Voice or Noise 1

voice or noise

Voice or Noise 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
39
評価数
14件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199602207

あらすじ

愛犬フラッピーが凶暴化した!? 獣医の紹介で振一郎(しんいちろう)が訪れたのは、大学助教授・成澤(なるさわ)のもと。 彼はなんと、動物のコトバがわかるのだ。 成澤と話したフラッピーが、おとなしい犬に戻るのを見て、振一郎は大コーフン!! 成澤の無愛想な反応にもめげず、弟子入りしたいと言い出して…!? ハートフルLOVEストーリー。

表題作Voice or Noise 1

成沢成昭/物理学専攻のちょっとムッツリ大学助教授
福王子振一郎/天真爛漫な特殊能力を持つ中学生

評価・レビューする

レビュー投稿数9

年の差CPの出会い巻

少し長いシリーズものが読みたい、と思って読み始めました。

動物と話せる?大学助教授と、中学2年生。
絵柄は美麗系で、助教授の成澤は若くイケメン、中坊の振一郎は凛々しめの美少年で、年の差はそれほど感じられません。ショタ臭もしない。
急に凶暴化した振一郎の愛犬フラッピーや、関西弁で話す成澤の黒猫アフトが登場し、あ、ファンタジーか?と気付く。(フラッピーは前世?の狼の記憶が蘇ってきたらしいです。)
振一郎もアフトと話せるので成澤と同類の能力があるらしく。
成澤にまとわりつく振一郎。まんざらでもない成澤。勿論中学生なので何も起きませんが、ぷーんぷんと匂ってます。目線や軽いスキンシップから…
1巻は、アフトが自転車とぶつかって軽傷を負い急に話せなくなる、という所で終わります。

1

猫まっしぐら

これがキャラコミックスなのかと問いたくなる程健全でファンタジーチックなお話しでした。

中学3年生の振一郎と大学助教授の成澤。
多分、そうなるのだろう2人の年の差を考えてみるとくんずほぐれつを想像するよりこのまま爽やかでもいいのかもと思ってしまいます。
2人の間に入る会話のできる猫アフトの愛くるしいお節介に賑やかされ、ボーイズラブ的な当初の目的は見失いましたが、純粋に楽しく引き込まれ、それはそれで満足してしまいました。

1

何受けといえばいいのだろうか、これ萌え!

動物と会話ができる物理学者と、愛犬の様子がおかしいと相談に来た中学生
のおはなし。
二人だけと話せるおしゃべりで知性豊かな黒猫のアフトが絡んできて…。

ほのぼの日常系&シリアスファンタジー系なんですが、
中学生の成長していく様子や(現在大学生)
ファンタジーでの伏線もきちんと引かれていて読み応えがあります。
2巻からはラブ話の割合もどんどん増えてきますしね。

カプに関しては、下克上とでもいうのか、
攻めるつもり満々なのにいざ始まるとあれよあれよと受け側に回って
気持ちよくなってしまっている
という、襲い受けというのともちょっと違うんだけども
そういう受けが個人的にめちゃくちゃ萌えです!
振ちゃんが男前に成長してくれて嬉しい限りです。

BLといえば、恋愛メイン、恋愛オンリーのおはなしが大半ですが、
恋愛以外での物語の筋がしっかりしているこういうBLが
もっともっと増えればいいな、と思い☆4つで!

1

BLとしてではなくちょっとしたファンタジーとしては面白い

円陣さんの初連載で初単行本だそうです。
最初に雑誌で連載が始まったのが10年前なんですね。
この頃から絵柄はカッコイイですね。

主人公の振一郎君がまだ中学2年生で、成澤先生が大学の助教授で年が振一郎君とは倍近く離れているそうです。
ということは、成澤先生は27歳位だと思うので(見かけもそうですが)、オヤジとまではいかないと思うんですが、年の差カップルです。
とはいうものの、この巻では恋愛の「れ」の字もうかがわれないので、BLとして読むのではなく、動物と話が出来る人間のお話、みたいな感じで読むといいと思います。
主人公の2人は、動物と話せるということが共通しているのですが、そういう点で特別な理解者になりえる存在なのであって、まだそれが恋愛とは全く結びついていないというか、そういう自覚はない様に思います。

恋愛モノとしてはまだこの巻はじれったくて物足りないですが、二人を取り巻く動物たち(特に黒猫のアフトがいい味出してます。笑)との係わり合いとか、普通のファンタジーものとしてはなかなか面白いと思います。結構シリアス路線ですが。

2

まだじりじり…だけど3巻まで読めば…!!

1度に3巻まで買って読みました。
1巻目だけの感想でいうと、BLというには物足りない…^^;

でも、マンガとして、とても好きでした。
「動物の声が聞こえる」という特殊な設定ですが、
それぞれに個性があって、キャラがちゃんと動いている感じや、
テンポのよい会話、問題提起のようなものもあり。。。

そして、2人の関係がじりじりだけに、
3巻まで読むと「キター!」っと興奮しますw
その流れも「やっとか」ではなく、自然な感じ。

個人的に、アフトという黒猫が一番好きです★いいキャラ★

1

ハートフルLOVEストーリー

 動物の言葉が分かる特異な体質だからこそ抱える孤独、そして共感、葛藤。
 こういうファンタジーチックなお話は好きです。

 円陣闇丸さんの絵も好きなのですが、読み返すことはないな、とも思いました。
 話はすごく好きです。好きなんですが、わたしには萌えるところがなかったので…!

 ただ、二人の距離がだんだん近くなっていく(分かり合えていく)様は良いですね。
 攻めがかっこよすぎるし、相手の気持ちに振り回される主人公も見ていて微笑ましかったです。

1

不思議な能力を持つ二人

動物との関係性で葛藤したりそれを経て成長してく振一郎とか、
主人公によって忘れてた気持ちを思い出していく成澤とか

本当に徐々に二人の気持ちが変化してるのが分かって
じれったいといえばじれったいんだけど
それがまた良かったり。

かなり長期に連載されてるようで
絵の感じもどんどん変わってて
振一郎の成長ぶりにびっくりしたりも・・・。

あと正直ちょっと表紙と中身の雰囲気が違うかなー・・
中身のが断然いい気がするw

1

猫と話す少年

動物と話ができる、という特殊な能力を持った二人。
年齢も離れているし、その能力の受け止め方、使い方にも意見を違える二人。
だけど会いたくて、いつも一緒にいたい。

黒ネコのアフトと愛犬フラッピーに振り回され、主人公・振一郎は目覚めかけている能力を活かそうと、成澤に弟子入りします。
しかし、必要以上の接近を好まない成澤は振一郎の能力を歓迎しません。
振一郎が同じ能力が開花することを好まない成澤の本心は、とても硬い殻に閉ざされていて、誰も聞きだすことができません。
しかし、どこかで振一郎と馴れ合う楽しさを求めていて、彼が「本心と現実」で葛藤している部分が繊細に描かれています。

成澤は年長者として落ち着いているように見えますが、どこかに感情を置き忘れてきたようなところがあり、アフトの異変にも動じる事がありません。
反対に振一郎はそんな成澤に苛立ちますが、自分の感情に振り回されるばかりで肝心な事はちっとも理解していません。
そう、自分の恋心には全く気付いていないのです。
そこが年の差なのかなぁ…と感じる面白いところですね。
成澤はかっこいいし、振一郎は真っ直ぐだし、続きアフトは天真爛漫だし。
二人と1匹、ちょっとファンタジーな世界が楽しいストーリーでした。




4

じれったいけどクセになる

円陣闇丸の初連載作品であり、初出から6年経った現在も継続中という、なかなかに息の長いシリーズ。
また時間の流れは作品中にもちゃんと反映されており(リアルタイムではないが)、初登場時は中学生だった主人公の振一郎(受け)が今では立派な大学生になっているから、連載を追っている方にとってはゆったりとした流れながらも、じわじわと愛着が湧いてくる物語なんだろうなあと思われた。

ストーリーはCharaらしく、全体的に少々ファンタジックでライトテイスト。
中学生の福王子振一郎は愛犬・フラッピーの不調に思い悩み、行きつけの獣医に「動物と話せる男」として大学助教授の成澤の存在を教えられる。
頭より体が先に動くタイプの振一郎は、その足で成澤が教鞭をとる大学へ押しかけるのだが・・・この導入部分を久しぶりに読み返しながら私は、振一郎が出会って数秒で成澤に惚れてしまっていた事実に驚愕した。
そうか、そうだったのか。
一目会ったその日から、恋の花咲く・・・というアレだったのか(笑)
なのに長い間、振一郎は成澤に対する気持ちが何だかよく解らなかったというのだから、その部分だけとってもこの物語のじりじ続きり具合が分かっていただけるかと思う。

とにもかくにも成澤に一目惚れ(と本人は自覚していないが)した振一郎と、何故だか自分に懐いてくる奇妙な中坊に戸惑う成澤の関係は、徐々に距離を縮めていくことになる。
それは「動物の声を聴くことが出来る」という共通項がやはりキーとなっている。
たった一人でその特異体質に悩みながら、他人に心を開くことをやめてしまっていた成澤にとって、振一郎の存在も恋の花咲くなんとやらだったのである(*`ω´*)

孤独だった自分の世界に入り込んできた振一郎を、成澤は次第に離せなくなってゆく。
この先その成澤の執着心は時に子供のような我儘っぷりを発揮し、振一郎を縛りつけるが、相手の事よりも自分の気持ちが先走っている振一郎にとっては、そんな成澤の想いに気づくことも難しい。
お陰でちょっとしたすれ違いを、これから何度も繰り返してゆくわけなんだけども、それはまだ先のお話。

この巻ではまだ振一郎は中学生なので、恋ももちろん導入編。
でもこんな2人がいつかは結ばれるんだ!と思うと、ページを捲る手も逸るというもの。
モロ出しエロも潔くて良いけども、押したり引いたりモジモジうじうじしながら関係を深めてゆく物語も新鮮でいいかも、だ。
そして関西弁を話す猫・アフトも本作には欠かせない名役者。
BL版「動物のお医者さん」といった感じなので、ほのぼのしたものをお求めの方はぜひ!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ