ヤヌスの末裔

Janus no kagami

ヤヌスの末裔
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784062556613

あらすじ

レンタルビデオ店で偶然出会った男は、謎かけのような言葉を口にした。
なぜかその男と関係を持ってしまう佑。
高校に入って間もない加賀佑は、初めて見た生徒会長の克哉をその男と勘違いするのだが、彼が男の双子の弟であることを知らされる。
男とつきあいながらも、佑の心はしだいに克哉に傾いていく。
ところが彼らには、佑の知らない秘密が隠されていて――。

表題作ヤヌスの末裔

舛田克哉、高校2年生、17歳/克弘、双子の兄
加賀佑、高校1年生、15歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

双子の秘密がカギです

謎の双子の兄弟を愛した高校生のお話です。よくある、双子たちとの3Pモノかと思ったら、最後にどんでん返しがあって意表をつかれて面白かったです。

高校生の祐は、レンタルビデオ屋で探していた作品を見付けて喜んでいると、一人の男に声を掛けられます。その男・克弘は、祐と同じマイナーな作品が好きで、意気投合した2人。
そして、克弘の家には、他にも祐が喜ぶ作品がたくさんあるから来ないかと誘われます。いつもは、警戒心の強かった祐なのに、趣味が合ったこともあって誘いに乗ります。そこで、祐は克弘と関係を持ってしまいます。
だけど、克弘は下の名前しか教えてくれず、正体も分からないままで。

でも、お互いに一目惚れだったと気付いた次の日、学校でぶつかったのは、克弘そっくりの人物でした。てっきり克弘かと思ったら、その人は克弘の双子の弟の克哉で。
驚いている祐に、克哉は告げます。「ずっと好きだった」と…。
顔は同じだけど、性格は全然違う2人。でも、祐はどちらにも惹かれていきます。どちらか一人なんて選べないと悩んでいると、2人の大きな秘密を知って…。

題名が2人の謎を解く鍵になるんだけど、最続き初の方でアレ!?と思う場面がいくつかあって。でも、謎解きとラブを楽しめて面白かったし、双子たち2人がそれぞれに祐を溺愛してるのや執着ぶりに萌えました。祐の、2人を愛する一途さで、双子たちの長年の悩みを解消したのに心がホッコリしました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ