11月は通り雨

11月は通り雨
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784062556705

あらすじ

目覚めると隣に美少年。オレ、やったのか~!?お待ちかね!!キケンなナツキワールドへようこそ!!オ、オレが人殺し!?鳴沢祐介は泥酔すると記憶がなくなる。気づくと布団の中の女のコが死んでる。犯人はオレ!?「どこだ?なんで裸なんだ?」俺、鳴沢祐介は泥酔すると記憶がなくなる。ある朝、目が覚めると、美女が寝ている。「犯(や)っちまったか……」起こそうと思って毛布をめくると、死んでる!! なに! 犯人は俺なの!?根本的にヤバイ状況だよコレ。動揺した俺にさらなる災難が。たまたま知り合った高校生、動物と暮らす境遇に同情しつつ彼の家でアルコールが口に。またしても朝。隣にすやすや眠る美少年。今度も俺、犯(や)ったのか~!?

評価・レビューする

レビュー投稿数1

色んな意味で事件がてんこもりの出会いの話

新堂奈槻先生もまさか発刊からこれだけ時間が経って、しかもこの作品に神評価がつくとは夢にも思っていなかっただろう。でも私はどうにもこの作品が好きで透明カバーをかけたまま開封すらしていない保存用があるという気に入り方。
先に断っておくと、この作品には直接的な性描写は一切ありません。ふたりは付き合ってもいないし、最後まで告白もありません(告白したいエモーションは最後に垂れ流してくれますが)
とにかく顔がいいことには作中で定評がある大学生の鳴沢はお酒を飲むとかなり甘えたな性格になり手近な女性をベットに連れ込んだ挙句翌朝には全く覚えていないという悪酔いにもほどがあるという困った男。
ある朝目を覚ますと隣に死体が寝てて・・・自首しようとするも友人に諭されて一旦帰路に就くも、そこでたまたまかわいい男子高校生と知り合って彼のお部屋にお邪魔することに。そしてコーヒーに隠し味で入っていたアルコールで甘えたモードが発動しちゃってそのまま朝を迎えることに。
性的なことは何もなかったのだけど自分の境遇から甘えたな鳴沢の潜在的な本心を察してほっとけなくなっちゃった高校生と甘えたモードのことは覚えていないけ続きど彼によって癒されたことで潜在的に惹かれていっちゃう鳴沢。そんな中、友人たちから真犯人に関する連絡があって・・・というちょっとサスペンス風な事件を縦軸に、通り雨のようにたまたま出会っただけの二人が惹かれあうようになるお話。
氏の非BL作品を読んだことがあってそのノリが好きな方にはオススメ。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ