サマータイムブルース

サマータイムブルース
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
3
評価数
3件
平均
1.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403520716

あらすじ

―その恋に気付いたのも、夏だった…。
隆伸は高校時代、サッカー部の先輩だった鳥居に片思いをしていた。
鳥居は一見無愛想で誤解を受けやすいが、本当は優しくて、いつの間にか隆伸は惹かれずにはいられなかったのだ。
そして、想いを告げた隆伸が拒まれてから四年目の夏、OB会で久しぶりに鳥居と再会した隆伸は、消せない自分の想いを再認識する…。
表題作ほか二篇を収録。

表題作サマータイムブルース

隆伸 サッカー部OB、後輩
鳥居 サッカー部OB、先輩

その他の収録作品

  • ウインターソング
  • スプリングタイムキス

評価・レビューする

レビュー投稿数3

物足りない

切なそうな表情のイラストが気になり
あらすじから、再会系統だとわかり
切ないを期待し購入

期待しすぎたのか、全く切なく感じませんでした
四年のブランクが響かない
すれ違いの想いが切なくない

学生時代の二人がイメージしにくい

女性が絡んでいたので
私の脳内で、嫌だなと思ってしまった
事が大きな要因な気もします。

長く好きな気持ちを持っていたわりには
盛り上がりにかけていた気がします。

夏の刹那な青春時代の
淡い気持ちを彷彿させるような
物語だと思い込んで買った自分に反省です。



0

薄味

桜木さんは、その薄味が魅力になる場合と、まったく萌えに引っかからずに終わる残念な場合があって、これは残念なほうでした。わたしは合わなかった。お話に無理があるような気がしました。イラストも微妙。

0

迷ったんですが、

中立か萌えかで迷ったんですが、丁寧なストーリー展開が好感だったので萌えにしました。
でもでも、ひたすら重苦しくて、萌えはなかったですw

『サマータイムブルース』
『スプリングタイムキス』
高校時代に告白してふられた先輩(受け)と四年ぶりに出会う主人公(攻め)。
四年前のいろいろな誤解が解けて、やっと結ばれる二人。
誤解の中身が「なんだかな…」って感じでした。もっとパンチのある誤解を期待してたもんで。そこでちょっと萎えてしまいました。

『ウインターソング』

表題作のスピンオフ作品です。
「ゲイであること」を真正面から見つめたストーリーで、ここまでガチンコなのはBLでは珍しいと思いました。
周囲にカミングアウトできない高校生の悩み。友人の悪意のない言葉に傷つき、親子関係に悩み、「イイ子でいなければ」という気持ちが枷のようになって自分自身を追い詰め、それでも片思い中の相手との時間は唯一の宝物のように胸のなかであたためていて。
終始重苦しかったけど、表題作より好きでした。
ただ、最後で「こんなに何もかも上手くいかないだろう」って思っちゃって。
リアルな展開だったぶん、綺麗すぎるハピエンに続きちょっと違和感でした。
でも、普通は「良かったー」って思えるんだと思います。すいませんです。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ