炎の蜃気楼シリーズ(5)/まほろばの龍神

honoo no mirage series

炎の蜃気楼シリーズ(5)/まほろばの龍神
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥457(税抜)  ¥494(税込)
ISBN
9784086115926

あらすじ

奈良市内で、火の玉が人間を襲う事件が発生。殺された塩原という人物の家に向かった高耶たちは、そこで妖怪にとりつかれた少女・なぎと出会う。宿敵・織田軍もなぜか、彼女を狙い動き出して!?

表題作炎の蜃気楼シリーズ(5)/まほろばの龍神

直江信綱 27歳
高校二年生 仰木高耶

評価・レビューする

レビュー投稿数2

匂い系から真正へ。

『耐えればいい。今までだって耐えてきた。できないはずはない。なのに。』

 『なぜ今、こんなにあの人が欲しいのか!』

 変態ぽさを醸し出していた直江の気持ちが、忠誠心以上のものだとはっきり明かされる5巻。急変した環境に戸惑い、心痛める高耶を慰める直江。
「自分自身の価値を忘れないでくささい。もし忘れそうになったら、私がいつでも思い出させてあげますから」
記憶がないから優しくあれる2人の関係。景虎の記憶が甦ることを恐れる2人。
「このままじゃ……いけないのか?」
このままでいたいと思う反面、記憶を封じて逃げた景虎を責めたくなる気持ちを抑えられず、高耶に冷たくあたる直江。

(いっそ壊れてしまえばいい)
この人が、壊れてしまえばいい。

壊れた頭で、そんな事を考える直江。

→直江崩壊の5,5巻につづく。

1

奈良ですね。

「ホイホイ火」という火の玉が夜な夜な出没するらしいということで、奈良に調査に来た高耶と千秋。
火の玉に殺されたという塩原の家に向かった二人は、その家の少女なぎが妖怪に憑りつかれているのに気づきます。
その妖怪は茶釜の付喪神「平蜘蛛」。
直江も合流してきて、平蜘蛛が関わっているなら松永久秀だろうということに。
調査を再開していたら、なぎを織田軍が狙っていて・・・。

高耶の景虎としての記憶も徐々に戻ってきてます。
直江としては、複雑みたいです・・・。
出来れば思い出してほしくないけど、思い出して貰わなきゃ困るっていう状況が何ともな感じでした。

ちなみに今回出てきた織田の換生者は、佐々成政。
それとは別で、明智光秀も復活しているらしいです。

私この本読んで奈良に行きたくなって、行ったんですよね。
このお話読んでいると、奈良に限らず行ける範囲で、ついつい舞台になった場所に行きたくなります。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ