ワンダーガーデン

ワンダーガーデン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344802605

あらすじ

ピアノを続けたくて、親の反対を押しきり音大へ入学した春陽。学業とアルバイトの両立がかなわずに困窮していた頃、同じ大学の卒業生である吉祥と出会い、生活を共にすることに…。イラスト:笹生コーイチ

表題作ワンダーガーデン

音大卒業生  花田吉祥
音大生 東谷春陽

その他の収録作品

  • いそがないで

評価・レビューする

レビュー投稿数1

書きたい事は分かるんだけど…

父親に音大への進学を反対されていて、学費は出すけど仕送りは20歳までと言われていた音大生春陽[受]
彼はその言葉を本気にしていなかったんですが、本当に20歳の誕生日と共に仕送りがストップ、たちまち家賃にも困りお腹も減らしていた所を、吉祥[攻]と出会い彼の大家宅に居候させてもらう事になります。
しかし生活費だけならバイトや、奨学金目指すとかで何とかならんのかつー気もするんですがそこは春陽自身も自覚してるし、先の読めないお坊っちゃま気質的な表現もあって一応フォローはされてます、でもやっぱり読んでてそれまでどんだけ恵まれてたんだよーとか、あと初対面の皆にやたらに優しくされ過ぎだろって感じは読んでてずっと消えませんでした。
春陽がピアノに対しての情熱に疑問を持つ所とかもそうなんですが、作者が書きたい事はなんかこう分かるんだけどそれだけで、それが面白さに繋がってはない。
春陽のお坊っちゃま気質もいっそ徹底させちゃって天然位にしてピアノバカにしてた方が生きた気がします。
あと最後が結局親に頼んで仕送り再開してもらうって解決法ってどうなのか、それでめでたしめでたしでいいんかーい!!
やた続きらにバイト先に迷惑かけてるのもなんだかなーでした。
書きたい事は分かったけどそれだけで、面白いかと言われれば自分には面白くはなかった、です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ