きみのとなりで眠りたい

きみのとなりで眠りたい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
二見書房
シリーズ
Charade books comics(シャレードブックスコミックス二見書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784576030029

あらすじ

大学生の裕人が一人暮らしを始めたその部屋は、チェーンが壊れて使えなくなっていた―。それをいいことに、隣人・高須が裕人の部屋に侵入してきて大迷惑。針金一本で鍵を開ける特技を持つ高須は、毎晩ずうずうしく裕人の布団に潜り込んでくるのだ。人とつきあうのが嫌いで、誰とも関わりあわずにいたいと思っていた裕人だが、高須のペースに呑み込まれ、次第に心を開き始めて―。
不器用な二人のステップアップラブストーリー。

表題作きみのとなりで眠りたい

高須美由紀・大学3年生
倉持裕人・大学1年生

その他の収録作品

  • となりにいること
  • きみがとなりにいてほしい<前編> <後編>
  • いつもとなりに
  • そして羊は迷走する
  • その後のおとなりさん
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

きみのとなりで眠りたいレビュー。

リーマンモノ、ビジネスネタの魔術師・角田緑さんの初コミックスです。

主人公「裕人」は家族との関係で、他人に心を開けない大学生。アパートの隣人はそんな主人公にちょっかいをかけまくり。
と、まぁ、アパートのお隣さんとくっ付いちゃう話です。強引な隣人登場ってあたりで展開的には先が読めるんですが、主人公の従兄弟やらゼミ仲間やらも登場して2人を引っ掻き回して……まぁ、いいスパイスになったよねって感じでまとまります。ドタバタ感がなんか落ち着く不思議な作品。

初コミックスなので、漫画描き慣れてないな、って感じがします。あと描写が結構古い。あのカケアミとかリアクションはちょっと昭和のかほり…。
でも角田さん、会社に勤めながら同人やったり漫画描いたりそういう面では経験豊富なのでちょこっと挟む小ネタがリアルで好きです。絵も画面構成も拙さを感じるけど、ふと温かく表情の描き方や視線の向け方なんかは角田さんらしいなと思います。
うん、角田さんのデフォルメ絵好きだなー。

あと、ドラマCDにもなっています。井上和彦さんを音響監督に迎え、福山潤さんと成田剣さん、声優陣豪華ですよ!
ただちょっ続きと、動物の鳴き声がなんか妙だった。効果音も気になる…。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ