嵐が丘

arashigaika

嵐が丘
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
19
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784877242787

あらすじ

成城の森の奥にある謎の城…。馬番のバイトに雇われたレオナは、ドジ続きで旦那様の愛あるお仕置きに耐える日々…。衝撃のラブワールド! 描き下ろしあり!

表題作嵐が丘

甲斐・旦那様
嶋レオナ・19歳・住み込みバイト

同時収録作品横浜物語

桐生安那 カリスマ歯科医 28歳
吾妻みゆき ウェイター 18歳

同時収録作品KILLING ME TENDERLY…

桐山 澪のプライベートSP
石堂澪 大物政治家の孫 17歳

その他の収録作品

  • 旦那様とレオナとその愛の生活
  • 扇ゆずはの人生迷走中

評価・レビューする

レビュー投稿数4

アホ主従エロ

タイトルは「嵐が丘」とシリアス大河っぽいですが、内容はアホエロです。

あ、短編でシリアスがありますが、他はアホエロ成分で成り立っております、この一冊。

天然体育会系受レオナは貧乏大学生、馬の世話のバイトに行った筈がそこは何と深い森に囲まれたお城!
執事はいるわ、メイドはいるわでもう別世界(でも東京世田谷区なのがおもろい)
レオナは、そこの主人、甲斐に見初められちゃうんですが、このご主人様のやり方がぶっとんでて、レオナに無理矢理豪華な美術品や骨董品を次々に壊させちゃう。
美術品愛好家から見たらもう泡吹いて倒れるレベルで、貴重な品々をレオナにわざと壊させます。
そしてお仕置きと称して尻叩き→生尻叩き→エロとお仕置きはエロに発展していくんですが、レオナは天然アホなのでアホな罠にひっかかっては貴重品を壊し→エロお仕置きというアホエロループが!
書き下ろしではすっかりバカップルになってました……いや幸せそうで良かったけど!

0

なんかぶっ飛んでる

久しぶりに読み返してみたのですが、こんな面白かったかな~(笑)。
特に「嵐が丘」シリーズの二話目がお気に入りです。^-^
扇さんの作品は、攻めが受けをすっごい好きっ!というのが私のツボなところなんですが、この作品はそれ+コメディ度UP!という感じです(「嵐が丘」が)。
今まで商業コミックで出版されてる扇さんの漫画は大体読んでるんですが、これがハチャメチャ度は一番高いかも。
絵はちょっと古さを感じるかもしれませんが、Hはこの頃からエロいです(笑)。
シリアス系の「横浜物語」と「KILLING ME TENDERLY…」も好きです。

0

ちょ・・・おもしろい(^∇^)アハハハハ!

扇ゆずはさんの初コミックス☆

ひと月50万のバイトは、馬の世話w
やってきたのは、樹海のような森の奥深くに建つお城w
しかも、ここ世田谷区だってよwww

アルバイトの大学生を見初めちゃった
このお城の主人は、どーしても彼に触れたくて
罠を仕掛けるのです。

この罠っていうのが、自分ちにある高価な芸術品を
彼に壊させてしまうという稚拙なものw
だって、割れるようにドミノ倒しみたいに仕込んでるんだぜwww
おしおきと称して、関係を結ぶという陵辱モノですが
受けの彼が天然すぎて、なんともほほえましいギャグ風味になってます。

あとがきで、扇ゆずはさんが「ジャングル王者タ●ちゃん」ポジションと
自己評価してますが、うん。そんな感じw
底にぬけにおばかで楽しめる即物的コミック。
俺、こーいうの大好きです☆

1

城に住む旦那様。

 はじめて読んだ扇ゆずは先生の作品。普通じゃない感じに衝撃を受けました。
 高額で割りのいい馬番のバイトを始めたレオナは、日本とは思えない、物語の中から抜け出てきたような城で、何か失敗をしては仕える旦那様にしおきと称し、尻をなでられ、いろいろなセクハラを受けてます。
 レオナは超鈍感&天然で、これ以上旦那様の前で失敗を繰り返すようではいけないと森を抜け出そうとしますが、そこは鬱蒼と道があるようでないような森の中、迷って力尽きてしまうのですが、もちろん旦那様が助けに来ます。
 全体的に体の描き方がエロくて、エッチもすごい、したたってる感じがして過激!旦那様からの変態行為に馴れていくレオナがこわい。
 書下ろしでは、すっかりバカップルになっている二人の、普通のエッチでは物足らずに、いちいち―ごっこという形で盛り上がっている姿が見られます。レオナ、遠いところまできたなぁ・・・。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ