熱情 2

熱情 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
21
評価数
6件
平均
3.5 / 5
神率
16.7%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199602269

あらすじ

片想い中の志摩(しま)先生と、卒業までの期間限定の 恋人ごっこを始めた光(ひかる)。週末ごとに 先生の家に泊まったり、たまにデートに出かけたり。 つれない先生に振り回されつつ「ごっこ」は ホンモノらしくなっていく…。そして春、三月。 先生の気持ちも見えないまま、約束の卒業式が やってきて――!? 感動のクライマックス!!

表題作熱情 2

高校3年生・光
美人教師・志摩

その他の収録作品

  • バレンタイン番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数3

不器用…。

2巻では高校生編が終了しました!
だんだんと『ごっこ』がホンモノらしくなっていく…それでも期間は決まっているわけで…志摩先生と過ごすことができる残りの時間を噛み締める光が切ない…!

卒業と同時に終わりを迎えてしまった期間限定の『恋人ごっこ』…。
この提案に隠された志摩先生の想いが分かるときはもう…(´;ω;`)ウッ…
告白場面が非情に良かったです。
こういう思いを秘めていたんだ…って、志摩先生の不器用な愛情を感じました。

0

ワンコよもっと頑張れ

ネタバレなしで書きます。

原作・ごとうしのぶさんの『熱情』二巻です。

同じく、攻めは高校生の海野(後半は大学生)。
受けは教師の志摩です。

一巻で、期限つきの恋人ごっこをすることになったふたり。
すっかり週末は、志摩のマンションへお泊りしています。
志摩が、海野のまっすぐでひたむきな愛情に心地よさを感じている様子が不器用で良かったですし、はたから見たら両思いの恋人でしょ?って感じなんですけどね(苦笑
一巻から引き続き、相変わらず海野は乙女思考でニヤニヤしちゃいます。
ヘタレワンコ攻めの王道ですね。

ただ、中盤辺りで卒業を迎え、その後が少し「えー?」ってところがありました。
海野の大学生活で。
ふたりともが『ごっこ』の約束に縛られていた感じでしたね。
進学した海野が、飼い主大好きワンコなのにまさかこんなことでへこたれちゃうの?と少々、がっかりしたのも正直な感想です。

0

不器用な愛情

前巻で、片想いのお相手、志摩先生と、卒業までの“恋人ごっこ”をはじめた光。
お泊りや、ドライブデートなど、徐々に本物の恋人らしくなっていく二人ですが、
先生の気持ちを掴みきれないまま、卒業の日を迎えることに…。

終わりの日が来ることを知っていながらも、会いたくてたまらなくて、
少しでも一緒にいたいと願ってしまう光の気持ちが、切なかった…。

卒業と同時に終わりを迎えた二人の関係ですが、
その年の文化祭、二人は再会し、そこではじめて志摩の本心が語られます。

教師として、年上の恋人として、志摩が守りたかったもの、
胸のうちにそっと秘めていた気持ちが、泣けました…。
志摩が、不器用だけれど誠実に、光を思っていたのが
しっかりと伝わってくる素敵なシーンでした。

この作品は、小説版も出版されていますが、
原作がある漫画としては、完成度が高かったように思います。
作品の世界観とか、キャラクターが、丁寧に描かれているので、オススメです♪

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ