「先生呼び」好き、な方には間違いなくおすすめです(笑)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ