月と茉莉花

月と茉莉花
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
26
評価数
7件
平均
3.9 / 5
神率
28.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344802353

あらすじ

戦で敵国を滅ぼした煬大牙は、敵国の目の見えない第一公子を捕虜にする。自分を廃嫡・幽閉までした亡国を恨むことなく運命を受け入れようとする公子に対し、大牙は特別な感情を抱きはじめる。

表題作月と茉莉花

煬大牙 王炎(エン)国太子
月心 湘国第一公子

その他の収録作品

  • 五絃の琵琶
  • 月は花影をうつし
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

読み応えたっぷりなデビュー作

長いことあたためてた積読本。
暖めすぎて孵化して独り立ちしたくらいの期間が……。
3部作の1作目ということで、中華風世界観となってます。
で、亡国の王子が自国を滅ぼした国に……って、あれ??
何だかこの設定もの凄い既視感。
と思ったら、この作品の前に読んだお話がそんな設定だったもので、またこれ系かと若干辟易しつつ読み始めたら、これがなんとまぁ、当たりで嬉しかったです。

盲目の受・月心が敵国の太子・大牙の虜囚となりながらも、徐々にお互いに惹かれてゆき……というありがち展開にも関わらず、脇キャラが中々に素敵で物語のいいスパイスになってます。
大牙の性格がちょっと幼すぎるようにも感じてしまいましたが、月心と真逆なためにこれはこれでいいのかな、と。
亡国の廃嫡子が、新たな地で自分の居場所をみつけ歩き出したところで元家臣が攫いに来る事件については、うぅん……という感じがしないでもないのですが、この元家臣もまた
中々にいいキャラで、ある意味脇キャラに救われたお話。

そしてそしてこの作品が佐倉さんのデビュー作だそうですが、【緋色の海賊】読んで感じた文章の違和感がない。凄く続き読みやすかったです。
リンクスのデビュー作にしては当たりで、2作目が楽しみです。

0

続きが読みたい

攻・煬大牙 王炎(エン)国太子
受・月心 湘国第一公子

病床にある父王に代わって国を治める太子の大牙。
大牙は湘国を滅ぼしました。
自ら同盟を求めておきながら裏切り、戦に負けると命乞いをする湘国の王族・高官らを処刑します。

受は盲目であることから父王から見捨てられ、名前も与えられず、王宮から離れた館に軟禁状態の湘の第一公子でした。
征服した王宮で発見した受を捕虜として国に連れ帰り、彼に「月心」と名づけました。

月心は大牙が戦で焼き払った湘の書物を暗記していたことから、それらを書き写す間は生かされることに。

大牙は月心を無理矢理奪って関係が始まるのですが、運命の全てを受け入れる彼とのかかわりの中で大牙は魅かれ、だんだん優しくなってゆくのがいいです。
月心ずっと幽閉状態でしたから、馬に乗ったこともなければ、ほとんど外出したこともなく、草木や花といった自然を肌で感じたことも、川の流れに脚を浸したこともありませんでした。
そういう経験をさせる大牙…どんどんと惚れてゆくのもわかるなぁ。

月心には大牙しかいない。
刷り込みに近いものがあるのかも…と思って続き読んでいましたが、後に盲目の月心に書物を読み聞かせた文官が出てくるので、月心は自分の運命を開いてくれた大河にほれたのかなぁ、と。

性別受っぽいキャラは苦手なのですが、この月心は良かった。
続きも読みたいです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ