おたわむれをプリンス!?

otawamure wo prince

おたわむれをプリンス!?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
8
評価数
5件
平均
2.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アイス文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784775501108

あらすじ

商社マンの徹は、サウジの王子、カディールに商品を買ってもらおうとアポイントなしで交渉にいくが、彼の部屋に通され商品を買ってもらえると思ったら、突然襲われて!?

表題作おたわむれをプリンス!?

カディール アラブの王子様
榎並徹 サラリーマン

その他の収録作品

  • おたわむれをプリンス・イン・アラブ!?
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

チキチキバンバン!

1997年出版アイスノベルズを文庫化したものです。
表題作と続編の2作品が収録されています。描き下ろしショートはありません。

表題作「おたわむれをプリンス!?」は徹(受け)がカディール(攻め)にサウド王国へ連れ去られるまで、続編「おたわむれをプリンス・イン・アラブ!?」はカディールの第一夫人として軟禁される日常です。

CD化もされているだけあって、テンポよい甘くエロい内容で面白かったです。

カディールはアラブものでよくある「強引でエロいおしおきをするセレブ攻め」ですが、主人公の徹がとにかく元気です。「チキチキバンバン野郎」というテンションの高さについていけないと疲れるかもしれません。契約してくれるかもという計算でカディールに抱かれますし、何度も逃亡を企て、とにかく反抗します。カディールが一枚上手なので私は楽しめたのですが、そんな徹の思考が苦手な方もいるだろうなと思いました。

それと、ストーリーの視点が徹とカディールだけでなく、召使や先輩などころころ入ってきますので、ドラマみたいで面白くはありますが、その人の視点の冒頭部分では誰の話か分からず戸惑いはありました。続き途中でああなるほどと気づきはするのですが、ちょっと読みづらく感じました。

安芸先生の人気作品「明日も愛してる」のようなシリアスで切ない話とはまったく違いますが、コミカルなアラブもの好きにはお勧めだと思います。

0

微妙

いろいろ合わなかったんだけど、最初に読んだアラブ物だったので、設定だけは新鮮だった。

1

B級の楽しさ

作品全体に漂うアホアホB級臭に、好みが分かれるような気がします。
私は結構、B級のノリが好きなので、楽しめました。
サラリーマンとプリンスの全く噛みあわない会話や(これでどうやって恋に?!)、
ぶっ飛んだアラブのお金持ちっぷりが笑えて、気持ちが良かったです。

ただ視点がコロコロと変わるのが、やや読みにくかったです。
今までサラリーマンの視点だったのに、いきなりプリンスの視点にチェンジし、
あれ?このモノローグや台詞はどっちの?と、たまに混乱することがありました。

「明日も愛してる」の作者とは同一人物とは思えない弾けた作品で吃驚です(笑)

1

ドタバタとエロ

読むのに時間かかりました。他の本に浮気しつつ、二週間ぐらいかけてなんとか読みました。
あまりにもつまんなくて…。
アラブの王子さまに誘拐されてハーレムに入れられてエッチしまくって、そのうち恋心が芽生える、みたいな話です。
文章が下手すぎて、辛かったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ