身勝手な束縛

migatte na sokubaku

身勝手な束縛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
20
評価数
9件
平均
2.7 / 5
神率
11.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784044462048

あらすじ

大人げないオトナといたいけなコドモのスキャンダル・ラブ!第4弾!!高校生の郁海は、弁護士の加賀見と半同棲の生活を送っていたが、そこに郁海の「兄」を名乗る男が現れて──!?

表題作身勝手な束縛

加賀見英志 弁護士(31才)
佐竹郁海 高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

やっぱり振り回される続ける受様でした!

身勝手シリーズ最終巻!
今回は、郁海の異父兄•孝典と
加賀美の姪•綾奈も登場して、引っ掻き回され篇でした。

再び、郁海の父が原因で、異父兄•孝典も巻き込んでトラブルに見舞われる郁海。
そこに、加賀見を好きだという姪の綾奈が来た事で、郁海と加賀美の関係が兄にばれてしまい⁉…
と、最後まで、ごちゃごちゃバタバタと展開していくシリーズでした。

自分勝手に行動する人達(特に綾奈)振り回されながらも、何故か許して付き合っちゃう寛容な郁海。
加賀見に対しても、せっかく姪がきてるのだからと、独占されても文句一つ言わずに我慢する郁海。
でも、そんな性格を知ってるから、察して甘々に甘やかす加賀見に萌でした。
遠慮しながらも、甘える郁海も可愛かったです。

綾奈に押し切られるように、郁海の父に綾奈と前島を紹介する口実で会いにいくことになった郁海。
綾奈の存在のお陰もあり、初めて『お父さん』と呼べます。
最後は父親との関係もいい方向に向いて行きそうな、ほのぼの幸せな大団円でした。

あとがきにもありましたけど、大人げないダメな大人達ばかりでしたけど、癖のある友人達にも囲続きまれ、そんな人達の存在で、郁海も大きな角が取れて、今の所はいい方向に成長して行きそうなかんじです。
きっと、ダメな大人達に囲まれていても、マトモな大人に成長するんだろうなあ…と、想像出来ます。
そんな幸せそうな終わり方でした。

色々ツッコミ所満載なシリーズでしたけど、そんなきたざわ作品は好物なので、
ニヤケ萌えながら、最後まで楽しく読めました。
佐々先生とのタッグもお馴染みですけど、このシリーズは特に雰囲気にあっているので、イラストの方でも楽しめると思います。

大人げないオトナといたいけなコドモの、最初から最後まで甘々過ぎるカップル。
オススメしたいシリーズです。

0

『身勝手』シリーズ4作目・最終巻。

今回、郁海の家族関係に重点を置いた感じでした。

なんだかんだの騒動の末に、ようやく実父・田中を『お父さん』と呼べるようになったんですね。

しかし、異父兄はね~、ここで出す必要あったのか自体疑問です。わざわざこんなの引っ張ってこなくても、郁海が好きだという同級生・前島を絡めた方がまだよかったんじゃないかと思ってしまいました。この異父兄がまたイヤだったから余計ですが。

それに、加賀見(攻)の姪も押し掛けてきて・・・なんか詰め込み過ぎで散漫になったような気もしましたが、今までの中身のないストーリーよりはまだマシか?

う~ん、でもこのシリーズはどうにも好きになれないですね。とにかくキャラクターが総崩れ。最終巻になっていろいろ出てきましたが、それを合わせても好みのキャラクターが1人もいなかった。

きたざわさん(好き作家さん)の年の差・年上攻もの(大好きシチュエーション)という、本来黄金の組み合わせのハズが、ここまでダメになり得るんだ・・・とがっかりしただけの4冊だったような気がします。
まあ、きたざわさんお得意の設定・キャラクターに、そもそも私の苦手要続き素が『ひとつのパターン』としてあるんですけどね。これはその典型でした。

ホント読み返すたびに気分が悪くなるので、これで読むのは最後にしたいと心に決めつつ、忘れたころにまた読んでしまって『・・・あ~』と脱力してしまいます。

『好き作家さんの好きシチュエーション』というのだけが印象に残ってて、ほとぼりが冷めた頃につい手に取ってしまうんでしょうね。内容はたいして記憶に残らないので。
もうひとつ、おそらく自分の中で『恋情のキズあと』(←これはかなり好き)とごっちゃになってしまうのかもしれません。どちらも同じく年の差(年上攻・ショタ受)で佐々さんイラストですから。

理由がわかってもあまり意味ないんですが・・・もう二度と読みたくないです。

1

終わっちゃいます

シリーズ4作目で一応区切りの最終巻だと思います。
今回は、受け様と実父との繋がりが良い感じになります。
受け様に兄だと名乗る人物も出てきて今回の話は
なんだか家族がメインのような優しい雰囲気でした。
攻め様の美人な姪っ子も出てきて相変わらず
受け様に女難の相ありみたいな流れもありますが
女難の方は最終話だからでしょうか、地味にこだわっていた
父親の事をさらっと促す原動力になってます。
この受け様は感情の発露が鈍いほうなので
この回では嫉妬みたいな感情も自覚する事に。
でも、真面目で冷静な受け様なのにエロ可愛いです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ