無慈悲な夜

無慈悲な夜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルスHYPER(小説・心交社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784883028351

あらすじ

「綺麗な貌だ」―政治家である兄の秘書を務める久慈梓は、ホテルのエレベーターの内で、見知らぬ男から不躾な言葉をかけられた。
その男は東京地検特捜部検事・遠峰正敬。
梓の父、久慈代議士を刑事告発しようと捜査を進めている検察官だった。
後日、事情聴取を受けることになった梓は、遠峰から取引をもちかけられるが、それを拒み、手段を選ばない遠峰に体を奪われてしまう。
情事の写真を撮られた梓は遠峰に従うしかなかった。
酷薄で官能的な夜の幕が開いた―判決をくだすために。

表題作無慈悲な夜

受様の父に疑惑を抱く東京地検特捜部検事・遠峰正敬
父の捜査の為に目をつけられる政治家秘書・久慈梓

評価・レビューする

レビュー投稿数1

三角関係

攻とガチ兄による、受争奪の三角関係です。
攻は強姦の上に脅してくるし、それを知った兄はキレて監禁凌辱に走っちゃうし。
美人は何かと大変ですねぇ。
気持ちはわかりますけどね。反応も清純で可愛いし。征服欲や支配欲をそそるタイプというか。

でもこれ、もし兄が早々に素直になっていれば、兄の方とくっついたんじゃないかなぁ。
政治家なので体面を捨て切れなかったのが敗因でしょうか。
兄弟モノも好きなので、それはそれで見てみたかった気も。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ